くらし

手続き・証明

後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度

 75歳以上(一定の障がいがある方は65歳以上)の方は、後期高齢者医療制度で医療を受けることになります。

運営主体

 県内全市町村が加入する「山形県後期高齢者医療広域連合」が運営主体となります。この広域連合が、保険料を決めたり、医療の給付を行います。市町村は保険料の徴収や各種申請・届出の受付、保険証の引渡しなどの窓口業務を行います。
 制度の概要など詳しくは、山形県後期高齢者医療広域連合のホームページをご覧ください。

加入者

 75歳以上の方および65歳以上の一定の障がいがある方です。
 

  1. 対象となるとき
     75歳の誕生日から後期高齢者医療制度の対象となります。
    ※65歳以上の一定の障がいがある方は、申請して広域連合から認定を受けた日から対象となります。
  2. 保険証
     75歳を迎える方には、誕生日までに、後期高齢者医療被保険者証が交付されます。医療を受けるときは必ず医療機関に提示してください。
保険料
  1. 決め方
     広域連合ごとに次の①と②の額を合算して決めます。保険料を決める基準については、原則として山形県内で均一となります。
    ①均等割額(被保険者全員が公平に負担する部分):41,100円(1年あたり)
    ②所得割額(所得に応じて負担する部分):(前年中の所得額-33万円)×8.01%(1年あたり)
    ※平成30年度、平成31年度の値
  2. 納め方
     保険料の納付方法は、原則として介護保険料が天引きされているものと同じ年金(年額18万円以上の方)から天引きされます。
     年金額が年額18万円未満の方や、介護保険料と後期高齢者医療保険料の合計額が年金受給額の2分の1を超える方などは、納付書等により天童市へ個別に納めることになります。
自己負担割合

 医療費の自己負担は、総医療費の1割負担となります。ただし、現役並み所得者は3割負担となります。
 現役並み所得者とは、市県民税の課税標準額が145万円以上の被保険者と同一世帯の被保険者の方です。ただし、世帯収入が次の額未満であれば、申請により1割負担となります。

  • 後期高齢者複数世帯:520万円
  • 後期高齢者単身世帯:383万円

※同一世帯に属する被保険者の所得及び収入により判定します。  

給付
  1. 1カ月の医療費が高額だった場合
     被保険者の方が、同じ月内に一定の自己負担限度額を超えて一部負担金を支払った場合は、限度額を越えた分が後から支給されます。
     新たに高額療養費の支給対象となった方(申請が必要な方)へは、申請のお知らせをお送りします。
     ※1カ月の自己負担限度額については、山形県後期高齢者医療広域連合のホームページをご覧ください。
  2. 医師の指示で治療用装具を作った場合
     かかった医療費はいったん全額自己負担となります。その後申請して認められると、後から自己負担分以外の部分が払い戻されます。
  3. 被保険者が亡くなられた場合
     葬祭を行った方(喪主など)に葬祭費が支給されます。


 詳しい内容はお問い合わせください。

 

お問い合わせ先
991-0041 山形県寒河江市大字寒河江字久保6番地
山形県後期高齢者医療広域連合
電話 0237-84-7100
この記事に関するお問い合わせ

担当課: 健康福祉部保険給付課
tel: 023-654-1111
fax: 023-654-8547