くらし

医療・健康

新型コロナウイルスワクチンの接種について

  • Facebookでシェア
【新型コロナワクチン】市長メッセージを掲載しました

市長メッセージ

市民の皆様へ(新型コロナウイルスワクチン接種に関するお願い)PDFファイル(105KB)

新型コロナウイルスワクチンについて(令和3年5月7日更新)

新型コロナウイルスワクチンについては、感染症対策の決め手として、現在、国を主導にワクチン供給体制の確保や薬事承認等を進めており、順次接種が開始される見込みです。
ワクチンの概要等は、こちらのページ(首相官邸HP)このリンクは別ウィンドウで開きます をご確認ください。

▼接種開始時期

ワクチン接種に関する現時点の予定をお知らせします。

経過と今後のスケジュール(予定)
時期 内容
3月下旬~ 医療従事者への優先接種開始
3月29日~ 消防職員、市民病院の従事者への接種開始
4月19日~ その他医療機関の従事者への接種開始
4月1日~ 天童市コールセンター開設
4月19日~ 高齢者(65歳以上)向け接種券等発送
  〃 一部高齢者施設入所者から接種開始
5月6日~ 75歳以上の方の接種予約開始
5月9日~ 65歳以上の方の接種予約開始
5月11日~ 高齢者接種開始
6月中旬頃~ 64歳以下の方へ接種券等発送
7月以降 一般接種開始(基礎疾患を有する方優先)

※予定は変更になる場合があります。随時お知らせしますので、最新の情報をご確認ください。
 予約方法や会場等については、5月1日号の市報PDFファイル(1235KB)でお知らせしています。

▼接種順位

重症化リスクの軽減や医療提供体制のひっ迫を防ぐため、接種には一定の順序が定められています。

 

  1. 医療従事者等 ※1
  2. 高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)
  3. 高齢者以外で基礎疾患を有する方や高齢者施設等で従事されている方
  4. 上記以外の16歳以上の方 ※2

 

※1 新型コロナウイルス感染症患者(疑い患者を含む)に直接医療を提供する施設の医療従事者など。
※2 妊婦やお子様については、安全性や有効性の情報などを見ながら検討されます。

 

▼基礎疾患のある方

基礎疾患のある方の定義は、国から次のように示されています。
基礎疾患のある方は、事前にかかりつけ医にご相談のうえ、ワクチン接種を受けるかどうかをお決めください。
また、基礎疾患の確認は、予診票によるご本人の自己申告と接種前の予診で行う予定です。診断書等の提出は必要ありません。

1 以下の病気や状態の方で、通院/入院している方

  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含む)
  • 慢性の肝臓病(肝硬変等)
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(ただし、鉄欠乏症貧血を除く。)
  • 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる理療を受けている
  • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  • 染色体異常
  • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 重い精神疾患(精神疾患の治療のために医療機関に入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、または自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)


2 基準(BMI30以上)を満たす肥満の方
※BMI30の目安:身長170cmで体重約87kg、身長160cmで体重約77kg


上記に該当する方は、主治医が必要と認める場合には、市外にあるかかりつけ医療機関で接種を受けることができる場合があります。

 

▼接種回数

現在供給が予定されているワクチンは、一定の日にちをあけて2回接種が必要なものとなっています。
予約は、1回目の接種後に可能となります。
2回目接種のご案内PDFファイル(1203KB)

 

▼接種費用

接種費用は無料です。

 

ワクチン接種に関する詐欺行為にご注意ください!
市役所や保健所職員を装い、「新型コロナウイルス感染症のワクチンを高齢者は優先的に受けられるので、接種の予約金を振り込んで欲しい」「お金を払えば優先的に接種を受けられる」などと金銭を要求する事例が全国で発生しています。
新型コロナウイルスのワクチン接種に関して、費用が掛かることはありませんので、ご注意ください。

▼接種を受けるための手続き

次の方法で接種を受けることができます。

接種券(116KB) 予診票PDFファイル(585KB)  接種のお知らせ(243KB) 接種のお知らせ裏(285KB)
「接種券」          「予診票」        「接種のお知らせ」
 

  1. 市から「接種券」「予診票」「接種のお知らせ」が届きます。 ※1
  2. コールセンターやインターネット、LINEから接種会場を検索し予約します。
  3. 予約日時になりましたら、郵送された「接種券」「予診票」「本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)」を持参し、予約した場所で接種を受けてください。 ※2
     

※1 16歳以上65歳未満の方には、6月中旬頃に発送する予定です。
※2 2回目の接種がお済でない方は、1回目の接種後、再度ご予約いただき2回目の接種を受けていただく必要があります。
また、ワクチンは2回とも同じ種類のワクチンを接種する必要がありますので、2回目の予約は1回目に接種した医療機関等と同じ場所に予約してくださいますようお願いします。

▼天童市の予約受付体制

次のいずれかの方法で事前予約をお願いします。
予約には、「接種券番号」と生年月日が必要です。(接種券番号は「接種券」に記載しています)
PDFファイル(138KB)
予約開始
接種期間が5月11日(火曜日)~5月24日(月曜日)までの予約を受け付けます。
予約は予定件数に達した段階で終了になります。
 

  • 今年度中に75歳以上になる方:令和3年5月6日(木曜日)9時30分~ 受付件数約2,000件【定数に達しました】
  • 今年度中に65歳以上になる方:令和3年5月9日(日曜日)9時30分~ 受付件数約1,000件
    (※5月9日9時30分~16時30分に限りコールセンターを臨時開放します)
  • 基礎疾患を有する方・16歳~64歳の方:令和3年6月下旬頃~(予定)
     

※5月25日(火曜日)以降の接種については、5月11日(火曜日)から受け付けます。(受付件数:毎日約300件)
接種日が6月1日(火曜日)以降の分については、2回目接種の方が優先されます。


LINE
LINY       LINYこのリンクは別ウィンドウで開きます
<サイトにつながらない場合>
PCの場合は「F5」キー、スマートフォンの場合は画面右上のメニューを選択し「再読み込み(ページの更新)」をお試しください。
※メニューの場所や再読み込みの表示は機種により異なります。
上記での対応が難しい場合は、こちらにアクセスこのリンクは別ウィンドウで開きますしてください。
電話

※電話予約は大変込み合いますので、できるだけLINEやインターネットでの予約をお願いいたします。
また、希望される対象者の皆様に接種を受けていただけるよう準備していますので、余裕をもってご予約くださるようお願いいたします。

予約に不安を抱える方は、お近くの地区公民館にご相談ください。そのほか、24時間応答可能なワクチン専用チャットボットを開設し、きめ細かな予約相談体制を構築します。
 

接種の流れ

全体の所要時間は1時間程度を想定しています。
当日の流れ
 1受付          2予診         3接種        4経過観察(30分程度)

持ち物

  1. 接種券(台紙からはがさずにお持ちください)
  2. 予診票(事前に記入してください) 予診票の書き方PDFファイル(533KB)
  3. 本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)
  4. お薬手帳(服薬しているの方)

 

~ご協力のお願い~
会場では、マスクの着用にご協力をお願いします。
また、接種は肩に行いますので、Tシャツ等の肩を出しやすい服装でお越しください。

 

▼コールセンター

​各種お問い合わせに対応する窓口はこちらです。
 

天童市コールセンター

  • 電話:0570-023-053
  • 時間:午前9時30分~午後4時30分(平日のみ)
  • 内容:ワクチン接種に関する問い合わせおよび一般的な相談等

※予約を開始するまでは問い合わせや相談への対応のみとします。


厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

  • 電話:0120-761-770
  • 時間:午前9時00分~午後9時00分(全日)
  • 内容:ワクチン施策に関する問い合わせ


山形県ワクチンコールセンター

  • 電話:0120-567-690
  • 時間:午前8時30分~午後6時00分(全日)
  • 内容:接種による副反応・健康被害に関する問い合わせ

 

▼接種にあたっての留意事項
  • ワクチンの接種は、強制ではありません。接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。
  • 基礎疾患等があり、身体等に不安を抱える方は、かかりつけ医の主治医とよくご相談の上、接種の判断をしてくださいますようお願いします。
  • ワクチンの効果や安全性などにつきましては、厚生労働省のHPこのリンクは別ウィンドウで開きます やリーフレット等をご確認ください。
  • 厚生労働省では、各種関係書類の多言語化に対応しています。詳しくはこちらのページ このリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

 

 


▶ケアマネージャー、民生委員・児童委員の皆様へ
市内のケアマネージャー、民生委員・児童委員の皆様に、在宅の高齢者の方へのワクチン接種に関する支援をお願いしております。
ご説明いただく際には、こちらの簡易マニュアルPDFファイル(1295KB)をご活用ください。

 

▼接種を受けることができない方・注意が必要な方

下記にあてはまる方は、ワクチンの接種ができない、または接種に当たり注意が必要です。
当てはまるかどうかや、接種を受けていいか不明な方は、かかりつけ医にご相談ください。
また、当てはまると思われる方は、必ず接種前の診察を担当する医師に伝えてください。

 

▶接種を受けることができない方

  • 明らかに発熱している方 ※1
  • 重い急性疾患にかかっている方
  • 本ワクチンの成分に対し過敏症の既往歴のある方 ※2
  • 上記以外で、予防接種を受けることが不適当な状態にある方

※1 明らかな発熱とは通常37.5℃以上を指します。ただし、37.5℃を下回る場合も平時の体温を鑑みて発熱と判断される場合はこの限りではありません。
※2 アナフィラキシー、全身性の皮膚・粘膜症状、喘鳴、呼吸困難、頻脈、血圧低下等、アナフィラキシーを疑わせる複数の症状

 

▶注意が必要な方

  • 抗凝固療法を受けている方、血小板減少症または凝固障害(血友病など)のある方
  • 過去に免疫不全の診断を受けた方、近親者に先天性免疫不全症の方がいる方
  • 心臓、腎臓、肝臓、血液疾患や発育障害などの基礎疾患のある方
  • 過去に予防接種を受けて、接種2日以内に発熱や全身性の発疹などのアレルギーが疑われる症状が出た方
  • 過去にけいれんを起こしたことがある方
  • 本ワクチンの成分に対して、アレルギーが起こるおそれのある方

妊娠中、または妊娠している可能性のある方、授乳されている方は、必ず接種前の診察を担当する医師に伝えてください。

▼よくある質問(FAQ)

Q1 大学生の息子が住民票を天童市に置いたまま県外に居住しています。どこで接種することができますか?
▶実際にお住いの自治体にご相談の上、お住まいの自治体で接種することができます。
 

Q2 家族の人が本人の代理で、予約をすることはできますか?
▶電話、インターネット、LINEいずれの方法でもご家族の方による代理の予約が可能です。
 

Q3 2回目の接種を受ける間隔はどの程度必要ですか?
▶ワクチンの種類によりますが、1回目の接種から21日または28日の間隔をあけて2回目を接種することになる予定です。間隔をあけた後は、なるべく早めに接種をお願いします。
 

Q4 マイナンバーカードは必要ですか?
▶不要です。なお、接種の際は、運転免許証や健康保険証など本人確認書類が必要となります。
 

Q5 1回目の予約時に2回目の予約もできますか?
▶2回目の予約は、1回目の接種後に可能となります。

Q6 市外のかかりつけ医で接種することができますか?
▶上記「基礎疾患のある方」に該当する方で、医師が必要と認める場合は、市外でも接種できることがあります。

 

新型コロナウイルス予防接種実施計画

新型コロナウイルスの予防接種にあたり、「安心、便利で簡単に ワクチン接種」を基本目標とする実施計画を策定しました。この計画を基に、市民の皆様に安心して接種を受けていただけるよう準備を進めてまいります。

本市の計画の特色
  1. 予約に不安を抱える方のため、市立公民館等で予約サポート体制を構築します。
  2. 要支援者へのサポート体制を構築し、安心して接種できる環境整備を行います。要支援者以外の交通手段のない高齢者の方には、移動手段を確保し接種の機会を担保します。
  3. ワクチン接種に係る医療機関の事務的な業務を市が代行し、医療機関が接種に専念できる体制を徹底的にサポートします。

計画の詳細はこちらPDFファイル(3761KB)をご確認ください。
※本計画は国の計画やワクチンの供給状況などにより変更となる場合があります。

この記事に関するお問い合わせ

担当課:健康福祉部新型コロナウイルス
    ワクチン接種対策室
住所:天童市駅西五丁目2番2号
   (市健康センター内)
tel:023-652-0882
fax:023-651-5505