市報てんどう

まちの話題

令和4年2月のトピックス

  • Facebookでシェア

美術館に響き渡る弦楽四重奏の調べ 第48回ミュージアムコンサート(2月26日)

 

 2月26日、天童市美術館で、第48回ミュージアムコンサート「弦楽四重奏の調べ」が開催されました。山形交響楽団の奏者を務める犬伏亜里さん(バイオリン)、ヤンネ舘野さん(同)、成田寛さん(ビオラ)、小川和久さん(チェロ)の4名がハイドンやモーツァルト作曲の弦楽四重奏曲を披露。訪れた人は、静かな館内に響き渡る表現力豊かな演奏に聞き入っていました。

おもちゃが図書館におとまり おもちゃのおとまり会 (2月12日・13日)

 

 2月12日・13日、天童市立図書館で、おもちゃのおとまり会が開催されました。これは、子どもたちのお気に入りのおもちゃが図書館で一晩を過ごし、夜の図書館を楽しんでいる様子を撮影したものを子どもたちが見て楽しむイベントです。12日、7組の親子がおもちゃを持って来館し、初めて図書館に来たおもちゃに本の読み聞かせなどして施設内を紹介した後、職員におもちゃを預けました。13日におもちゃを迎えに行くと、おもちゃが選んでくれた絵本が貸し出され、夜の図書館で遊ぶ様子を撮影したミニアルバムがプレゼントされました。

 

雪遊び楽しいね 第10回天童高原スノーパークフェスタ(2月5日・6日)

 

 2月5日・6日、天童高原スキー場で、第10回天童高原スノーパークフェスタが開催されました。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、例年開催している飲食ブースやちびっこ雪上宝探しなどは行わず、規模を縮小しての開催となりました。小学生以下のリフトやチューブスライダーが無料ということもあり、ゲレンデに多くの親子連れが訪れ、雪遊びを楽しむ子どもたちの笑顔が見られました。

 

狙いを定め一打集中 第26回天童市ゲートボール冬季大会(2月4日)

  2月4日、市スポーツセンターで、第26回天童市ゲートボール冬季大会が行われました。開会式では天童市ゲートボール協会会長の滝口正義さんが「楽しく、明るく、長生きできるようなゲートボールにしましょう」とあいさつ。チームごとに戦略を立てながら交互にボールを打ち、同点決勝にまでもつれる熱戦を繰り広げました。

仲間を思いやる気持ちを大切に 天童市いじめ問題対策連絡協議会 (2月2日)

 

 2月2日、市教育委員会庁舎と長岡小を会場に、天童市いじめ問題対策連絡協議会が開催されました。今回は、新型コロナウイルス感染症対策としてオンラインでの開催となり、山本信治市長、相澤一彦教育長、同協議会委員と長岡小6年の児童16人が、友達との関わり方や学校生活について意見を交換しました。また、いじめ防止に向けた取り組みとして「あきらめない」をキーワードにした長岡小プロジェクト委員会の活動が紹介されました。児童からは「相手のことを思いやる気持ちを大切にしていきたい」「自分だけでなく他人の良いところを見つけていきたい」「家族や友達、地域の方と積極的に関わっていきたい」といった意見が発表されました。

 

この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部市長公室
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0704