くらし

子育て・入園

幼稚園・保育施設の補助制度について

  • Facebookでシェア

届出保育施設等子育て支援事業費補助金

 天童市内及び市外の届出保育施設等(認可外保育施設)に児童が入所している場合、その児童の保育料の一部を市が補助する制度です。
 
補助を受けることができる要件

 保護者及び児童が天童市内に住所を有しており、届出保育施設等(企業主導型保育事業所や院内保育所等を含む)に入所していること。
 ただし、国の無償化の対象となっている児童は除きます。

補助金額

 同一世帯内で届出保育施設等、特定教育・保育施設、幼稚園及び児童館(以下「保育施設等」という。)に入所している児童(兄弟姉妹)の人数によって補助金額は異なります。
 なお、上記に加えて、令和2年4月23日~5月16日の間に在園していて、コロナウイルス感染拡大防止等のために登園しなかった日がある場合は、保育料の一部が返還される場合があります(ただし、企業主導型保育事業所の利用者、保育料が日額または時間額制の児童を除く)。

1 登園自粛分
 1日当たりの保育料(上限2,000円)×令和2年4月23日~5月16日の間に登園しなかった日数
 ※納めた保育料や開所日数等により、額は異なります。

2 基本分

児童の要件 補助金の額
第1子の児童(同一世帯内で保育施設等に入所している兄又は姉がいない児童) 登園自粛分を減じた保育料(月額)の4分の1の額(100円未満の端数は、切り捨てる。)と6,000円のいずれか少ない額
第2子の児童(同一世帯内で保育施設等に入所している兄又は姉が1人いる児童) 登園自粛分を減じた保育料(月額)の2分の1の額(100円未満の端数は、切り捨てる。)と12,000円のいずれか少ない額
第3子以降の児童(同一世帯内で保育施設等に入所している兄又は姉が2人以上いる児童) 登園自粛分を減じた保育料(月額)と24,000円のいずれか少ない額
手続きの方法

 入所している届出保育施設等が市内か市外かによって、補助を受けるための申請方法等が異なります。

 

1 市内の届出保育施設等に入所している場合
 入所している届出保育施設等が、上記の補助金額を毎月の保育料から減額します。その減額した分を各施設が市に一括して申請し、市が各施設へ補助金として交付しますので、保護者からの申請は必要ありません。詳しい内容などは、現在入所している施設にお問い合わせください。
2 市外の届出保育施設等に入所している場合
 ※令和2年10月~令和3年3月分の申請について受付中です。
 市から郵送でのご案内がなかった方は、市子育て支援課にお電話でご連絡ください。

 保護者が必要な事項(半期ごとの保育料等)を申請書に記入し、子育て支援課窓口に提出してください。
 提出の際は、印鑑(シャチハタ以外)をお持ちください。
 受付後、市で申請書等を確認し、保護者(登録した口座)に補助金を交付します。
  前期:4月〜9月分保育料(提出期間:令和2年10~11月)
     提出期間は終了していますが、後期分の提出期間内であれば受付可能です。
     申請を希望する方は事前にお電話でご連絡ください。
  後期:10月〜3月分保育料(提出期間:令和3年4月9日まで)
     事情により期間中の提出が難しい場合は、ご相談ください。
【申請様式】
    施設が作成した(5)の内容をもとに、(1)~(4)を保護者が作成します。
(1)申請書表紙 様式はこちらPDFファイル(62KB) 記入例はこちらPDFファイル(139KB)
(2)入所に関する調書(様式第4号) 様式はこちらPDFファイル(101KB) 記入例はこちらPDFファイル(162KB)
(3)補助金の算定表(様式第4号付表) 様式はこちらPDFファイル(82KB) 記入例はこちらPDFファイル(245KB)
(4)請求書 様式はこちらPDFファイル(105KB) 記入例はこちらPDFファイル(147KB)
(5)在園証明書兼保育料証明書(様式第5号)
※施設に作成を依頼してください
様式はこちらPDFファイル(91KB) 記入例はこちらPDFファイル(266KB)
(6)振込口座の通帳のコピー  
この記事に関するお問い合わせ

担当課: 健康福祉部子育て支援課
tel: 023-654-1111
fax: 023-654-2482