くらし

医療・健康

受動喫煙を考えよう

タバコと健康

タバコの煙に含まれる有害物質

 タバコの煙のなかには、体に害のある化学物質が約5,300種類含まれており、そのうち発がん性物質は約60種類を超えています。

 タバコの煙の3大成分は、ニコチン、タール、一酸化炭素です。
「ニコチン」は神経を刺激し、血管を縮めて、血流を悪くします。一度吸うとやめることが難しい覚せい剤や麻薬と同じ依存症薬物です。
「タール」は強い発がん性物質で肺を真っ黒にし、肺の弾力をなくします。
「一酸化炭素」は体中の酸素が足りなくなり、息切れしたり、集中力がなくなるなど疲れやすくなります。

タバコが原因となる病気

喫煙によってリスクが高まる病気

「がん」:肺がん、鼻腔・副鼻腔がん、喉頭がん、口腔・咽頭がん、食道がん、肝臓がん、胃がん、膀胱がんなど

「その他の疾患」:虚血性心疾患、くも膜下出血などの血管の病気、COPD(慢性閉塞性肺疾患)など

受動喫煙によってリスクが高まる病気

  1. 喫煙する夫をもつ妻は、本人が喫煙していなくても肺がんや心疾患にかかるリスクが高まります。
  2. 妊娠や胎児にかかわる受動喫煙の害として、不妊のリスクが高まること、胎児の成長が阻害されることが分かっています。
  3. 心身の発達途中の乳幼児が受動喫煙にさらされると、乳幼児突然死症候(SIDS)や気管支炎、喘息などの呼吸器症状を起こすリスクが高まります。

知ってください!受動喫煙のこと

受動喫煙とは

 受動喫煙とは、自分がタバコを吸わなくても、喫煙者が吐き出した煙や、タバコの先の火から立ち上る煙(副流煙)を、周囲の人が吸ってしまうことを言います。副流煙には、一酸化炭素やタールなどの体に害のある物質が、主流煙より多く含まれています。
 また、タバコの煙に含まれる物質が部屋の壁やカーテン、衣服などに付着し、後に発がん性のあるガスに変化して、受動喫煙となってしまう三次喫煙が問題となっています。そのため同じ空間でタバコを吸わなければ大丈夫ではありません。タバコを吸ったあとに吐く息や煙の染み込んだ室内が受動喫煙の新たなリスクとなっています。
 WHOは「タバコの煙に安全なレベルはなく、受動喫煙で全世界で毎年数十万人が死亡している」と警鐘しています。

電子タバコは安全か

 電子タバコは煙がほとんど出なく、有害物質も大きく減るそうです。しかし、「体に安全なタバコ」はありません。発がん性物質はゼロにはならず、ニコチンの量は同じです。電子タバコの箱にも「心臓や脳、肺などの病気の危険を高めます」と明記されています。吐き出す息に含まれるニコチンの量は変わらないので、受動喫煙のリスクもゼロにはなりません。

受動喫煙防止にむけた取組

天童市の取組

受動喫煙防止対策検討委員会設置
 平成26年度に委員会を設置し、受動喫煙に関する取組について検討を行っています。

妊産婦を対象とした再喫煙防止および受動喫煙防止対策の取組
 妊娠を機に禁煙をした母親に対し、新生児訪問、健診(4カ月児、9カ月児、1歳6カ月児、3歳児)などの機会をとらえ、再喫煙防止を支援し、パンフレットを配布しています。

小中学校における喫煙防止教育等の取組
 中学1年生の保護者を対象に受動喫煙防止パンフレットを配布したり、小中学校で行っている喫煙防止教育について医師や薬剤師の講師派遣を行っています。 

市民に対する受動喫煙防止の取組

  1. COPD(慢性閉塞性肺疾患)関する講演会を年1回開催しています。
  2. いきいきふれあい健康福祉まつりで受動喫煙防止に関する掲示や肺年齢測定を行っています。
  3. 世界禁煙デー(5月31日)、禁煙週間(5月31日~6月6日)にあわせた取組

天童最上川温泉ゆぴあでの重点展示 

 天童市受動喫煙防止のぼり旗
市内公共施設における受動喫煙防止の取組
 市内公共施設(75施設)すべてが施設内禁煙となっていますが、今後は敷地内禁煙施設がさらに増えていくように働きかけていきます。

山形県の取組

 山形県では、受動喫煙に関する正しい知識を広め、受動喫煙の健康影響から県民の健康を守ることを目的に「受動喫煙防止県民運動」を展開しています。
 また、県民、事業者、行政などが一体となって受動喫煙のない地域社会づくりを推進するという強い意志を「宣言」という形で表現するとともに、受動喫煙防止対策を健康づくり施策の重要な柱の一つに位置づけ、健康寿命日本一を目指しています。
 

 

この記事に関するお問い合わせ

名称: 健康センター内 健康課
住所: 天童市駅西五丁目2番2号
tel: 023-652-0884
fax: 023-651-5505