くらし

医療・健康

新型コロナウイルス感染症について

  • Facebookでシェア
感染者や医療従事者等に対する偏見や差別防止のお願い

 新型コロナウイルス感染者や医療従事者等、またその家族がいわれのない差別や偏見にさらされることのないよう、感染症に対する正しい理解が大切です。如何なる理由にかかわらず、差別的な扱いを受けるといったことは、あってはなりません。市民の皆様には、インターネット上のサイトやSNS等の不確かな情報に惑わされることのないよう、正しい情報に基づく冷静な行動をお願いいたします。

新型コロナウイルス相談窓口について

※聴覚や言語に障がいのある方については、以下の方法により受付をしております。
ファクシミリ:023-625-4294 (平日午前8時30分から午後5時15分まで)

 

こころの健康電話相談窓口

新型コロナウイルス感染症の影響で自粛を伴う生活の中、不安やイライラなど、つらい気持ちが続くときはご相談ください。

山形県精神保健福祉センター(心の健康相談ダイヤル)は9時~12時、13時~17時

※受付時間:月~金曜日(祝日除く) 午前8時30分~午後5時15分

.こころの健康電話相談窓口一覧表PDFファイル(189KB)

 

関連ホームページ

山形県ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

厚生労働省ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

内閣官房ホームページこのリンクは別ウィンドウで開きます

日常生活で気を付けること
  • まずは手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などにこまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。
  • 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触ったものにウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性がありますので、咳エチケットを行ってください。
  • 持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人込みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。
  • 発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休んでください。
  • 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。

感染リスクが高まる「5つの場面」PDFファイル(516KB)

新型コロナウイルス感染症に備え自己免疫力を高めましょう

自己免疫力を高めるポイントや栄養情報を含めた簡単レシピの紹介です

ご家族に新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項
  1. 感染者とほかの同居者の部屋を可能な限り分ける
  2. 感染者の世話をする人は、できるだけ限られた方(一人が望ましい)にする
  3. できるだけ全員がマスクを使用する
  4. 小まめにうがい・手洗いをする
  5. 日中はできるだけ換気する
  6. 取っ手、ノブなどの共有する部分を消毒する
  7. 汚れたリネン、衣服を洗濯する
  8. ごみは密閉して捨てる

電話・オンラインによる診療について

 詳しくは新型コロナウィルス感染症の感染拡大を踏まえたオンライン診療についてこのリンクは別ウィンドウで開きます

 電話・オンラインによる診療がますます便利になりますPDFファイル(1100KB)

 実施していない医療機関もありますので、受診を希望する場合は、まず、受診しようとしている医療機関に電話やオンラインによる診療を行っているかあらかじめご確認ください。

手作りマスクの作り方

参考にしてみてください

この記事に関するお問い合わせ

名称: 健康センター内 健康課
住所: 天童市駅西五丁目2番2号
tel: 023-652-0884
fax: 023-651-5505