くらし

医療・健康

その他の感染症について

麻しん発生報告数の増加に伴う注意喚起について

「麻しん(はしか)」の患者数が増えています

 麻しんについては、平成27年3月27日付で、世界保健機関西大西洋地域事務局により、日本が排除状態にあることが認定されましたが、その後も、海外で感染した患者を契機とした国内での感染の拡大事例が散見されています。
 今般、関西地方で麻しん患者数の増加が報告されています。
 麻しんは、特に感染力が強く、飛沫・接触だけではなく、空気感染もあり、感染すると、高熱、せき、鼻水、めやに、発疹などの症状がみられる感染症です。
発熱、発疹などの麻しんのような症状がある場合は、麻しんの疑いがあることをかかりつけ医に電話等で伝え、受診の要否や注意点を確認してから、その指示に従ったください。また麻しんの感染力は非常に強いといわれています。医療機関へ移動される際は、周囲の方への感染を防ぐためにもマスクを着用し、公共交通機関の利用を可能な限り避けてください。
 なお、今後、国内・海外の麻しんの流行している地域への旅行等の際には、以下の点に御注意ください
・麻しんの流行している地域に行く前に
麻しんにかかったことが明らかでない場合、麻しんの予防接種歴を母子健康手帳などで確認し(※)、2回接種していない場合は予防接種を検討しましょう。
※麻しんの既往歴や予防接種歴が不明な場合は抗体検査を検討しましょう。
・麻しんの流行している地域から帰った後に
2週間程度は麻しん発症の可能性も考慮して健康状態に注意しましょう。
麻しんリーフレット

麻しんについて詳しくはこちら
麻しんについて 厚労省 

海外での感染症予防のポイント
・海外で感染症にかからないようにするために、感染症に対する正しい知識と予防に関する方法を身に付けましょう。 
・渡航先や渡航先での行動によって異なりますが、最も感染の可能性が高いのは食べ物や水を介した消化器系の感染症です。 
・日本で発生していない、動物や蚊・マダニなどが媒介する病気が海外では流行していることがあり、注意が必要です。 
・世界保健機関(WHO)が排除又は根絶を目指している麻しん(はしか)、風しん及びポリオは、日本での患者は減少傾向又は発生していないものの、海外では感染することがあり注意が必要です。これらの感染症についても紹介します。 

海外で注意すべき感染症の情報について
海外では、日本では発生しない感染症がたくさんあります。海外で感染症にかからないようにするために、渡航先で流行している感染症の情報を事前に把握し、予防接種で防げるものは、早めに予防接種を受けましょう。

海外感染症発生情報(厚生労働省ホームページ)

 

ジカ熱に注意しましょう!

ジカ熱とは

 ジカ熱は蚊に刺されることによって感染する病気です。感染すると軽度の発熱(38.5℃以下)、頭痛、関節痛、筋肉痛、結膜炎などの症状が見られますが、デング熱等の他の蚊媒介感染症と比較し軽症と言われています。また不顕性感染が感染者の8割を占めるとされています。
 ジカ熱は妊婦が感染すると小頭症等の先天性障害をもった子供が生まれる可能性があります。

予防対策

 ジカ熱の発生地域に渡航する方は、長袖・長ズボンを着用したり、虫よけスプレー等を使用したりして、蚊に刺されないよう注意してください。またジカ熱は性行為によって感染する可能性があります。流行地域より帰国した方は症状の有無に関わらず最低8週間、パートナーが妊婦の場合は妊娠期間中、性行為の際にコンドームを使用するか性行為を控えることが推奨されます。
 またジカ熱等蚊媒介感染症については、蚊に刺されないような予防対策をとると共に、もし発症した場合には、早期に医療機関を受診し、適切な治療を受けることが重要となります。海外へ渡航された方の中で、帰国時または帰国後に発熱等体調の異状がある場合、及び渡航先において医療機関を受診するなど体調に不安がある場合には、空港等の検疫所に相談いただくか、医療機関を受診いただくようお願いいたします。

 

デング熱に注意しましょう!

デング熱とは

 デング熱は蚊に刺されることによって感染する病気です。デング熱は急激な発熱で発症し、発疹、頭痛、骨関節痛、嘔気・嘔吐などの症状が見られます。通常、発症後2〜7日で解熱し、発疹は解熱時期に出現します。重症化の危険因子として、妊婦、乳幼児、高齢者、糖尿病、腎不全などが指摘されています。

予防対策

 平成28年7月に新潟県においてフィリピンから帰国した女性がデング熱を発症し、死亡する事例が発生いたしました。
 デング熱の発生地域へ渡航する方は、長袖・長ズボンを着用したり、虫よけスプレー等を使用したりして、蚊に刺されないよう注意してください。
 またデング熱等蚊媒介感染症については、蚊に刺されないような予防対策をとると共に、もし発症した場合には、早期に医療機関を受診し、適切な治療を受けることが重要となります。海外へ渡航された方の中で、帰国時または帰国後に発熱等体調の異状がある場合、及び渡航先において医療機関を受診するなど体調に不安がある場合には、空港等の検疫所に相談いただくか、医療機関を受診いただくようお願いいたします。

 

この記事に関するお問い合わせ

名称: 健康センター内 健康課
住所: 天童市駅西五丁目2番2号
tel: 023-652-0884
fax: 023-651-5505