観光・イベント

観光・文化

著名人

佐藤 千夜子

日本の流行歌手第1号 レコードアイドル歌手 佐藤千夜子


 1897年(明治30年)3月13日、天童市一日町に生まれる。本名千代(ちよ)。 14歳で上京し、普連士女学校、青山女学院へと進み、東京音楽学校(現在の芸大)のと き、聖歌隊員として讃美歌を独唱したところ、中山晋平に見いだされた。

 1928年(昭和3年)31歳のとき、わが国最初のレコード会社「日本ビクター」で 「波浮の港」を吹き込み、レコード歌手第1号となる。

 翌年には「東京行進曲」が大ヒット。その後、「影を慕いて」「ゴンドラの唄」「君恋し」 などをヒットさせ、全部で64曲をレコード化した。なお、「影を慕いて」は佐藤千夜子 が唄い、作詞作曲家の古賀政男が世に出るきっかけになった歌である。

 晩年は病魔に侵され、病との戦いの日々を送り、1968年(昭和43年)12月13 日、新宿の都立大久保病院にて病没。享年71歳。

 

この記事に関するお問い合わせ

担当課: 市民部文化スポーツ課
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0744