行政

統計

令和4年就業構造基本調査の実施について

  • Facebookでシェア

調査の概要

 就業構造基本調査は、「統計法」(国の統計に関する基本的な法律)に基づき、5年ごとに実施される国の重要な統計調査です。

 正規・非正規雇用者の就業状況の違いや高齢層・若年層の就業状況、育児・介護と就業の関係などについて調査し、その結果は、雇用政策、経済政策、育児・介護と仕事の両立支援、高齢者の就業促進など、各種施策の基礎資料として活用されます。 

調査期日

 令和4年10月1日現在で実施します。

調査の対象

 次のような事柄について調査します。

 1.すべての人について

   男女の別、出生の年月、就業状態、育児・介護の有無など

 2.ふだん仕事をしている人について

   仕事内容、就業日数・時間、テレワークの実施状況など

 3.ふだん仕事をしていない人について

   就業希望の有無、希望する職種、求職活動の有無など

調査の流れ

1.準備調査(8月下旬~9月上旬)

  山形県知事から任命された統計調査員(調査員証を携帯しています)が、調査区内の世帯を訪問

 し、住所や氏名の確認を行います。

2.実地調査(9月下旬)

  調査員が、準備調査の結果無作為に抽出された世帯を訪問し、調査書類を配布します。

3.調査票の回答

  調査票を受け取った世帯は、調査のご回答をお願いします。

調査の回答方法

  パソコンやスマートフォンを利用したインターネット回答、郵送提出または調査員に提出のいずれかの方法で回答してください。

インターネットでの回答は、安心のセキュリティ、簡単な作業、24時間いつでも回答可能など、たくさんのメリットがあります。

                

 

※新型コロナウイルス感染症の感染予防のため、可能な限りインターネット回答または郵送提出にご協力をお願いします。

※調査票回収の希望があった世帯及び調査票の提出が確認できない世帯に対して調査票の回収に伺います。

報告の義務があります

調査への報告は法律で義務付けられています。回答が得られなかったり、内容が不正確・不完全だったりすると、正確な統計が作成できず、精度の低い統計に基づいて重要な政策を決定する可能性があります。このため統計法では、報告の義務を規定しています。

秘密は守られまれます

統計調査員をはじめとする関係者には、統計法により調査で知ったことを他に漏らしてはいけない守秘義務と、これに反したときの罰則が定められています。

また、調査票に記入された内容は厳重に管理され、統計作成の目的以外(税の資料など)に使用されることはありません。

「かたり調査」にご注意ください

統計調査員は、顔写真入りの「調査員証」を携帯しています。

ご記入された調査票を提出される場合は、必ず調査員証をご確認のうえ、提出していただきますようお願いいたします。

不審に思われた場合には、総務課統計調査係までお問い合わせください。

総務省統計局ホームページ「就業構造基本調査」(外部サイトへリンク)このリンクは別ウィンドウで開きます

令和4年就業構造基本調査キャンペーンサイト(外部サイトへリンク)このリンクは別ウィンドウで開きます

この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部総務課
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0704