行政

提言

市政への提言対応状況

平成31年2月1日~平成31年2月15日受付分

No.86 ごみの戸別収集について
【提言・意見】
 ごみの回収について要望します。ごみ集積所までごみを運ぶのが困難な障がい者または高齢者の方で、足腰の不自由な方のために無料での戸別収集をお願いしたく提言します。隣の山形市ではすでに施行されて好評のようです。ぜひ天童市でも取り入れていただきたいと思います。このようなごみの問題は、当町内会だけではなく、天童市民全体、特に高齢者や体の不自由な方にとって非常に深刻な課題であると認識しています。このようなきめ細かいサービスにこそ税金を投入して、日本一の福祉のまち天童にしていただきたいと思います。

 

【対応状況】 所管課等:生活環境課 
 近年、高齢化の進展に伴い、ごみ集積所にごみを出すのが困難な方が増えています。市では、高齢者軽度生活援助事業を実施し、日常生活に援助を必要とする高齢者の自宅からごみ集積所までのごみ出しを支援しています。障がい者のごみ出しについては、地域の方の協力などで対応していただいています。
今後、高齢者や障がい者のごみ出しに対する支援については、現在の軽度生活援助事業の拡充、地域協力者への奨励金など、そのニーズや方法、費用等について、調査・研究を進めてまいります。
 
No.87 空き家の情報について
【提言・意見】
 空き家の情報をもっと気軽に知ることができたらいいと思います。ショッピングモールやスーパーなどに情報が掲示してあるだけでも、家の購入を検討している者にとっては助かります。

 

【対応状況】 所管課等:建設課
 本市では、空き家等の有効活用を通して移住および定住を促進し、地域の活性化と人口減少の抑制を図るため、空き家バンクを設置しています。空き家バンクに登録されている情報は、庁内の窓口や市のホームページで情報提供を行っており、インターネットに接続できる環境であれば、パソコンやスマートフォン等を利用して、気軽にいつでも御覧になることができます。
 空き家の情報提供に際しては、個人の所有物であり、空き家と判別されることで放火や犯罪の温床になる危険性もあることから、慎重に対応していますので御理解をお願いします。
 

 

No.88 出産後の両親教室等について
【提言・意見】
 出産前に夫婦で参加する親子教室などに参加し、沐浴などを体験しました。出産してみて、産後の母親の気持ちや育児の大変さは想像した以上でした。出産後の母親の心身に対して、夫の理解も十分ではありません。そこで産後も夫婦で参加する教室等があるといいと思いました。
 また、祖父母手帳などもあるといいと思います。

 

【対応状況】 所管課等:健康課
 本市では、出産前に妊娠届出時や両親教室等で父親の役割について説明し、父親の育児参加を促しています。また、産後も乳幼児健診や健康相談、離乳食教室等に夫婦で参加してもらえるよう声掛けを行っているところです。
祖父母手帳については、平成29年度から、妊娠届出時に、父方と母方の祖父母用として2冊の祖父母手帳を全妊婦に配布しています。

 

この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部市長公室
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0704