行政

提言

市政への提言対応状況

平成30年11月16日~平成30年11月30日受付分

No.47 森林環境税を生かした木育事業について

【提言・意見】
現在、山形県では「やまがた緑環境税」を実施していますが、さらに国の森林環境税の導入が来年度から始まると聞いています。地元の木を使って、森林整備につなげるなど、予算を有効に活用するためにも、以下の取組を提案します。
天童市の子育て支援のイメージアップのために「木育事業」に取り組み、地元の木材と職人を活かした木製遊具(積み木や木製天童いろはかるたなど)を製品化し、新生児誕生のお祝いの品としてプレゼントしてはいかがでしょうか。
 

【対応状況】 所管課等:農林課、健康課
市では、やまがた緑環境税を活用して、みどり環境フェアや緑の少年団活動、中学生へ杉板を提供する事業等を行っています。また、平成31年度から導入が予定されている森林環境譲与税の使途については、限られた交付であることから、整備の行き届いていない杉などの人工林の整備に重点をおいて実施したいと考えています。木育事業については、森林整備の進行状況を見ながら検討してまいります。
また、誕生お祝いとして木製品遊具をプレゼントすることについては、市から特定のおもちゃをプレゼントすることは現在のところ考えていません。
 


 

No.48 ペットにやさしい街づくりについて

【提言・意見】
人口減少対策の一つの提案として、ペットに優しいまちづくりを考えてみてはいかがでしょうか。
今やペットは家族であり、子どもであります。ふるさと納税を有効活用して、店にペット同伴可能にした場合は補助金を出すことや、公園も入りやすく改修するなど、ペットにやさしいまちは子どもやお年寄りにも優しいまちになります。他とは違った特徴あるまちづくりを進めるべきだと思います。
 

【対応状況】 所管課等:生活環境課、商工観光課、都市計画課
少子高齢化の進行とともに、ペットを人生のパートナーとして「一緒に暮らす」、「共に生きる」という方々が増えています。
店舗におけるペットの同伴については、衛生的な問題やペットに対する客の意識の違いなど様々な課題が想定されるため、それぞれの店舗の考え方を尊重したいと考えています。
公園は多様に活用される公共施設であることから、ユニバーサルデザインの考え方に基づき、子どもから大人まで安心・安全に利用できるように配慮しながら、施設の改修及び整備を行っています。近年整備を行った天童公園愛宕沼周辺は、ペットを連れた多くの方々から散歩コースとして御利用いただいています。その一方で、ペットを連れた利用者のマナーについての御意見が、市民の方々から多く寄せられるようになっていることから、誰もが快適に公園を利用できるよう、利用者のマナー向上に向けた市報や看板などによる周知の強化を図ってまいりますので、御理解と御協力をお願いいたします。
今後も、ペットの正しい飼い方を呼びかけるとともに、人とペットが共生していく社会の実現を目指していきます。
 


 

No.49 市道鍬ノ町1号線の街路灯ついて

【提言・意見】
天童温泉篠田病院からアンジェリーナ前の道路(市道鍬ノ町1号線)の歩道の街灯カバーをはずし、道路を明るくしてもらいたいです。当道路は、車の交通量が多いにもかかわらず、横断歩道までの間が遠いため、横断者も非常に多い道路です。しかし、街灯が暗く車からは街路に立つ人が確認できない状況です。せっかくの街灯が機能していません。カバーを外すだけで安全に寄与できると思いますので、検討をお願いします。
 

【対応状況】 所管課等:建設課
御提言のあった市道鍬ノ町1号線の街路灯について現地を確認したところ、T形の歩道照明灯の電球が切れているものや、点灯タイマーの不具合により点灯しない照明灯があり、道路や歩道が暗い状況でありました。
不具合のあった電球やタイマーにつきましては、交換や修繕を行い街路灯の機能を確保してまいります。御提言の街路灯のカバーを外して照度を比較してみましたが、効果は少なく、カバーを外すことによる危険性が懸念されるため、適切な維持管理による照度の確保を図ってまいります。
 

この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部市長公室
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0704