行政

選挙

選挙権と被選挙権

18歳選挙権

 公職選挙法の一部を改正する法律により、平成28年の参議院議員通常選挙から、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられました。
 
 詳しくは、総務省のホームページをご覧ください。
 選挙年齢の引き下げについて(総務省HP)

 

選挙権と被選挙権

 私たちは、18歳になると、みんなの代表を選挙で選ぶことのできる「選挙権」が与えられます。また、一定の年齢になると、今度は選挙に出てみんなの代表になる資格である「被選挙権」を有します。  

選挙権を持つために、備えていなければならない条件
種類 備えていなければならない条件
衆議院議員
参議院議員
の選挙
満18歳以上の日本国民
県知事
県議会議員
の選挙
満18歳以上の日本国民で、引き続き3ヶ月以上天童市に住所のある人。
・上記の人が山形県内の他の市町村に住所を移し、引き続き山形県内に住所を有する人を含む。
市長選挙
市議会議員
の選挙
満18歳以上の日本国民で、引き続き3ヶ月以上天童市に住所のある人。

※ただし、次に該当する方は、選挙権・被選挙権がありません。

  1. 禁錮以上の刑に処せられその執行を終わるまでの者
  2. 禁錮以上の刑に処せられその執行を受けることがなくなるまでの者(刑の執行猶予中の者を除く)
  3. 公職にある間に犯した収賄罪により刑に処せられ、実刑期間経過後5年間(被選挙権は10年間)を経過しない者。または、刑の執行猶予中の者
  4. 選挙に関する犯罪で禁錮以上の刑に処せられ、その刑の執行猶予中の者
  5. 公職選挙法に定める選挙に関する犯罪により、選挙権・被選挙権が停止されている者
  6. 政治資金規正法に定める犯罪により、選挙権・被選挙権が停止されている者

成年被後見人の方も投票できるようになりました。
成年被後見人の方が投票を行うにあたって、新たな申請等は不要です。

制度改正の概要
  • 平成25年5月、成年被後見人の選挙権の回復等のための公職選挙法等の一部を改正する法律が成立し、公布されました。
  • 平成25年7月以降に公示・告示される選挙から、成年被後見人の方は、選挙権・被選挙権を有することとなりました。
  • あわせて、選挙の公正な実施を確保するため、代理投票における補助者の見直しや病院等の不在者投票における外部立会人の努力義務化が行われました。

詳しくは、総務省のホームページに掲載されていますのでご覧ください。
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/touhyou/seinen/index.html

被選挙権を持つために、備えていなければならない条件
種類 備えていなければならない条件
衆議院議員
市長
満25歳以上の日本国民
参議院議員
県知事
満30歳以上の日本国民
県議会議員 満25歳以上の日本国民で山形県議会議員の選挙権を有すること
市議会議員 満25歳以上の日本国民で天童市議会議員の選挙権を有すること

 

選挙人名簿

 選挙権を持っていても実際に投票するためには、選挙管理委員会が管理する選挙人名簿に登録されていなくてはなりません。

1 選挙人名簿への登録要件
  1. 天童市に住所を有する、年齢が満18歳以上の日本国民であること。
  2. 住民票がつくられた日(他の市町村からの転入者は転入届をした日)から引き続 き3カ月以上、その住民基本台帳に登録されている方。
  3. 引き続き3ヶ月以上住民登録されていた人で転出して4ヶ月を経過しない人
2 選挙人名簿への登録
  1. 選挙人名簿への登録は、毎年3月、6月、9月、12月の1日(基準日)現在で確認し、1日に定期的に行われるとともに(定時登録)、選挙が執行される場合にも行われます(選挙時登録)。
  2. 登録は、選挙管理委員会が選挙人名簿に登録される資格を有する方を確認し登録しますので、届け出る必要はありません。
  3. 選挙人名簿にいったん登録されると、その登録は抹消されない限り永久に有効なため、名簿は「永久選挙人名簿」とも呼ばれています。
3 選挙人名簿登録者の抹消
次にあてはまる時は名簿から抹消されます。
  1. 死亡又は日本国籍を喪失したとき
  2. 転出し、転出日から4ヶ月を経過したとき
  3. 登録されるべき者でなかったとき

 

この記事に関するお問い合わせ

担当課: 選挙管理委員会事務局
tel: 023-654-1111
fax: 023-654-1140