観光・イベント

スポーツ

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会

ホストタウン交流事業

ホストタウンについて

 ホストタウンとは、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向け、スポーツ立国、グローバル化の推進、地域の活性化、観光振興等に資する観点から、参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を図る自治体を国が登録する制度です。

トルクメニスタンのホストタウンに登録

 天童市は、県と合同申請した計画が認められ、第三次登録において、トルクメニスタンを相手国としてホストタウンに登録されました。駐日トルクメニスタン大使館を通じ、同国が天童市の有する農作物栽培技術に強い関心を持ったことがきっかけで、今後、スポーツのみならず、文化や農業等を中心とした市民レベルでのトルクメニスタンとの交流を進めていきます。
 

トルクメニスタンってどんな国?
トルクメニスタンには、カラクム砂漠にある中央アジア最大の遺跡「古代メルフ」、紀元前6~後3世紀のパルティア王朝時代の都市遺跡「ニッサのパルティア要塞郡」、煉瓦で積み上げられた廟建築の「クフナ・ウルゲンチ」といった3つの世界遺産があるほか、首都アシガバットには近代的な建物が立ち並んでいます。
トルクメニスタン
面積 48万8000平方キロメートル(日本の1.3倍)
人口 580万人(2017年国連人口基金)
首都 アシガバット
時差 -4時間
言語 トルクメン語、ロシア語
宗教 主にイスラム教スンニ派

 

交流事業について

 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を契機に、日本人オリンピアン等による講演会や、ホストタウン相手国であるトルクメニスタンの文化を学ぶ学習会を開催することで、スポーツの振興および相手国との相互交流により、地域の活性化等を推進することを目的としています。

 

これまでの経過と今後の予定
時期 動き
【平成25年度】
2013年8月
トルクメニスタン大統領が来日するにあたって発足した、日本とトルクメニスタン友好議員連盟に30名の国会議員が賛同。同連盟には山形県選出の遠藤利明衆議院議員も加入。
2013年9月8日 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会(以下「東京2020大会」という。)開催が決定
【平成27年度】
2015年10月
安倍内閣総理大臣がトルクメニスタンを訪問し、日本とトルクメニスタンの新たなパートナーシップの深化に関する共同声明のほか、6つの文書に署名。その後、遠藤利明五輪担当相(当時)から駐日トルクメニスタン大使館特命全権大使を紹介いただき、面談の中で天童市の農家が有する農作物栽培技術に強い関心を持っていただいた。
【平成28年度】
2016年6月22日
駐日トルクメニスタン大使館エリャゾフ特命全権大使が本市に初めて訪問。東京2020大会に向けた事前キャンプの候補地である山形県総合運動公園を視察したほか、市のさくらんぼ栽培農家を視察した。視察後、大使からは事前キャンプの実施をはじめ、スポーツや文化、経済などの交流促進に前向きな発言をいただいたことから、市ではトルクメニスタンをホストタウンの相手国に選定し、山形県総合運動公園の設置者である山形県とともに、合同で登録の申請を行う運びとなった。
2016年11月10日 トルクメニスタン独立25周年記念レセプションに出席
2016年12月9日 ホストタウン登録決定(トルクメニスタン)
【平成29年度】
2017年4月22日
天童市内のホテルで駐日トルクメニスタン特命全権大使との懇談
2017年7月11日 第1回(設立)天童市ホストタウン交流実行委員会を開催
2017年9月14日~21日 アジアインドア・マーシャルアーツゲームズの開会式に招待を受け、山本市長らがトルクメニスタンを訪問した。
「事前キャンプに関する覚書」をトルクメニスタンスポーツ委員会コメコフ委員長と締結し、本市で東京2020大会の事前キャンプを実施することが決定した。
2017年11月10日 トルクメニスタン国交樹立25周年セレモニーに出席
2017年11月11日~12日 トルクメニスタンとの文化交流のつどいを開催した。
トルクメニスタンから文化人(39人)を本市に招待した。
天童市市民プラザ、平成鍋合戦の会場で、トルクメニスタンの音楽や踊りの披露、工芸品などの展示が行われ、多くの市民が異国の文化に触れる機会となった。
【平成30年度】
2018年4月19日~20日
在トルクメニスタン日本国大使館の勝亦孝彦特命全権大使が本市を訪問 した。
同日に、天童市ホストタウン交流実行委員会を開催し、実行委員会の中で勝亦大使からトルクメニスタンの紹介や日本とトルクメニスタンの関係について講演をいただいた。
県立天童高校でも外務省の仕事やトルクメニスタンを紹介する講演を行っていただいた。
また、トルクメニスタンの事前キャンプ予定地の山形県総合運動公園や、市内の企業、加温さくらんぼ園地を視察した。
2018年6月27日~28日 事前キャンプ地の視察のため、トルクメニスタン国からグルゲルディエフスポーツ・青年政策大臣を筆頭に3名のスポーツ関係者と駐日トルクメニスタン大使館からエリャゾフ特命全権大使と職員の2名が本市を訪問し、東京2020大会に向けた事前キャンプについて再確認した。
また、県総合運動公園やさくらんぼ園地などを視察し、歓迎会の際には日本文化の披露と、トルクメニスタンとの文化交流の映像を放映し、関係を深めた。
2018年10月1日 市制施行60周年記念式典において、陸上競技の朝原宣治氏と競泳の岩崎恭子氏によるオリンピックメダリストトークショーを開催
2018年10月12日 トルクメニスタン独立27周年記念レセプションに出席
2018年12月21日 株式会社LIXIL主催のユニバーサル・ラン(義足体験授業)を実施
天童市立津山小学校の5,6年生を対象に、東京2020大会を目指す又吉康十(またよしこうと)選手が講師となり、実際に義足をつけての歩行体験や座学を行い、パラスポーツについての理解を深めた。
2019年2月16日 元五輪バドミントン日本代表の潮田玲子さんによるオリンピアン講演会・バドミントンクリニックを開催し、市内外から350名の参加があった。

2019年3月16日~17日

山形ビッグウイングで行われた山形県・ホストタウン登録13市町主催の「ホストタウン大集合!山形県内ホストタウンブース」にて天童市・トルクメニスタンブースを出展した。駐日トルクメニスタン大使館から職員を招聘し、トルクメニスタンのお菓子およびお茶の振る舞いや民族衣装の試着体験、民芸品の展示を行った。その他同会場ではNHK山形放送局主催のスポーツ&ホストタウンフェスが開催され、2日間に渡り多くの人で賑わった。

2019年3月27日

外務省主催プログラム「戦略的実務者招聘」として、現大統領の御子息であるセルダル・ベルディムハメドフ氏を筆頭にトルクメニスタン国から3名の関係者と駐日トルクメニスタン大使館からエリャゾフ特命全権大使と職員の2名が「農業」をテーマに本市を訪問し、市内加温さくらんぼ園地、畜産農家等を視察した。

2019年3月28日 事前キャンプ地の視察のため、再度トルクメニスタン国からグルゲルディエフスポーツ・青年政策大臣およびムィラドフトルクメニスタンオリンピック協会会長が本市を訪問し、東京2020大会に向けた事前キャンプについて再確認した。

 

 

 

ホストタウン交流事業の様子

 

トルクメニスタンスポーツ委員会と「事前キャンプに関する覚書」を締結
(2017年9月19日)

トルクメニスタンとの文化交流のつどい
(2017年11月11日)

スポーツ・青年政策大臣らが事前キャンプ予定地である山形県総合運動公園を視察
(2018年6月27日)

市立津山小学校にてスポーツ義足体験授業を実施
(2018年12月21日)

 

市スポーツセンターにてオリンピアン講演会を開催

(2019年2月16日)

山形ビッグウイングにてトルクメニスタン文化を紹介

(2019年3月16日~17日)

 

 

この記事に関するお問い合わせ

担当課: 市民部文化スポーツ課
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0744