○天童市立学校通学区域の特例に関する規則

平成2年3月26日

教育委員会規則第3号

(趣旨)

第1条 この規則は、児童・生徒の適正な就学を図るため、天童市立小中学校児童・生徒の通学区域の特例について定めるものとする。

(通学区域の特例)

第2条 天童市立小中学校の児童・生徒を保護者が、天童市立津山小学校内言語障害学級及び情緒障害学級又は天童市立第一中学校内情緒障害学級(以下「特殊学級」という。)に通学させようとする場合は、天童市立学校通学区域に関する規則(昭和56年教育委員会規則第2号。以下「通学規則」という。)の規定にかかわらず、この規則の定めるところによる。

(通学手続)

第3条 特殊学級に通学させようとする児童・生徒の保護者は、通学規則第2条の定める学区(以下「正規の学区」という。)内の学校長を通じ、天童市教育委員会(以下「教育委員会」という。)に通学申込書を提出しなければならない。

(通学の決定及び特例学区)

第4条 教育委員会は、前条の通学申込書が提出された場合においては、別に定めるところにより、天童市適正就学委員会の意見を聴き、通学を決定するものとする。

2 教育委員会は、通学を決定したときは当該保護者に対し通学決定通知書を交付するものとし、当該児童・生徒の学区は、当該通学することとなった学校の学区とする。

(正規の学区への変更)

第5条 正規の学区に変更しようとするときは、保護者は当該特殊学級を設置する学校長を通じ教育委員会に通学変更届を提出しなければならない。

(委任)

第6条 この規則に定めるもののほか、この規則の施行に関し必要な事項は教育委員会教育長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成2年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、現に特殊学級に通学している者については、この規則に基づいて通学しているものとみなす。

天童市立学校通学区域の特例に関する規則

平成2年3月26日 教育委員会規則第3号

(平成2年3月26日施行)

体系情報
第11編 育/第2章 学校教育/第1節
沿革情報
平成2年3月26日 教育委員会規則第3号