くらし

ごみ・環境

アメリカシロヒトリの駆除について

  • Facebookでシェア
アメリカシロヒトリの駆除について
アメリカシロヒトリとは

アメリカシロヒトリは小型の蛾で、特に桜、プラタナスなどの落葉樹を好んで産卵し、幼虫は集団で樹木の葉を食害する害虫です。

発生時期は気象条件等によっても変わりますが、通常、6月上旬から7月中旬(一化期)と、8月上旬から9月中旬(二化期)の年2回発生します。

早期発見でアメシロ被害を防ぎましょう

アメシロ駆除は樹木の所有者の責任において行ってください。アメシロ被害の拡大を防ぐためには、早期発見が大切となりますので、ご家庭や地域で取り組み、効果的に駆除しましょう。

アメシロの幼虫は吐いた糸で作った巣に約1週間留まります。巣の中の幼虫は、葉の葉脈を残して食害するため、葉が透けて見えます。

※この段階での駆除が一番効果的です。

幼虫は、体長1.5cm位になると、巣から離れてしまうので、分散する前に枝葉を切り取り、踏みつぶしてください。

※駆除後の枝葉は、もやせるごみとして出してください。

ご家庭で駆除できないときは、地域に相談していただくか、専門業者に依頼し、周辺に迷惑がかからないようにしてください。

やむを得ず薬剤散布する際は、薬剤の取り扱いに十分注意するとともに、風向きや近所の迷惑にならないよう気を付けてください。

公共施設等のアメシロの駆除について

公共施設等の樹木の管理は、所管する施設管理者が行っています。アメシロを発見次第、施設管理者が駆除活動を実施しています。

この記事に関するお問い合わせ

担当課: 市民部生活環境課
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0744