くらし

ごみ・環境

食品ロス削減の取り組み

  • Facebookでシェア
食品ロス削減に取り組みましょう

 天童市の人口とごみ量の推移

 天童市の人口とごみ量の推移については、クリーンピア共立ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

 

食品ロス削減に取り組みましょう

 食品ロスとは、本来食べられるのに捨てられてしまう食品のことで、「食品の製造から発生する規格外品や、売れ残り」「家庭や飲食店での食べ残しや作り過ぎた料理、過剰に除去した部分」などがあります。日本では、年間約612万トンの食品ロスが発生しており、国民1人1日当たりに換算すると、お茶碗約1杯分(約132グラム)の食品を、食べずに捨てていることになります。

 食品ロスを減らすため、天童市では、「30・10(さんまる いちまる)運動」の取り組みを推進しています。  

 「もったいない」を心がけ、私たち一人ひとりができることから少しずつ取り組むことで、大きく削減することができます。ご家庭やお店で、ぜひ食品ロスの削減へのご協力をお願い致します。

「30・10運動 ~家庭編~」

 食品ロスの約半分(約284万トン)は家庭から出ています。家庭での食品ロス削減のため、毎月30日は「冷蔵庫クリーンアップデー」、10日は「もったいないクッキングデー」として冷蔵庫の中を定期的にチェックし、賞味期限の近い食品から使用したり、野菜の茎や皮など捨てられがちな食品を有効活用することで、生ごみの削減につながります。

 こうした運動の名前からとった10月30日が「食品ロス削減の日」となっています。

「30・10運動 ~宴会編~」

お店での食べ残しの量が問題になっています。お店で食べ残しを減らすことは、資源を大切にするとともに、残飯の片づけの手間やごみ処理経費の削減につながります。外食時の取り組み例を紹介します。

1 予約・食事前

 参加者の人数や好みに合わせてお店を選び、メニューを選ぶ際は、小盛りやワンプレートを選ぶなど食べきれる量を注文するように心掛けましょう。

2 食事中

 食事中は自分の席で料理を楽しみましょう。宴会時は「乾杯後の30分間」と「お開き前の10分間」は「食べきりタイム」として目の前の料理を楽しみましょう。

3 お開き前

 食べきれない料理は分け合いましょう。料理を持ち帰ることができるかどうか、お店の人に確認してみましょう。

 また、天童市では食品ロス削減の取組の一つとして、飲食店等における利用者の食べ残しをできるだけ減らすよう、「30・10運動啓発コースター」を作成しました。希望店舗に配布していますので、詳しくは市生活環境課までお問い合わせください。

「30・10運動コースター」(見本)

「30・10運動啓発コースター」(見本)

食品ロスについてもっと詳しく知りたい方へ

食品ロス削減の取り組みPDFファイル(700KB)

 食品ロスを減らし、環境にも優しい食生活を実現するため、「エコ・クッキング教室」を開催しています。

 令和2年度は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、作った料理は持ち帰りとなりましたが、参加者は、レシピをリメイクして別の料理を作ったり、熱源を有効利用する調理方法を実践したりと、省エネな調理法で、食品ロスを意識しながら調理実習を行いました。

省エネな料理レシピ(エコ・クッキング2020)PDFファイル(468KB)

この記事に関するお問い合わせ

担当課: 市民部生活環境課
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0744