くらし

福祉

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金

  • Facebookでシェア
新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の申請期限を延長します

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について(令和4年9月20日更新)

新型コロナウイルス感染症の影響により生活に困窮する世帯に対して、就労による自立を図るため、また、それが困難な場合には円滑に生活保護の受給につなげるために、「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」(以下「自立支援金」という)を支給します。また、自立支援金(初回)の受給期間が終了した世帯については、再支給の申請が可能です。

申請期限が、令和4年9月末から令和4年12月末まで延長されました。

支給対象世帯

総合支援資金の特例貸付を利用したことがある世帯のうち、次のいずれかに該当し、かつ、下記(1)から(4)の全ての要件を満たす方

  • 再貸付を借り終わった世帯
  • 再貸付の申請が不承認となった世帯
  • 再貸付の相談をしたものの、申込みに至らなかった世帯
  • 令和4年1月以降、緊急小口資金及び総合支援資金(初回)を借り終わった世帯で令和4年12月までに借り終わる世帯

※生活保護受給中の世帯を除きます。

(1)生計維持要件

申請者は、申請日の属する月において、その属する世帯の生計を主に維持している方となります。

(2)収入要件

申請月における世帯の収入が、次の額を超えないこと(月額)

  • 単身世帯:113,000円
  • 2人世帯:157,000円
  • 3人世帯:187,000円
  • 4人世帯:222,000円
  • 5人世帯:255,000円

(3)資産要件

申請月における資産額が、次の額を超えないこと

  • 単身世帯:678,000円
  • 2人世帯:942,000円
  • 3人以上世帯:1,000,000円

(4)求職活動等要件

次のいずれかに該当するものであること

  • 月1回以上、自立相談支援機関(天童市社会福祉協議会内)の面接等の支援を受ける
  • 月2回以上、公共職業安定所等で職業相談等を受ける
  • 原則週1回以上、求人先へ応募を行うまたは求人先の面接を受ける
  • 就労による自立が困難であり、この自立支援金の支給が終わった後の生活維持が困難と見込まれる場合には、生活保護の申請を行うこと
支給額・支給期間・申請期限

(1)支給額(月額)

  • 単身世帯:60,000円
  • 2人世帯:80,000円
  • 3人以上世帯:100,000円

※住居確保給付金との併給が可能です。

(2)支給期間

最大3カ月

(3)申請期限

初回の申請、再支給の申請ともに令和4年12月末日まで

申請方法・必要書類

(1)申請方法

下記の必要書類を添えて、天童市社会福祉協議会に提出してください

※対象者とされる方には天童市社会福祉協議会から個別に通知しています。

(2)必要書類

  • 自立支援金 支給申請書(様式1-1号)
  • 自立支援金 申請時確認書(様式1-2号)
  • 本人確認書類の写し(運転免許証や健康保険証、マイナンバーカードの写しなど)
  • 総合支援資金の再貸付が確認できる書類の写し(再貸付の借用書や貸付決定通知書の写し、不承認通知書の写し)

※紛失した方は様式1-3号申告書を提出してください。

  • 申請月の収入が確認できる書類の写し(世帯全員分)
  • 申請月の金融資産が確認できる書類の写し(世帯全員分)

※通帳、ネットバンクの残高確認画面など。

  • 求職活動関係書類(ハローワークカードの写し)

※申請後でも可。

  • 生活保護を申請中の方は保護申請書の写し

 

(参考)

厚生労働省コールセンター
TEL:0120-46-8030
受付時間:平日午前9時から午後5時まで

この記事に関するお問い合わせ

担当課: 健康福祉部社会福祉課
tel: 023-654-1111
fax: 023-658-8547