くらし

福祉

令和4年度住民税非課税世帯に対する臨時特別給付金について

  • Facebookでシェア
令和4年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金を支給します

令和4年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について(令和4年6月30日更新)

 住民税非課税世帯や、令和4年1月以降に新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯を支援するために、臨時特別給付金(1世帯あたり10万円)を支給します。

対象となる世帯

 支給対象世帯は、次のいずれかに該当する世帯です。ただし、令和3年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金の支給対象となった世帯は除きます。
 

  1. 住民税非課税世帯
    基準日(令和4年6月1日)に天童市に住民票があり、世帯全員の令和4年度の住民税が非課税である世帯。(ただし、令和4年度の住民税が課税されている方に扶養されている方のみで構成されている世帯は除きます。)
     
  2. 家計急変世帯
    令和4年度の住民税が課税されている世帯のうち、令和4年1月以降、新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少し、世帯全員が「住民税非課税相当」以下の収入となった世帯。(新型コロナウイルス感染症以外の理由で収入が減少した世帯は対象となりません。)
     

※「住民税非課税相当」とは、世帯員全員のそれぞれの年収見込額が住民税均等割非課税相当額以下であることを指します。
※「住民税非課税相当」の判断は、世帯員それぞれについて、給与収入・事業収入・不動産収入・年金収入の合計額が下の早見表の限度額以下であるかどうかで確認します。(扶養親族の状況によって限度額は変わります。)

 

【早見表】
扶養している親族の状況 非課税相当収入限度額
単身または扶養親族がいない場合 93.0万円
配偶者・扶養親族(1名)を扶養している場合 137.8万円
配偶者・扶養親族(計2名)を扶養している場合 168.0万円
配偶者・扶養親族(計3名)を扶養している場合 209.7万円
配偶者・扶養親族(計4名)を扶養している場合 249.7万円
障がい者、未成年者、寡婦、ひとり親の場合 204.3万円
支給額

1世帯あたり10万円(1世帯1回限り)

申請方法

 上記1に該当する世帯には、7月下旬に「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金支給要件確認書(以下「確認書」)」を送付しますので、記載内容を確認の上、市社会福祉課まで返送してください(新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、可能な限り郵送での提出にご協力ください)。
 

 上記2に該当すると思われる世帯は、市社会福祉課までお問い合わせください。

※ 申請期限は下記のとおりですが、お手続きに時間がかかる場合がありますので、お早めにお問い合わせください。

申請期限

 上記1の世帯は、確認書に記載してある期日までに提出してください。

 上記2の世帯は、令和4年9月30日(金曜日)までに申請してください。

※ 提出期限を過ぎると本給付金の支給を受けることができなくなりますのでご注意ください。

支給方法

 市役所で確認書または申請書を受理した日から4週間後をめどに、指定の口座へ振り込みます。

※ 確認書などの記載内容に不備がある場合は、支給が遅れることがあります。
 

不審な電話等にご注意ください

 確認書などの記載内容に不備があった場合、天童市から問い合わせを行うことがありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料の振込みを求めることは絶対にありません。不審な電話がかかってきた場合は、すぐに天童警察署にご連絡ください。 

この記事に関するお問い合わせ

担当課: 健康福祉部社会福祉課
tel: 023-654-1111
fax: 023-654-2482