ホーム > 観光・イベント > 観光・文化 > 天童と将棋駒
観光・イベント
観光・文化
観光・イベントタイトル

観光・文化

天童と将棋駒


天童の将棋駒  全国の将棋駒生産量の大部分を占める天童特産の将棋駒産業のおこりは、江戸時代、旧天童藩士が内職として始めたことに由来するといわれています。
 天童将棋駒は長い歴史と伝統を誇り、産業、経済、文化、教育等あらゆる面で極めて重要な役割を果たしてきました。
 とりわけ天童桜まつりの期間中に舞鶴山で行われる「人間将棋」や「百面指し」などの将棋イベント、市内外での物産展、実演等、天童温泉と一体的なPRを行い「将棋駒のまち天童」を全国に発信しています。

○ 冊子「天童と将棋駒」 PDFファイル (2,255KB)

王将と左馬 (左馬の「馬」とは、将棋駒の「角」が成った状態=「龍馬」のことを言います)

 馬は元来左から乗るものなので、右から乗るとつまづいて転ぶという習性をもっており、そのことから左馬は長い人生をつまづくことなく過ごすことができ、昔から福を招くめでたいもので商売繁盛の守り駒となっています。


 そのほか・・

○ 馬の字が逆に書かれていることから、ウマの反対はマウ(舞う)であり、古来、舞いはめでたい席で催されることから縁起の良い招福駒である。
○ 左馬の下の部分が財布のきんちゃくの形をしており、口がよく締まって入ったお金が散逸しないことから富のシンボルである。
○ 普通馬は人に引かれるものであるが、逆に馬が人を引いてくる(招き入れる)ということから、客商売にとって千客万来の招福駒である。
○ 馬は元来左から乗るものであるということから、左馬は乗馬をシンボルとするもので、これを持つ者は競馬に強いという。
 
 などのいわれがあります。
この記事に関するお問い合わせ

担当課:経済部商工観光課
tel:023-654-1111
fax:023-653-0744