ホーム > 観光・イベント > 観光・文化 > 県指定文化財
観光・イベント
観光・文化
観光・イベントタイトル

観光・文化

県指定文化財


清池の石鳥居 所在地 大字清池
所有者 高擶有財産区 
概要 高さ387cm
製作年代 平安時代後期
指定の区分 山形県指定有形文化財
 両柱の間が3メートルの凝灰岩(ぎょうかいがん)製の鳥居であり、平安時代後期の建立と推定される。柱の上にのる笠木(かさぎ)と島木(しまぎ)一つの石からなっており、ほとんど直線的である。柱の上方にあった貫(ぬき)や束(つか)は失われてしまったが、その痕跡が両方の柱に残っている。柱は太く、上方がすぼまり、胴張りの感じがあって、力強く、古拙(こせつ)な趣(おもむき)がある。「最上の三鳥居」の一つと言われ、すぐ西側を古い街道である横街道が南北に走り、もとは、山寺に向かって立っていたものと考えられる。この時期の鳥居は、全国的にも類例が少ないことから、大変貴重な文化財である。
旧東村山郡役所資料館 所在地 五日町 
所有者 天童市 
概要 木造3階建、瓦葺
製作年代 明治時代
指定の区分 山形県指定有形文化財
 この建物は、明治11年(1878)に郡制が布かれたことに伴い、東村山郡役所として創建されたものであり、明治12年(1879)10月に落成し、同年11月16日に開庁した。
 現在、県内に所在する明治時代の洋風建築物のうち、最も古い年代のものであり、明治14年(1881)の9月に明治天皇が巡幸された際には、行在所(あんざいしょ)として使用されている。
 創建当初は、3階に塔屋(とうや)を持つ瓦葺(かわらぶき)及び漆喰(しっくい)壁の当時としては斬新な建物であったが、明治32年(1899)以前に現在の建物に改造されている。
 玄関ポーチ、ベランダの八角柱、繰り型のある礎盤、柱頭、勾欄(こうらん)、柱上の小壁の彫刻、入口のステンドグラス等の細部の装飾は、素朴であるが、デザインに優れ、明治時代初期の堅実な手法を現在に伝えている。また、昭和60年(1985)11月16日の開庁106周年記念日には、建物の解体及び復元工事が完成し、その細部についても、創建当初の姿がよみがえった。
 なお、この建物は、背後にある天童公園一帯の風景にも見事に溶け込んでおり、周囲の自然と一体となった壮麗かつ典雅な建築美を醸し出している。
絹本淡彩御殿山品川潮干狩図 所在地 大字寺津 
所有者 個人蔵 
概要 双幅(縦90.4cm、横30.1cm)
製作年代 江戸時代後期
指定の区分 山形県指定有形文化財
 この図は、春の御殿山から遠く品川の汐干狩を望んだ風景と秋の海晏寺から海苔取りの様子を遠望する風景の2図を双幅としている。
 爛漫(らんまん)と咲く桜花と燃えるような紅葉をそれぞれ近景として桜と楓の太い幹を半分ずつ描き、その間から海を遠望する構成は、近代的な遠近法を加味した広重らしい、洒脱(しゃだつ)な構図となっている。
 歌川広重は、寛政9年(1797)に定火消屋敷の同心であった安藤源右衛門の子として江戸で生まれ、15歳のときに歌川豊広(とよひろ)に入門し、27歳で浮世絵師となり、その後、東海道五十三次、名所江戸百景などの多くの版画を輩出した。
 また、当時、広重は、天童織田藩の江戸詰め藩士であった吉田専左衛門及び木村宮之助と狂歌仲間として親交があったことから、嘉永年間(1848〜1854)以降、天童藩主織田信学(のぶみち)から依頼を受け、多くの肉筆画を描いている。これらの肉筆画は、謹厳、豪華かつ丁寧に描かれており、さらに、側に金泥により題名が付され、広重の墨書款(立斎(りっさい))も記されていることから、「天童広重」として大変珍重されている。
線刻聖観音鏡像 所在地 大字山元
所有者 来吽院
概要 直径30.3cm
製作年代 鎌倉時代初期
指定の区分 山形県指定有形文化財
 鏡像又は懸仏は、元々、御正体(みしょうたい)と呼ばれ、平安時代以降、天台法華の教えによる神仏習合の信仰の広まりに伴って作られるようになったものであるり、その形態としては、時代の変遷を経て、3つの段階に分けることができる。
 第1段階は尊像を線刻で表したものであり、第2段階は尊像を半肉のレリーフ状にしたものであり、第3段階は尊像を別に作り、それを鏡板に貼り付けたものである。その後、第1段階のものを鏡像と呼び、第2段階及び第3段階のものを懸仏と呼ぶようになった。
 この鏡像は、鏨彫(たがねぼり)による線刻で表されている。丸顔で、かつ、伏し目がちな面相には、国風文化の影響が感じられる。蓮華座に結伽趺坐(けっかふざ)し、左手に未蓮華(みれんげ)を持ち、中品(ちゅうぼん)の印を取る右手を添え、また、光背や覆輪もきちんと整形されており、とても丁寧に彫られている。さらに、平安時代の作であると言われている比叡山横川中堂の本尊である木造聖観世音菩薩(国重要文化財)と姿が類似しており、このことは、この鏡像が奉納された当時、若松寺が天台宗の宗派であったことを物語る貴重な資料となっている。なお、吊鐶(ちょうかん)には、鍍金(ときん)が見られることから、作られた当初は、この鏡像全体に鍍金が施されていたのではないかと推測される。
 この鏡像は、以前は、若松寺の馬頭観音堂に安置されていたが、大正12年(1923)に発生した観音堂の火災の際、鐘楼の崖下の土中に埋めてしまったことから、その後、その存在が忘れられていたが、昭和19年(1944)に偶然発見されたものである。
格知学舎 所在地 大字貫津
所有者 個人
製作年代 明治時代
指定の区分 山形県指定史跡
 格知学舎は、明治2年(1869)に浄土真宗の学僧であった本澤竹雲が開設した私塾であり、建物は、明治3年(1870)に落成した。
 主屋は、桁行(けたゆき)10間、梁行(はりゆき)4.5間の木造2階建てで、1階には4部屋、2階には2部屋があり、教室、講堂、住居等として使用された。また、別に食堂、炊事場及び物置として使用された附属の建物があった。
 さらに、これらの建物の周りを京風のタカオカエデの樹木群が現在も取り囲み、辺りに清々しい、かつ、静閑な雰囲気を醸し出している。
 山形市の長谷堂の出身である竹雲は、貫津村の名主であった結城六右衛門を始めとする村山地方の好学の者たちからの招聘(しょうへい)に応じ、僧を隠退してこの地に学舎を開き、竹雲の孫である都講(とこう)の時代の昭和21年(1946)までの約70年間、近郷の地主層の子弟等に対して、起居を共にしながら、仏教、儒学などの日本古来の伝統に即した教育を行った。
 竹雲は、大変礼儀正しく、かつ、信仰心が厚かったため、最後までチョンマゲに和服姿であったが、述べ180人余の入塾者たちに与えた社会的な影響は、とても大きなものがあった。
格知学舎関係資料 所在地 大字貫津 
所有者 個人
概要 3種(5,312点)
製作年代 江戸時代〜明治時代
指定の区分 山形県指定有形文化財
 格知学舎は、明治2年(1869)に本澤竹雲によって開設された私塾である。塾生は、村山地方の地主層の子弟が多く、竹雲自らが塾生と起居を共にして、欧化思想の教育が急がれたこの時代に日本の伝統に即した、異色の教育が行われていたが、その思想的な背景を物語る文献資料として、大変貴重である。
 資料は、経書、仏書、歴史書、地誌、道徳書、絵図などの教科書類が合わせて5,237点、入門帳、日記類、書跡類などの寄宿舎生活の様子が分かる資料が合わせて75点保管されている。また、この資料は、江戸時代から明治時代にかけて刊行された書籍としても大変貴重なものとなっている。
 現在は、昭和52年(1977)5月に山形県及び天童市の補助を受けて格知学舎の側に建設された耐火構造平屋建ての収蔵庫(51.67平方メートル)に保管及び展示されている。

納札及び巡礼札 所在地 大字山元
所有者 若松寺
概要 10枚(納札2枚及び順礼札8枚)
製作年代 室町時代、延徳4年(1492)〜永禄6年(1563)
指定の区分 山形県指定有形文化財
 
 順礼札は、西国順礼に赴いた地元の人々が無事に順礼が成就したことを記念して納めたものである。そのうち、最も古いものは、延徳(えいとく)4年(1492)に奉納されており、このことは、当時、この地の人々がすでに篤い観音信仰を持ち、遠く西国観音の札所まで順礼に赴いていたことを示す貴重な資料となっている。特に、文亀(ぶんき)元年(1501)及び同2年(1502)の西国順礼の札が合わせて4枚残っており、また、若松寺の御詠歌と西国観音の札所である亀岡市曽我部町の穴太寺の御詠歌が同じ内容であることから、最上観音の霊場の成立については、西国観音の霊場から多大な影響を受けていたことが伺える。
 順礼札のうち、大永(だいえい)6年(1526)の順礼札に記されている「出羽州最上郡卅三度巡禮宇多郡住人」は、宇多郡(現在の福島県相馬市付近)の住人であり、最上郡の観音に33回順礼に訪れ、最後に、満願御礼として若松寺の観音堂に順礼札を納めている。このことは、16世紀の前半には、若松寺の観音堂が観音霊場の地として広く人々に知られていたことを示している。ちなみに、永禄(えいろく)6年(1563)は、寒河江城主大江氏の家臣郷目貞繁(ごうのめ さだしげ)が若松寺に絵馬(板絵著色神馬図)を奉納した年に当たる。
 さらに、文亀元年の2枚の順礼札には「村山郡天童」の文字が見られることから、当時、若松寺付近の地は、すでに「村山郡」と呼ばれていたのではないかと考えられる。
イバラトミヨ生息地 所在地 大字高木 
所有者 高木地区ほか
指定の区分 山形県指定天然記念物
 成生地域高木地区の八幡神社の境内にある第1及び第2ひょうたん池とその下流にある高木川の流域にイバラトミヨが生息している。
 イバラトミヨは、トゲウオの仲間で、体長が4センチメートルから5センチメートルの淡水産の魚であり、背びれに7本から9本のトゲがある。氷河期からの遺存種であり、「生きた化石」とも言われ、学術的にも極めて貴重な魚である。
 繁殖期である春になると、雄が巣を作り、それに雌が卵を産む。そして、その卵がふ化するまで雄が世話をするという、珍しい魚でもある。また、このイバラトミヨが生息するためには、年間をとおして水温が摂氏(せっし)12℃前後の流れが緩やかで、水草があり、かつ、水量が一定している清流でなければならない。そのため、以前は、山形県内の村山、最上及び庄内地方の湧水がある清流には、かなり広く分布していたが、その後の都市化や水田の基盤整備等の進展に伴い、現在は、絶滅の危機に瀕(ひん)しており、厚生労働省が定める「絶滅危惧種」に指定されている。
 しかしながら、この高木地区を含めた成生地域では、イバラトミヨの生息地の保護活動に対する地域住民の関心と熱意が高く、年間をとおしてイバラトミヨ保存会の活動が活発に行われているため、その生息条件が保たれている。
ジャガラモガラ 所在地 大字貫津
所有者 上貫津地区
指定の区分 山形県指定天然記念物
 ジャガラモガラは、雨呼山(あまよばりやま)の北西の標高570mのところにある大きなくぼ地の南端にある、標高550mの等高線で囲まれた東西30m、南北62mのすり鉢状のくぼ地を言う。
 くぼ地の底は、複雑に変化しており、地下は、すべて流紋(りゅうもん)岩の礫石(れきせき)が埋積されている。また、くぼ地の底でありながら、水がたまることがない。さらに、くぼ地内には多くの風穴(ふうけつ)があり、真夏でも0度前後の冷風が噴き出て、その冷風がくぼ地全体を包み込んでいるため、極めて特異な植生が生じている。
 具体的には、一般的に高山において見られる植生とは逆に、くぼ地から高度が上がるにつれて、草木、低木、高木へと植生が変化している。また、植物の春の芽生えが遅く、ベニバナイチヤクソウ、コキンバイなどの亜高山性の植物が群生している。さらに、レンゲツツジ、ヤナギラン、ハンゴンソウ、ナンブアザミ、ホソバノキリンソウ、キセワタ、チョウセンゴミシ、トモエソウ、ミツモトソウ、ノダケ、ツリガネニンジンなどの非常に珍しい植物が数多く見られることから、学術的にも貴重な場所となっている。
この記事に関するお問い合わせ

担当課:教育委員会生涯学習課
tel: 023−654−1111
fax:023−654−3355