ホーム > 観光・イベント > 観光・文化 > 春の観光イベント
観光・イベント
観光・文化
観光・イベントタイトル

観光・文化

春の観光イベント


  • 天童高原634の松交流イベント情報を更新しました

イベント名
2月中旬〜3月下旬
4月中旬〜5月上旬
4月下旬(土・日)
4月下旬
5月上旬〜5月中旬
5月29日

天童雛飾り  市内旧家に伝わる古今雛や有職雛、享保雛など、古きよき時代の豪華な雛飾りを展示します。
 雛飾りは市内4施設で展示するほか、期間中は温泉旅館でも展示されています。協賛店では、オリジナルの雛料理や雛菓子を楽しむことができます。
 スタンプラリーも行われ、展示施設や協賛店から提供される賞品が当たります。さらに、先着で紅花の種をプレゼント。
 桃色ののぼり旗を目印においでください。
平成28年 開催情報
開催期間  平成28年2月12日(金)〜3月27日(日)
☆ お雛様スタンプラリー ☆
 期間中、対象の展示施設や飲食店・旅館・菓子店でスタンプを集めると、素敵なプレゼントが抽選で当たります。スタンプ2個でフルーツビールセット、天童雛飾りオリジナルワインなどに応募でき、3個集めれば天童温泉ペア宿泊券にも応募が出来ます。

☆ 来場者特典 ☆
 市内貫津の紅花の種をプレゼント(なくなり次第終了)
展示施設 内 容 休館日 入館料
市立旧東村山郡役所資料館
(023-653-0631)
江戸時代から天童の旧家に伝わる雛人形約600体を展示。真田家の押絵雛が特徴的。 月曜日 大人200円、高校生100円、中学生以下無料
将棋むら天童タワー
(023-653-3222)
古今雛と江戸末期衣装人形を展示。ティータイムに雛セット(オリジナルお菓子と飲み物)をどうぞ。 なし 無料
広 重 美 術 館
(023-654-6555)
天童市とその近郊に伝わる古今雛や押絵雛を中心に展示(4/3まで)。併せて浮世絵もご覧ください。 火曜日、3/2・3、3/30・31 大人600円、中高大生500円、小学生300円
天 童 ワ イ ン
(023-655-5151)
代々伝わる古今雛を展示。酒造資料館の見学、ワインの試飲もできます。 不定休 300円
観光物産交流都市である土浦市の観光協会様より、オリジナルのお雛様を寄贈いただきました!
雛飾り期間中、天童市観光物産協会(※)、天童市役所市民ホールなどで展示をします。
 ※この施設のみ期間中いつでも見ることが出来ます。

このほかにも、市報で「オリジナルお雛様」を募集し、応募のあったお雛様を展示予定です。
店舗名 内 容 定休日
割烹 一。久
(023-654-1919)
雛料理(要予約):3,240円コース、4,320円コース。雛ちらし:1,296円。 不定休
将棋むら天童タワー
(023-653-3222)
雛弁当:1,300円(2日前まで要予約) なし
そば処 伊藤屋
(023-653-2079)
そば屋のひな御膳:1,620円、おそばとミニひな寿司のセット。 月曜日
水車生そば
(023-653-2576)
雛そば:1,300円。桜エビと貝柱のかき揚げ、そばサラダなど。 なし
お好み焼 なかまっこ
(023-654-2010)
創作のり巻き風お好み焼き「花車膳」1,500円。デザート付き。 火曜日
昼餉(ひるげ)屋 木犀庵
(023-615-9150)
「昼餉屋 雛御膳」1,500円(1日10食限定)。苺大福作り体験も。 火・水・木曜日
雛菓子
提供店 提供店
アマンデン(023-653-2140)
梅の家(023-653-4783)
大坂屋(023-653-2063)
腰掛庵(023-654-8056)
ハヤシ(023-653-4596)
ボンむらやま(023-654-3274)

【月山和紙でぼんぼりづくり・雛まつりバージョン】<要申込>

●日 時:2月21日(日)13:00〜14:30
●対 象:5歳〜小学生
●参加料:1,500円
●定 員:30個分 ※キャンドルライトのようなイメージです
●場 所:子育て未来館「げんキッズ」2階多目的交流エリア
●申 込:2月1日(月)〜市商工観光課へ(023-654-1111)
 【ひなのお話・紙しばい】<要申込>

みんなで楽しくひなまつりの歌を歌いましょう♪
●日 時:2月28日(日)13:30〜
●参加料:無 料 ※美術館観覧は有料
●場 所:広重美術館
●定 員:親子20組
●申 込:2月1日(月)〜市商工観光課へ(023-654-1111)
【親子でひな菓子づくり】<要申込>

●日 時:3月13日(日)13:30〜、15:00〜
     各回20組
●参加料:1セット100円 ※お子様1人1セット、親子1組で2セットまで
●持ち物:先を細くした割り箸、手拭き用タオル
●場 所:将棋むら天童タワー
●申 込:2月1日(月)〜市商工観光課へ(023-654-1111)
古きよき時代、天童 春物語。「天童雛飾り」
パンフレットはこちら オモテ面中面 PDFファイル

当イベントのお問合わせは…
○ 天童雛飾り実行委員会(天童市経済部商工観光課内)
   電話 023-654-1111
   FAX  023-653-0744
--昨年開催の様子--
人間将棋が大盛況のうちに開催されました!
4月25日・26日に青空の下で人間将棋が開催され、2日間で県内外から9.5万人の観光客の皆様にお越しいただき、大いに賑わいました。

勇壮な駒武者が勢揃い 将棋親善大使のつるの剛士さんが特別対局に参加しました 神輿の威勢のいい掛け声が会場に響き渡ります 花駒踊りが会場を盛り上げます 織田信長が駒武者を指揮します プロ棋士の真剣な対局です ユーモアのある大盤解説が対局を盛り上げました 百面指しでも白熱した戦いが繰り広げられました

当イベントのお問合わせは…
○ 天童桜まつり実行委員会(天童市観光物産協会内)
   電話 023-653-1680
--昨年開催の様子--
しだれ桜まつりにたくさんの皆様にお越しいただきました!
ライトアップされた満開のしだれ桜の下で、しだれ桜まつりが開催されました。むかさり行列や中央公園の屋台村は多くの皆様で大いに賑わいました。

むかさり行列では祝いの唄とともに花嫁花婿が通ります ライトアップされた満開のしだれ桜が幻想的でした 花嫁花婿を大勢の方が祝福しています    当イベントのお問合わせは…
     ○天童桜まつり実行委員会(天童市観光物産協会内)
       電話 023-653-1680

つつじ  織田信長を祀る建勲神社境内に約1万本のつつじが咲き誇ります。
 つつじが見ごろを迎える5月中旬には、真っ赤に色付き、斜面全体がまるで燃えているかのようです。このつつじは、昭和27年に小路青年会が干布の石倉山から、つつじ500本を持ってきて植えたものです。期間中は、つつじのライトアップや地元商店街によるイベントなどが行われます。
平成28年 開催情報
期 間:5月1日(日)〜5月22日(日) 
場 所:舞鶴山つつじ公園(建勲神社隣)

期間中の土・日曜日は、建勲神社境内で織田家ゆかりの「正傳有楽(しょうでんうらく)」のお茶の振る舞いがあります。つつじを愛でながらのお茶はいかがですか。

つつじのライトアップが始まりました!日中の燃えるようなつつじも綺麗ですが、夜のつつじもまた格別です!

☆ つつじのライトアップ ☆
■期間 5月1日(日)〜5月22日(日)
■時間 午後6時〜午後9時 

☆ グモ天祭 ☆
 グモ天こと「グリーンモール天童」が、つつじの里まつりへお越しいただいた皆様をおもてなしいたします。
■日時 5月22日(日)午後1時〜午後5時
■場所 たちばなや薬局前広場(グリーンモール天童商店街内)
■内容 豪華賞品が当たる福引大会、玉こんにゃく・そばの無料ふるまい、昔なつかしい子ども縁日コーナー

☆ 方円流お茶会 ☆
■日時 5月15日(日)午前10時〜午後4時
■場所 広重美術館
■参加料 500円(当日受付)

※ 天童つつじの里祭りのチラシはこちら PDFファイル (1,818KB)

つつじが見頃です イヌツツジ

グモ天こどもランド グモ天そば おいしい!グモ天そば

当イベントのお問合わせは…
○ 天童市商工観光課
   電話 023-654-1111
634  天童高原の標高634m地点には松の木があります。
世界一の高さを誇る東京スカイツリーにあやかり、平成24年5月に「634の松」と命名しました。
そんな「634の松」がある天童高原で、家族でお楽しみいただけるイベントを開催いたします。
平成28年 開催情報
開催日 平成28年5月29日(日)
場所  天童高原キャンプ場周辺特設会場
イベント内容
    明るい未来に向かって634風船飛ばし
    天童高原634鯉のぼり
    第5回天童高原紙ヒコーキ大会(入賞者に賞品があります)
    縁結び634短冊飾り
    天童高原新緑ウォーキング体験
    (事前申し込み制、詳しくは下記をご覧ください)
    押し花体験講座(押し花のしおりづくり)
    かもめのワークショップ(東北芸術工科大学生芸術教室・作品展示)
    トラクター馬車
    あそびの広場、ポニー広場
    お楽しみ屋台村(山菜・野菜の販売、鳥そばなどの販売)
    陸上自衛隊の活動内容PRパネル展示
    餅まき

※ イベントのチラシはこちら PDFファイル

第5回天童高原634の松交流イベントが開催されました
 5月29日、第5回天童高原634の松交流イベントが、天童高原キャンプ場特設会場で開催されました。新緑の季節で天気も良く、絶好のイベント日和となり、来場者数は1,500人でした。
 当日、会場で行われた634風船飛ばしでは、明るい未来になることを願い、大空へ向かって634個の風船を飛ばしました。天童高原紙ヒコーキ大会では、子どもたちが遠くへ飛ぶように工夫して紙ヒコーキを作り、真剣なまなざしで飛距離を競い合いました。そのほかにも、新緑ウオーキングや自衛隊による熊本地震での活動内容のパネル展示、押し花のしおりづくり教室、東北芸術工科大学生によるワークショップなども大人気で、多くの家族連れが満面の笑顔で春の天童高原を満喫していました。

風船飛ばし直前! 紙ヒコーキ大会

かもめのワークショップ かもめのワークショップ トラクター馬車

当イベントのお問合わせは…
○ 天童高原634の松交流イベント事務局(天童市産業立地室)
   電話 023-654-1111 内線 254