ホーム > 広聴・提言 > 提言 > 市政への提言対応状況
広聴・提言
提言
広聴・提言タイトル

提言

市政への提言対応状況


平成29年7月1日〜平成29年7月17日受付分
No.33 動物の保護活動について
【提言・意見】
 テレビ等の影響で、犬猫殺処分ゼロ運動の気運が高まっている現在、ボランティアの方が舞鶴山を中心に、保護活動を行っているのに対し、市ではその方々の活動をやめるよう指導しているようです。全国には、救う活動をしている自治体があります。天童市は遅れていると思います。兵庫県伊丹市などを見習ってほしいと思います。
【対応状況】 所管課等:生活環境課
 最近、飼い主のいない猫のことで、お困りの方が増えており、その原因には、飼い主のいない猫に対し、エサを与えることで猫が集まり、新しい仔猫を産んでしまうことが挙げられます。殺処分を減らすためにも、適正な飼養を実施し、飼い主のいない猫を減らすことが重要だと考えています。また、兵庫県伊丹市では、地域組織が不妊・去勢手術を施し、飼い主のいない猫が増えないようにする取組を行っているようです。市では、村山保健所と協力して、飼い主のいない猫の増加を助長することにつながるような、エサやりが行われないよう御協力を呼び掛けていますので、御理解をお願いします。

No.34 休日保育について
【提言・意見】
 共働き世代が増えている今、市内に日曜保育を実施している施設がなく、非常に困っています。げんキッズ内の一時預かりも3時間以内なので、日曜日に一日保育を実施している施設の設置をお願いします。
【対応状況】 所管課等:子育て支援課
 休日保育の実施にあたっては、一定の利用者とそれに対応する保育士の確保が必要になりますが、国においては休日保育を実施する保育所に対して、保育委託料の加算措置を講じています。また、一時預かり事業においては、土曜日、日曜日、国民の祝日等の開所及び1日9時間以上の開所を行う施設に対しての補助金加算の仕組みも設けられています。これらの制度の周知を含め、事業の実施や充実に向けた民間事業者への働きかけを行ってまいります。
 なお、天童ファミリー・サポート・センターは休日利用にも対応していますので、御相談をいただければと思います。


No.35 障がい児保育とファミリーサポートについて
【提言・意見】
 私の子どもは、先天性の疾患がありますが、そのような中でも認可保育所に入園させていただいたことについては、大変感謝しています。4月の慣らし保育時にどうしても仕事を休むことができず、他の保育所に預かりを依頼しましたが、断られました。ファミリーサポートセンターに登録していたため依頼しましたが、保育が不安とのことで断られました。しかし、いざという時のためにお願いするところを確保しなければならないため、勤務地である東根市のファミリーサポートセンターに相談したところ、快く引き受けてくださり、現在は東根市の協力会員の方に預かりをお願いしています。障がいのある子どもを安心して預けられるような施設やファミリーサポートセンターの体制を強く希望します。
【対応状況】 所管課等:子育て支援課
 保育園へ入園して間もない4月上旬の慣らし保育については、園児と保護者の双方が徐々に保育園生活に慣れていただくため、必要な期間として設定しています。
 この度の天童ファミリー・サポート・センターの対応については、詳細について確認したところ、障がいをお持ちのお子さんを全てお断りしているのではなく、協力いただける会員が見つかればお受けしているとのことでした。今回は、協力いただける会員の方を見つけることができず、申し訳ありませんでした。
 今後、協力会員向けに研修等を企画し、多くのお子さんをお預かりできるようにしていきたいと考えています。

この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部市長公室
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0704