ホーム > 広聴・提言 > 提言 > 市政への提言対応状況
広聴・提言
提言
広聴・提言タイトル

提言

市政への提言対応状況


平成28年3月19日〜平成28年3月31日受付分
No.128 女性の放射線技師の配置について
【提言・意見】
 昨年、天童市民病院にて健康診断を受けましたが、男性のレントゲン技師でした。県内の他の検診施設では、乳がんのX線検査は女性のレントゲン技師が担当してくれます。市民病院に確認すると、女性技師の採用予定は無いということです。女性に優しくないと思います。
【対応状況】 所管課等:市民病院事務局、総務課
 天童市民病院では、現在3人の男性の診療放射線技師を配置しています。女性技師の配置につきましては、近年の乳がん検診受診者の増加を受け、優先的に取り組む課題であると考えています。現在の職員体制の中で直ちに女性の技師を採用することは困難ですが、今後、女性の技師配置に向けて計画的に職員採用を行ってまいりますので、御理解をお願いします。

No.129 保育園と児童館の運営について
【提言・意見】
 児童館と保育園について、名称、管轄は違いますが、未就学児の保育をするのが目的であることに違いはないと思います。児童館は、卒園から入園までの2週間の連続休暇やお盆に合わせた10日ほどの休暇、年末年始休暇があります。市内の保育園もこのような休みがあるのでしょうか。
 確かに昔は祖父母が家にいることが多かったのでしょうが、今は定年後も働く方も多く、親も共働きで保育施設の利用が必要です。今の時代に合わない児童館の運営を見直し、早朝や延長保育が出来るようになったら本当の子育て支援になると思いますので、御検討をお願いします。
【対応状況】 所管課等:子育て支援課
 保育園は、両親が共働きであるなどの理由により保育を必要とする児童のための施設ですが、児童館は、児童に健全な遊び場を与え、その健康を増進し情操を豊かにするための施設として位置付けられています。児童館が保育園のように早期保育や延長保育に対応しておらず、休館日も保育園より多く、一方、使用料が保育園の保育料よりも低く設定されているのは、この違いによるものです。
 児童館の運営に関しては、保護者を始め、地域の皆様から、様々な御意見をいただいておりますので、今後、本市における就学前施設の在り方を検討してまいります。


No.130 ホームページの更新について
【提言・意見】
 年度末ですが、ホームページのごみ・環境コーナーにある表記内容の更新がされていません。このコーナーだけでなく、全体の更新が遅いのではないでしょうか。せっかくのホームページが役にたちません。
【対応状況】 所管課等:市長公室、生活環境課
 現在のホームページは、ページの担当課が情報の更新と削除の入力を行い、広報係が最終の公開作業を行っています。平成28年度のごみ収集日程表は3月31日に公開しました。
 御提言のように、更新が遅いページも見受けられますので、今後も年度替わりや制度の改正など、随時更新作業を行うように働きかけ、より良いホームページにしていきたいと考えています。


No.131 市メールの容量制限等について
【提言・意見】
 分館主事をしています。会社に勤務しているため、平日に市立公民館に行くことができないので、原稿や写真などをメールで送信することがありますが、容量が大きい写真などは送ることができません。天童市のメールの規制条件等をお知らせください。また、2MB程度まで利用可能にしていただければと思います。
【対応状況】 所管課等:総務課
 容量の大きいメールの処理によるシステムダウンを防ぐため、メールの容量制限を設けています。メールの制限については、添付文書も含めて2MB程度までとなっております。御理解をお願いします。
この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部市長公室
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0704