ホーム > 広聴・提言 > 提言 > 市政への提言対応状況
広聴・提言
提言
広聴・提言タイトル

提言

市政への提言対応状況


平成22年6月18日〜平成22年7月1日受付分
No.55 寒河江街道天童中部小付近交差点の雨水排水機能の充実について
【提言・意見】
 天童中部小学校近くの新寒河江街道との交差点は、雨がたくさん降り続くと、交差点中心に向けて東西南北から雨水が集中し、横断歩道はひどい時は、足のくるぶし位までの水位となります。
 県道と市道の交差点ということもあり、話を進めることは大変かと思いますが、水はけのよい歩行者に優しい交差点にしていただくようお願いします。
【対応状況】 所管課等:建設課、下水道課
 当該区域の雨水排水は、雨水「倉津川第3排水区」として位置付けし、既に整備されています。
 国道13号からJR奥羽本線までの当該区域を含む倉津川の流域においては、倉津川本体の流下能力が不足している状況にありますが、市では必要な雨水幹線の整備について、河川を管理する県と協議しながら計画に基づき整備を進めている状況です。

No.56 谷地街道久野本地内踏切の拡幅について
【提言・意見】
 久野本地区から柏木町への道路ですが、天童高校と四中の生徒の通学路や谷地、羽入、寒河江方面への通勤などで利用している車がよく通る道路となっています。線路上で対向車とのすれ違うことが難しいため渋滞してしまいます。子どもたちの安全も心配されます。
 安全と渋滞緩和のために、線路入口幅を南側にあと5メートルほど広げていただくようお願いします。
【対応状況】 所管課等:建設課、学校教育課
 ご提言の箇所については、山形新幹線の新庄延伸に際し、市内踏切の統廃合が図られた中、現状のままの存続をJRに要望した経過があります。
 また、旧国道13号から踏切までの県道の拡幅改良事業が行われた際には、事業の中で踏切の拡幅ができないか、県と協議しましたが、新庄延伸に伴うJR協議や踏切西側沿道の状況から、拡幅は難しいとの判断が示され今日に至っています。
 さらに、昨年、県村山総合支庁道路課から現地調査を行っていただき、改めて検討を依頼しましたが、JRからは踏切だけの拡幅改良は出来ないとの回答がありました。
 この場所は、生徒の登校時に渋滞することがあります。第四中学校では安全指導に力を入れるとともに、定期的に教職員やPTAによる立哨指導を行うなどの安全対策を行っており、児童生徒の安全が確保されるように、学校等関係機関や関係団体と連携していきます。
この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部市長公室
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0704