ホーム > 広聴・提言 > 提言 > 市政への提言対応状況
広聴・提言
提言
広聴・提言タイトル

提言

市政への提言対応状況


平成21年10月16日〜平成21年10月29日受付分
No.82 ふれあい荘の衛生状態及びふれあい荘・ゆぴあの障がい者の入浴料無料化について
【意見・提言】 
 天童温泉「ふれあい荘」についてですが、利用者の話によると湯船は垢が浮いていたり、シャワーは水であると言っていました。これが事実だとすると、衛生的に問題あるかと思います。いくら塩素入れても垢が漂っていれば入る気にはなりません。
 次に「ふれあい荘」、「ゆぴあ」についてですが、寒河江市運営の寒河江市民浴場は、障害者だと無料で入れます。天童はなぜ無料化できないのでしょうか。寒河江市が出来るのですから同じ市であり、出来ないことはないと思います。障害者に優しい市になってください。
【対応状況】 所管課等:社会福祉課、生活環境課
 ふれあい荘のシャワーについては、水道の減圧弁の不具合で利用者にはご不便をおかけしていますが、現在修理の手配をしています。
 湯船の浮遊物については、循環装置により除去を行い、利用者には気持ち良くご利用いただけるようにしています。
 ふれあい荘とゆぴあの利用料金については、ノーマライゼーションの精神に基づき、健常者と障がい者を区別することなく同一料金でご利用いただいています。
 なお、ふれあい荘では、介助を必要とする障がい者の方が入浴される場合、介助者一人の入浴料を免除する取扱いをしています。
 また、ゆぴあには、車椅子で来られた方も入浴できる、障がい者用浴室「ほのか」もありますので、御利用ください。

No83 モンテディオ山形への支援について
【意見・提言】
 現在J1残留をかけて頑張っているモンテディオ山形のサッカースタジアムが山形市に移転するという噂を耳にしました。
 私たち天童市民にとってホームが天童にあるというのは、経済効果をはじめ計り知れないメリットがあると思います。天童市は、これをぜひ阻止してほしいのです。そのためには、若手選手の住居として空き住宅等を安く提供したり、食事を安く食べられる協力店という形に加盟してもらったり(体が資本の若者が自己負担で何と3食全て外食という現実)等、市民のサポートでできることを増やし、天童独自のカラーを出したらどうかと思っています。私たちのためにも何とかチームを助けてください。
【対応状況】 所管課等:文化スポーツ課
 モンテディオ山形の支援については、ホームタウンTENDO推進協議会が中心となって、市民応援デーの開催、応援のぼり旗の作成、シャトルバスの運行などを行っています。市民の方々からも、商店街による応援のぼり旗の設置やおもてなし事業の実施、天童青年会議所による全地区パブリックビューイング、干布地区や長岡地区のサポーターズクラブの結成と応援など、様々な支援をいただいています。このような市民の皆さまの自発的・主体的な運動こそが、モンテディオ山形のJ1残留に大きなエネルギーになると考えています。
 御心配いただいている住宅や食事については、山形県スポーツ振興21世紀協会にお伝えしますが、市民の皆様方より更なる支援を賜りますようお願いします。
 モンテディオ山形の本拠地が本市に留まるためには、ホームゲームの際に、大勢の市民がスタジアムに足を運び、モンテディオ山形に寄せる熱い思いを行動で示すことが、何よりも必要だと考えています。

No.84 ミニサイズごみ袋の販売について
【意見・提言】
 我が家は、主人、私、5歳、2歳の子供の4人家族です。下の子もおむつがはずれ、ゴミが減りました。「エコ」を心がけ、チラシやお菓子の箱など紙のゴミは資源回収に出します。この頃は燃えるゴミ小の袋ですと大きすぎるほどです。
 生ゴミは貯めておきたくないし、アパートなのでゴミスペースは少ないので、ミニサイズゴミ袋でこまめに出したいのです。
 ゴミを減らすエコ意識が高い今こそ10枚200円のミニサイズゴミ袋がほしいです。コストが高くなってしまうでしょうか。ぜひご検討ください。
【対応状況】 所管課等:生活環境課
 本市のごみ処理については、三市一町の共同で行っており、ごみ袋の種類や大きさも統一されています。
 燃やせるごみの袋は、35リットルと25リットルの2種類となっており、それぞれの家庭の世帯人数によって、ごみ袋の大きさの需要は異なると思いますが、大きさは3市1町の全世帯における需要量を勘案して決定されており、さらに種類を増やした場合コスト高となりますので、現状の2種類が適当と考えています。
この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部市長公室
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0704