ホーム > 広聴・提言 > 広聴 > 市政への提言対応状況
広聴・提言
広聴
広聴・提言タイトル

広聴

市政への提言対応状況


平成22年1月29日〜平成22年2月11日受付分
No.89 3歳未満児の児童館への入館について
 孫がまもなく3歳になりますが、児童館には3月末現在で満3歳以上でないと入れません。誕生日が4月だと1年待たなければなりません。児童館に空きがあるのであれば、誕生日を迎えて満3歳になれば入れるようにしていただけないでしょうか。
 天童市は子育て支援に力を入れているので、ぜひお願いしたいと思います。
【対応状況】 所管課等:子育て支援課
 児童館の児童数は、入館対象地域を市内全域に拡大したことから、増加する見込みです。現在、児童館では、3歳以上児の集団保育を行っています。3歳未満児は3歳以上児に比べ食事や排泄、睡眠、衣類の着脱などに多くの援助が必要である等の課題もありますが、平成22年度に、児童館の在り方について検討する予定ですので、その際に併せて検討したいと考えています。

No.90 職員採用試験の受験年齢の引上げ及び社会人経験枠の創設について
 職員採用試験の受験年齢の上限を県職員採用試験と同じ年齢に引き上げていただくことと、民間経験5年以上などの社会人経験者枠を設けていただくようお願いします。
 県職員採用試験の年齢が40歳までということもあり、県と同年齢まで受験できる市もありますし、社会人経験枠を設けている市もあります。
 我々30歳代の者に、自分が長年生活し、愛する天童市のために仕事をさせていただくチャンスをいただけないでしょうか。強く希望させていただきます。
【対応状況】 所管課等:総務課
 本市では、年々年齢要件を引き上げており、平成21年度に実施した上級行政及び上級土木の区分の年齢要件につきましては、2歳引き上げ「31歳」として実施しています。
 職員採用試験の年齢要件については、応募状況や社会動向等を把握しながら、今後とも調査研究して実施していきます。
 また、採用区分に社会人枠を設けることは、現在の社会経済状況を考慮すると、雇用機会を公平に確保する観点から馴染まないのではないかと考えています。
この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部市長公室
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0704