ホーム > 広聴・提言 > 広聴 > まちづくり懇談会の提言に対する対応状況
広聴・提言
広聴
広聴・提言タイトル

広聴

まちづくり懇談会の提言に対する対応状況


荒谷まちづくり懇談会
No.1 県道の整備について
【提言・意見】
 公衆街路灯の移設と新設については、早急に対応していただき、ありがとうございます。
 昨年も要望しましたが、上荒谷地内の主要地方道天童寒河江線と主要地方道山形山寺線のT字路部分の整備について、進捗状況はどのようになっているのでしょうか。荒谷橋の架け替え工事の兼ね合い等があると思いますが、早急に改修工事をしていただくよう県に強く要望をお願いします。
【対応状況】所管課等:建設課
 上荒谷地内の主要地方道山形山寺線の、主要地方道天童寒河江線とのT字路交差の部分から西の区間で、歩道が設置されていない部分の210m区間の整備を、市の重要要望として県に要望しているところです。県からは、荒谷橋の架け替え工事が進んだのちに、検討していくとの回答をいただいています。
 県では、主要地方道山形山寺線に主要地方道天童寒河江線がT字交差する形で、山形山寺線が優先となっている現在の形状を、荒谷橋の架け替えに伴い、小学校前の通りである天童寒河江線が優先道路となるよう改修する計画とのことです。T字路交差点の改修は、今年度から用地補償を行う予定であり、荒谷橋の施工に併せて工事を進めたいとの意向を、県から確認しております。


No.2 公衆街路灯について
【提言・意見】
 県総合運動公園の南側の道路に街灯を設置してほしいとの要望に、早急に対応していただき、ありがとうございました。しかし、葉が茂ってくる時期になると覆いかぶさり、街灯が遮断されますので、もう少し街灯の数を増やしていただだきたいと思います。
【対応状況】所管課等:生活環境課
 県総合運動公園南側の道路については、大きな街路樹により、葉が生い茂る時期になると公衆街路灯の光が葉に遮られることがあります。そのため、夜間の通行に支障がないように、今後対策を講じてまいりたいと考えております。


No.3 地域包括ケアシステムについて
【提言・意見】
 地域ケアシステムについては、研修に参加しましたが、地元でどのようにして居場所を作っていくのか理解ができない部分がありました。実際に地域で取り組むにあたって、具体的な流れを伺いたいと思います。また、市からも指導やサポートをお願いしたいと思います。
【対応状況】所管課等:保険給付課
 地域包括ケアシステムとは、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを最後まで続けられることができる、暮らしを支えるネットワークのことを示し、たとえ病気や介護が必要な状態となっても、医療・介護の仕組みをうまく活用し、本人が希望すれば在宅で最後まで生活できるような仕組みなどを総称したものです。
 それぞれの地域では、これまでどおり地域活動を続けていただくことが一番重要であると考えますが、居場所づくり事業等を無理のない範囲で実施していただけるよう、地域の実情を考慮した上で、活動支援費を交付できるような事業をつくりました。この事業については、市と市社会福祉協議会で実施の支援を行いますので、地域の機運を高めていただくとともに、実施の際には御協力をお願いしたいと考えます。
 また、居場所づくり事業が順調に進めば、次の段階として、地域課題を議論する場に繋がり、それを、少しでも解決に結び付けられるよう対応策を実施していくことが望ましい方向性と考えます。


No.4 消防団可搬ポンプの更新について
【提言・意見】
 消防団荒谷第10分団第3部は、今年の東南村山総合訓練大会において、3位に入賞しました。消防団員の2か月にわたる訓練の成果と感じています。
 しかし、可搬ポンプの老朽化が激しく、他の分団から借りて出場したところです。更新の御配慮をお願いします。
【対応状況】所管課等:消防本部
 可搬ポンプなど消防団の車両や資機材については、経過年数・ポンプ性能などを勘案し優先順位を定めて更新を行っています。
 第10分団第3部の可搬ポンプについては、積載車両も含め平成31年度の更新を予定していますので、御理解をお願いします。


No.5 通学路の安全確保について
【提言・意見】
 荒谷地内においては、小中学校の通学路について、農道の中の狭い道が多くなっています。
 今年の6月29日に、警察や教育委員会、学校と一緒に年1回の通学路点検を行いました。通学路の安全確保の取組みについて、年1回だけではなく、冬場にも点検を行うなど、より安全性を高めるため、点検回数を増やすことが必要と思いますが、どのように考えますか。子どもの安全を守ることは大人の責任でもあると思います。
【対応状況】所管課等:教育総務課
 通学路における危険箇所については、市、教育委員会、道路管理者及び警察署が合同点検のうえ必要な対策を検討し、これまでに横断指導線の設置や注意喚起文字「横断者注意」表示の対策を行ったところです。より安全な通学路となるよう、随時、通学路の確認を行っていきます。点検については、毎年6月に実施していますが、課題が見つかった場合には、すぐ実際に現場に行って点検するなど今後も継続して行っていきます。


No.6 今後の教育について
【提言・意見】
 今後、子ども達への教育をどのようにしていくか伺います。
 来年、天童市は市制施行60周年を迎えます。是非、このことを小中学校の教育に入れていただき、子ども達に市の歴史などを教え、郷土愛を育むべきではないかと思います。
【対応状況】所管課等:学校教育課
 今後の教育については、大変重要な問題だととらえています。本市では、「自立」「共生」「創造」の3つを掲げて教育活動に取り組んでいます。「自立」と「共生」は、過去から未来まで変わらないテーマだと思っています。本市では、苦しさに負けず頑張る力、誰とでも手を結んで助け合いながら共生していく力を目標としています。そして、今年度新たに、「創造」という目標を掲げました。具体的なものの例として、ICT教育と英語教育があげられます。ICTを用いて未来をどうしていくのか、災害等に生かしていくことができないのかなどを考え創造する力や、異文化を認め受け入れ、新たなものを育むことができるような創造力を育成したいという目標です。
 次に、本市の歴史教育についてですが、これも大変重要なことと認識しています。市の歴史については、小学校の社会科において取り扱うことになっています。また、地域をよく知るために、体験活動等を通して地域の先生から伝統や文化などを教えていただいたり、地域の協力をいただいたりしながら学習を進めてまいります。
 市制施行60周年の事業についても、現在検討中ですが、ぜひ子ども達の元気な姿を見られるようにしたいと考えています。


No.7 市道の整備について
【提言・意見】
 干布地区の市道温泉原町線については、中学生の通学路になっており、荒谷地区からも生徒が通っています。この道路は、道路幅が狭く、冬期間は除雪によりさらに狭まることから、道路と歩道を区分するなどの整備を進めていただきたいと思います。
【対応状況】所管課等:建設課、教育総務課
 市道温泉原町線は、天童市道路整備計画の中で外環状道路を補完する補助幹線道路に位置付けられています。当路線については、今年度中に天童市道路整備計画の幹線道路の見直しを行います。その中で、本線のルートや整備計画について、検討していきたいと考えております。
 幹線道路の整備は、国の補助金を活用しながら整備を進める路線でもありますので、現在、市が補助事業で取り組んでいる路線の早期完成を図りながら、今年度見直しする道路整備計画を参考に未整備箇所の優先順位を検討していきたいと考えています。
 今年8月26日に市道清池南小畑線が供用開始となりましたので、次の整備路線としては、来年度から、わくわくランドから下貫津に延びる幹線道路の整備を行ってまいります。
 なお、喫緊の課題として、当該路線の中学生の通学路が問題であることも認識しておりますので、現在進めている事業とは別に、生徒の安全確保を図るための歩道等の整備が行える手法がないか、検討をしてまいります。


No.8 ドモスの利便性向上について
【提言・意見】
 高齢化社会になり、高齢者の交通事故が多いように感じます。しかし、免許証の自主返納をしたくても、市内の交通機関がままならないため、返納したくてもできないという方がいらっしゃるのではないでしょうか。
 天童市にはドモスがありますが、利用者が少ないと聞いております。利便性向上の方策等をお聞かせください。
【対応状況】所管課等:生活環境課
 ドモスについては、定路線乗合型と区域乗合型の二つの形態で運行しています。荒谷地域については、定路線乗合型の運行となっています。
 利用者については、平成28年10月に区域乗合型エリアの拡大や地域説明会などにより増加傾向にありますが、今後とも、適宜、区域乗合型エリアの拡大や停留所の増設、運行時間や運行経路の見直しなどを行い、利便性の向上に努めてまいりたいと考えています。


No.9 赤い羽根共同募金の募金額について
【提言・意見】
 赤い羽根募金について、八千代台町内会では、一戸あたり450円支払っていますが、市が一戸当たりの寄附金額を決めているのでしょうか。以前は100円だったように思います。
【対応状況】所管課等:社会福祉課
 赤い羽根共同募金については、市社会福祉協議会が実施する事業であることから、その募金額について、市社会福祉協議会に確認したところ、全国でお願いしている募金額を参考として、本市においては20年以上、1世帯当たり450円を目安としてお願いしているとのことでした。
 しかしながら、必ずしも、その金額でなければならないものではなく、あくまでも、「相互扶助」の観点から、活動の趣旨に御賛同いただける世帯から、御協力いただける金額でお願いしたいと考えています。


No.10 ふるさと納税について
【提言・意見】
 ふるさと納税の高額な返礼品を抑える旨の通知が政府から出ていますが、市の対応状況はどうなっていますか。 
 また、ふるさと納税について、寄附額を市に問い合わせたところ、ホームページを見てくださいとの回答でした。高齢者で、インターネットをしている方は少ないと思います。市に行けば閲覧できるのでしょうか。
【対応状況】所管課等:ふるさと納税推進室
 今年の4月に国から、ふるさと納税の健全な発展を図るため、返礼品の割合を3割以内とすることなどの内容の通知がありました。これを受けて本市では、9月1日から、高額及び資産性の高い返礼品について廃止するとともに、返礼品の割合を寄附金額の3割以内と変更するなど、通知に沿った内容で見直しを行っています。
 ふるさと納税については、天童が持っている優秀なブランドを全国にお届けし、天童をPRしていきたいと考えており、このふるさと納税制度が恒久的に継続される制度になるよう、適切に運営していきたいと考えています。
 また、ふるさと納税の実績等については、毎年10月1日号の市報で運用状況を公表していますので、御覧ください。


No.11 これからの農業について
【提言・意見】
 20年前の農業情勢と現在の農業情勢は全く違っています。現在の農業を担っているのは、いわゆる団塊の世代であります。次の世代の農業を担う後継者も少なく、また耕作放棄地も多くあり、10年後の農業がどうなっているのか非常に心配です。現在、第七次総合計画の策定中とのことですが、天童市の農業像、今後の農業をどのようにしていくのかをお伺いします。
【対応状況】所管課等:農林課
 農業政策も時代とともに変わってきています。現在、農業の担い手となる新規就農者は増えていますが、一方、耕作放棄地は約20ヘクタール前後で、ここ数年横ばいとなっております。
 国の施策である農業次世代人材投資資金(旧青年就農金)は、5年間にわたり補助金を交付し、その間に自立するための力をつけるというものです。このような施策により若者が農業を始めていることも事実です。
 農業政策は膨大な金額にもなりますので、市が単独で政策を成し遂げていくのは難しいと思いますが、国や県の政策に上乗せをしていくことは可能と思われます。国の制度を注視しながら、その制度の中で、本市でできる部分については、市として責任を持って、農業政策を実施していくべきだと考えます。
 若い方が農業で生活できるような一定の規模、収入を確保できる農業でなければなりません。農業次世代人材投資資金などを活用し、本市の農業を担う後継者を確保しながら、本市の農業を守っていきたいと考えます。
 そして、いい商品を生産して、高く買っていただけるよう、皆さんと共にさらなる努力をしていきたいと思います。


No.12 いじめについて
【提言・意見】
 学校でいじめのアンケートを実施していますが、アンケートの結果が全てになっているのではないかと懸念しています。アンケートに現状を書けない子どもや保護者もいるのではないでしょうか。
 また、学校で把握したいじめや先生とのトラブルは、教育委員会には報告されているでしょうか。
 また、発達障がいなどの子どもの情報が、先生の間で共有されていないことがありますので、情報共有の徹底をお願いします。
【対応状況】所管課等:学校教育課
 山形県のいじめに関するアンケートが年2回行われていますが、本市では、その他にも学校毎にアンケート等を行っています。アンケートに書くことができない子どももいることから、アンケートに限らず、担任が面談を行ったり、スクールカウンセラーや相談員等が対応したりするなど、様々な手立てをとっていじめの悩みから救えるようにしています。学校現場では、子どもの些細な言動からいじめを察知する力を、研修会等を通じて培っています。引き続き、日々の努力を怠らず、子どもを見る教員の力を高めていきたいと考えています。
 アンケートや様々な方法で認知されたいじめは全て教育委員会に毎月報告されていますが、先生とのトラブル等についてもすべて報告されているということではありません。今後、校長会等を通じて、いじめだけでなく、様々な問題について報告をするよう指導していきたいと考えています。
 また、発達障がいについては、研修会等を開催して理解を十分に深めていますが、情報共有など足りない面も考えられますので、今後も理解が深まるようにしてまいりたいと考えています。


No.13 荒谷橋架け替え工事の進捗状況について
【提言・意見】
 荒谷橋の架け替え工事についても進捗状況、今後の見通しはどうなっているのでしょうか。今年度は、何もされていないように見受けられます。工期は平成31年3月までと聞いています。それまでの間、取り付け道路の部分の草が繁茂してきますので、橋だけに限らず同時に取り付け道路の整備も進めていただきたいと思います。
【対応状況】所管課等:建設課
 荒谷橋架け替え工事の状況ですが、平成27年度までに橋の下部工が完成しており、現在は、橋の上部工の工場製作を行っている段階で、平成31年3月末までに現地に据え付けられる予定とのことです。その後、橋の路面工事や取付け道路の整備を行って、平成33年度に開通したいと県から伺っています。
 市としても、この路線の重要性は十分認識しており、早期完成に向け、重要事業として要望を行ってまいりますので、御理解を頂きたいと思います。
 草の繁茂に関しては、村山総合支庁にお伝えし、9月末に草刈りを行っていただいています。


No.14 山寺との連携について
【提言・意見】
 山寺で観光ボランティアをしています。観光客も年々増えている傾向にあります。山寺と荒谷は歴史的なつながりがあるにもかかわらず、山寺でイベントがあっても、天童市民には周知されていません。天童市と山寺が唯一つながっているのは、観光駅馬車だけです。天童市の観光ボランティアガイドでさえ、山寺のことを詳しく分かっていません。
 山寺は年間70〜80万人もの観光客が来ますので、天童市もつながりを持っていただき観光戦略を図ってはいかがでしょうか。
【対応状況】所管課等:商工観光課
 市としては、天童高原と山寺の道路を整備し、本市と山形市のお互いの観光資源を生かしたいと考えていますので、山形市と話し合いをしながら、進めていきたいと考えています。
 観光客の誘致については、山寺の観光客が天童温泉に宿泊していただけるよう、観光プランの作成等を観光会社や天童観光物産協会、天童温泉協同組合や山寺観光協会等の観光団体と協議しながら進めていきたいと思います。
 また、やまがた地域観光ボランティアガイド協議会において、山寺観光ガイド「山寺きざはし会」や「天童駒ガイド会」をはじめ、近隣市町のボランティアと交流を兼ねて研修会を実施しました。お互いの情報交換を図りながら、観光振興に努めていきたいと考えています。


No.15 山寺からの交通手段について
【提言・意見】
 山寺の観光客が、せっかく天童市内を観光したくても、交通手段がなく、大変もったいないと感じています。天童市内に向かう交通手段がないために、仙山線を利用せざるを得ず、山形市内や蔵王に向かう観光客が多数います。もっと交通の便をよくすれば、天童市内を観光する方が増えると思います。天童に来たいという方をおもてなしの心で迎えたいと思っています。検討をお願いします。
【対応状況】所管課等:商工観光課
 天童と山寺を結ぶ観光駅馬車の運行について、実施主体の天童温泉協同組合と運行回数の増加などについて、協議していきたいと考えています。


No.16 Jアラートについて
【提言・意見】
 北朝鮮において、ミサイルを飛ばすなどして騒がせています。Jアラートについて、エリアメールを受信できない、携帯電話を持たない層への情報伝達の方法は、どのように考えているのでしょうか。
【対応状況】所管課等:危機管理室
 現在、本市では、携帯電話をお持ちの方には、エリアメールや登録制メールで緊急情報を伝達しています。
 携帯電話をお持ちでない方への情報伝達の方法として、テレビやラジオ等による広報と、Jアラートと連動し、屋外スピーカーから一斉に広範囲へ情報発信できる同報系防災行政無線などがあります。同報系防災行政無線は、大雨や強風の際には音声が届かないことや整備費・管理費が膨大となることが課題となっています。このため、携帯電話をお持ちでない方も含めた情報伝達について、調査研究を行っておりますので、御理解をお願いします。

この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部市長公室
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0704