ホーム > 市政情報 > 統計 > 就業構造基本調査
市政情報
統計
市政情報タイトル

統計

就業構造基本調査


  • 平成29年就業構造基本調査を実施します

■□調査の概要
就業構造基本調査は、国が「統計法」に基づいて5年毎に実施する重要な統計調査で、日本の就業状態などを把握するために行われます。調査対象となるのは、全国から無作為に選ばれた世帯に住む、15歳以上の人約108万人で、調査の結果は各種雇用政策、少子・高齢化対策などの基礎資料となります。
■□調査の期日
平成29年10月1日現在
■□調査の対象
今回の調査では、天童市では30の調査地区が総務大臣によって指定されています。その中から無作為に約480世帯が選ばれ、 そこに住む15歳以上の人 が調査の対象となります。
■□調査事項
調査票は以下のような項目があります。
(1)すべての人について
男女の別、出生の年月、教育の状況、育児・介護の有無など
(2)普段仕事をしている人について
雇用契約期間、仕事の内容、1週間あたりの就業時間、現職に就いた理由など
(3)ふだん仕事をしていない人について
就業希望の有無、希望する職種、求職活動の有無など
※調査票に記入された内容は厳重に保護され、統計を作成・分析する目的以外(税の資料など)に調査票を使用することは絶対にありません。
■□調査の流れ
   ・8月下旬〜・・・・・・30の調査地区内にあるすべての世帯   に、統計調査員が調査に関するチラシを配布します。
   ・9月中旬〜下旬頃・・・事前にチラシを配布した世帯の中か    ら、無作為に調査の対象となる世帯が選ばれます。選ばれた世帯   には、調査依頼のはがきをお送りします。
   ・9月下旬・・・・・・・統計調査員が調査票の配布に伺います。
   ・10月1日・・・・・・この日現在の就業状況を記入してください。           ※今回からインターネットでも回答できるようになりました。インターネットで回答す   る方法又は調査員に調査票を提出する方法どちらか選んで回答をお願いします。       ・10月1日〜・・・・・紙で調査票を提出する方について、統計調査員が調査票の回   収に伺います。
★インターネットでご回答ください!
就業構造基本調査では、今回からインターネットでの回答が可能になりました!
インターネットでの回答は、安心のセキュリティ、簡単な作業、24時間いつでも回答可能など、たくさんのメリットがあります。

 ぜひ!インターネットでご回答ください!

●調査へのご理解とご協力をお願いします
統計法では、調査員をはじめとする調査関係者には厳格な守秘義務が課せられております。統計を作成・分析する目的以外に調査票を使用することは絶対にありません。また、正確な統計を作成するために、 調査票に記入して提出する義務が定められています 。該当のお宅に訪問した際は、ご協力をお願いいたします。
●不審な調査員にご注意ください
   調査員は、県知事から任命された
   「顔写真入りの調査員証」 を身につけており、調査地区   内の世帯の確認や、調査票の配布・記入依頼及び調査票の   回収は、同じ調査員がお伺いします。
   調査員を装った不審な訪問者や、不審な電話などにご注意   ください。不審と思った際には回答せず、市総務課までご   連絡ください。
●リンク
調査に関する詳細は、総務省統計局の
就業構造基本調査に関するページ (総務省統計局ホームページ)をご覧ください。
この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部総務課
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0704