ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 男女共同・市民参画
市政情報
施策・計画
市政情報タイトル

施策・計画

男女共同・市民参画


  • 男女共同参画週間

6月23日から29日は「男女共同参画週間」です。

平成30年度のキャッチフレーズは、「走り出せ、性別のハードルを超えて、今」です。男性と女性が、職場で、学校で、地域で、家庭で、それぞれの個性と能力を発揮できる「男女共同参画社会」を実現するために、この期間に私たちのまわりの男女のパートーナーシップについて考えてみましょう。

期間中は、男女共同参画を深めることを目指し、天童市役所1階市民ホールにてパネル展を開催します。パネルのほかに男女共同参画に関するパンフレットなど配置しますので、ぜひご覧ください。

男女共同参画週間について 詳しくはこちらをご覧ください(内閣府男女共同参画局ホームページ)


市民参画推進の手引きは、下記のファイルをご覧ください。
市民参画推進の手引き PDFファイル (505KB)
「男女共同参画」とは?
 本来、人は性別にかかわらず個人として尊重され、それぞれの能力に応じて等しく教育を受け、その可能性を伸ばし、自己実現を目指していく権利があります。憲法においても、人権の尊重と平等がうたわれ、これまで男女平等社会の実現に向 けたさまざまな取り組みが進められてきました。
 男女平等社会とは、性別を理由に社会活動に制約を受けたり、男女の役割が固定化されない社会であり、社会的・文化的に形成された性別に縛られない一人の自立した個人として多様な生き方が選択できる社会であります。また、自らの意思で、社会のあらゆる分野に対等なパートナーとして参画し、かつ、その責任を分かち合う社会でもあります。
 このような社会を構築するためには、男女が共同で、性別による不平等な扱いや 女性への人権侵害、男女の固定的役割などを解消し、家庭、地域、社会などあらゆる分野で男女共同参画を推進していく必要があります。
 また、近年の少子高齢化、核家族化などの社会情勢の変化に対応していくためにも、男女が互いにそれぞれの人権を尊重し、共に社会を支え合う事が必要です。男女が共に参画する社会を形成する活動は、男女それぞれの意識や生き方に深くかかわる問題であるとともに、21世紀の新たな社会を構築する大きな原動力になります。
第三次天童市男女共同参画推進計画 〜てんどうハーモニープラン〜
 天童市では、男女共同参画を積極的に推進するため、平成28年3月に、これまでの計画を継続・発展させる新たな「第三次天童市男女共同参画推進計画」を策定しました。
 計画期間は、平成28年度から平成32年までの5年間です。男女が互いにその人権を尊重し、社会の対等な構成員として活動に参画し、その個性と能力を十分に発揮できる社会「一人ひとりが認め合い いきいきと輝き 支え合うまち 天童」を目指して、男女共同参画社会の推進を図ります。
 天童市男女共同参画社会推進計画に基づき、市民が主体となって家庭や地域、職場などのそれぞれの立場で男女共同参画を推進するため、「天童市男女共同参画社会推進委員会」が平成13年10月に設立されました。

●委員構成 市内の各種団体から推薦を受けた方や有識者、公募で選ばれた方など(計30人以内)で構成され、任期は2年です。「企画・事業部会」と「広報・調査部会」の2つの部会で活動しています。
●事業内容 啓蒙、普及活動としての講演会や各地域での「タウンミーティング」の開催、広報紙「ぽっぷ」の発行を行っています。
男女共同参画を進めるための標語を募集しました
 男女共同参画を一人一人の身近な問題として考える機会をつくり、意識の高揚を図るため、7月から8月にかけて、「男女共同参画を進めるための標語」の募集を行い、711作品の応募をいただきました。次のとおり最優秀賞・優秀賞を決定し、平成29年11月28日に表彰式を行いました。たくさんのご応募ありがとうございました。

平成29年度
最優秀作品
支え合い 男女で作ろう 笑顔の街  伊藤謙伸さん(天童一中3年)
優秀作品
男女とも 同じ気配り 思いやり   保坂礼良さん(天童一中3年)
見つけよう 男女で創る 生き方を  井澤怜那さん(天童二中3年)
育メンも キャリアウーマンも かっこいい 吉田天理さん(天童高校1年)

過去の入賞作品はこちらから
PDFファイル (167KB)

【男女共同参画を進める「市民の集い」を開催しました】
 男女共同参画社会の実現に向けた理解を深めるため、16回目となる天童市男女共同参画を進める「市民の集い」を開催しました。

 
と き 平成30年2月3日(土)午後2時から
ところ 天童市市民文化会館 大集会室
内 容 1部 演劇 「マスオ、主夫になる」
          天童高等学校演劇部
    2部 講演 「女性が多いと会社は楽しい」
          キャド・キャム株式会社 代表取締役 齋藤士郎さん 


【第2回タウンミーティング『楽しく学ぼう防災講座』を開催しました】
 今回は、男女共同参画の視点から防災について講座を行いました。ワークショップでは、班ごとに非常持ち出し袋の中に何を入れるか考えて発表し合いました。その後、牛乳パックで「24時間キット」を作りました。牛乳パックの中には、お菓子、野菜ジュース、缶詰、マッチなど詰め込み災害時に利用できるものができました。

●日 時 平成29年11月12日(日)午前10時から12時まで
●場 所 天童市健康センター 
●内 容 ワークショップ「非常持ち出し袋の中身を考えよう」
     牛乳パックで「24時間キット」づくり  
     講 師 防災士 伊藤和美氏(NPO法人明日のたね)

天童市男女共同参画社会推進委員会では、男女がともに活躍できる環境づくりをすすめていくため、各地域で「タウンミーティング」を行っています。
今年度、第1回目のタウンミーティングを天童市立寺津公民館で開催します。
今回は、家庭での役割分担や助け合い、そして、いつまでも住みたいまちにするためにはどうしたらいいか。話し合いながら助け合える家庭や地域をつくりましょう!


◇日 時 平成29年8月23日(水) 午後7時から
◇場 所 天童市立寺津公民館
◇内 容 講話・ワークショップ
      「感謝し 助け合える 家庭と地域 〜いつまでも住みたいまちへ〜」
      講師 有川富二子氏(山形県男女共同参画推進員)

【広報紙ぽっぷの発行】
年3回発行します。
この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部市長公室
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0704