ホーム > 市長の部屋 > 随想集 > 平成25年5月
市長の部屋
随想集
市長の部屋タイトル

随想集

平成25年5月


 今年も4月20日と21日の2日間、第58回天童桜まつり「人間将棋」が開催され、市内外から大勢のお客様にお越しいただきました。桜はまだ咲き始めではありましたが、初日は好天にも恵まれ、舞鶴山山頂の大きな盤上で熱戦が繰り広げられました。2日目は例年にない季節はずれの降雪に見舞われ、市民文化会館での開催となりましたが、初日に負けない屋内開催ならではの熱気に溢れ、盛大に開催されましたことに感謝いたします。
 さて、本市をホームタウンとするバレーボールVプレミアリーグ女子のパイオニアレッドウィングスは、4月6日と7日に行われたチャレンジリーグ上尾メディックスとの入れ替え戦に見事2連勝を飾り、プレミアリーグ残留を果たしました。選手の健闘に心から敬意を表するとともに、祝福を申し上げます。今季は開幕から10連敗を喫するなど波に乗れず、通算5勝23敗という残念な結果ではありましたが、一方では若手の成長や、入れ替え戦で見せた精神面の強さなどの明るい材料もあり、来季は大きな飛躍を遂げるものと期待しております。先ずは5月1日から6日に開催される第62回黒鷲旗全日本バレーボール大会での「新生パイオニア」の躍進する姿を、市民の皆さんと一丸となって、応援していきたいと考えております。
 本市では、中高生や市民の自主学習を支援するため、JR天童駅東口パルテ内の市民プラザ1階に学習支援室「リバテラスちえふる」をオープンします。学習支援室は、仕切りの付いた個人用の学習机50台とインターネットパソコン3台を配備し、自主学習を行うためのスペースの提供やインターネットを活用した学習情報を提供します。また、学習支援相談員を配置し、中高生に対する学習支援・相談を行います。利用は無料で、開館時間は午前10時から午後8時までとなっております。
 なお、この「リバテラスちえふる」の名称につきましては、一般公募の中から選定されました。本市出身で明治大学の創設者の一人である宮城浩蔵先生の「個人の権利と自由(リバティ)」を尊重する理念は、現在の明治大学の生涯学習機関であるリバティー・アカデミーの名称の由来にもなっております。その「リバティ」にちなみ、自由に学習するという意味、「テラス」の持つ人々が気軽に立ち寄って交流する場所というイメージを掛け合わせて「リバテラス」とし、市民が自由な空間の中で学習することにより、知識や創意が満ちあふれる「ちえふる」場所となるという意味が込められています。今後、広く市民の皆さんから親しまれる施設になることを願っております。
 「リバテラスちえふる」のオープンは5月13日です。中高生を始めとする市民の皆さんの、たくさんのご利用をお待ちしております。

この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部市長公室
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0704