ホーム > 市長の部屋 > 随想集 > 平成23年8月
市長の部屋
随想集
市長の部屋タイトル

随想集

平成23年8月


 本市の悲願でありました留山川ダムの竣工式を迎えることができました。事業の竣工にあたりましては、多くの困難を克服され、事業推進に御尽力いただきました山形県をはじめ、関係者の皆さまに深く敬意を表しますとともに、心からお礼を申し上げます。そして、竣工を迎えるまで特段の御支援を賜りました国土交通省をはじめ、各関係機関の皆さまに厚く御礼申し上げます。
 留山川下流の押切川の水は、農業用のかんがい用水として古くから利用されておりましたが、梅雨や台風期の豪雨時は押切川の洪水被害がたびたび発生することから、災害防止対策が強く望まれておりました。
 このようなことから、最上川水系押切川流域における生活貯水機能確保と夏季渇水期の深刻な水不足の解消と豪雨による浸水や冠水の防止を目的として、建設に向けた3年間の予備調査の後、平成5年からダム建設が始まりました。ダムの完成までに22年の歳月を費やし、69億円の総事業費を投じてようやく竣工を迎えることができました。
 留山川ダムの完成に伴い、現在は住宅地となっている乱川地域や北久野本地域の北部市街地の氾濫区域における治水安全度の向上、また、押切川流域沿川の耕作地への農業用水の安定的な供給確保という点で、治水対策及び渇水対策としての役割を大いに期待しております。
 安全で安心な市民生活を掲げる本市にとりまして、防災機能と地域振興の役割の一端を担う留山川ダム建設事業が竣工しましたことは、まことに喜ばしく、心強い限りであります。
 留山川ダムの完成にあたりましては、ダム湖の名称を広く公募し、全国各地から多数の応募をいただきました。その結果、「天の恵みをいっぱい溜めた地域の人々から親しまれるダムになって欲しい。」との願いを込めて、「天留湖(てんりゅうこ)」と命名したところです。その名にふさわしく地元のかけがえのない資産として、末永く親しまれるよう、市民を挙げて大切に利用していきましょう。

この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部市長公室
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0704