ホーム > 市長の部屋 > 随想集 > 平成29年6月
市長の部屋
随想集
市長の部屋タイトル

随想集

平成29年6月


 6月に入り、本市はまもなくさくらんぼシーズンを迎えます。
 山形県さくらんぼ作柄調査委員会によりますと、今年の県産さくらんぼの収穫量は14,800トン程度で、平年と比較すると「やや多い」と予想されています。また、主力品種の佐藤錦は6月18日前後から収穫が始まり、最盛期は6月24日から26日頃と見込まれています。
 さくらんぼの本格的な出荷を前に、6月2日には淀橋市場と東京都内百貨店でトップセールスを実施し、農家の皆さんが丹精込めて生産した安全・安心でおいしい本市産さくらんぼをPRしてまいります。また、6月9日には大田市場での「山形さくらんぼ」トップセールスに参加し、知事や県内産地の首長、農協組合長らとともに産地一体となったPR活動を行います。これらのPRを通して、天童産さくらんぼの知名度アップと消費拡大、産地銘柄の確立に少しでも結びつくよう努めてまいりたいと思います。

 6月3日・4日に、市スポーツセンター野球場でイースタン・リーグ、東北楽天ゴールデンイーグルス対東京ヤクルトスワローズが開催されます。3日は市民応援デーとして、私も始球式をさせていただきますが、楽天イーグルスのグッズが当たる抽選会なども予定されているようです。プロ野球選手を身近に感じることのできるまたとない機会ですので、ぜひ球場へ足を運んでいただければと思います。
 現在、本市を本拠地とするプロスポーツチームは「モンテディオ山形」「東北楽天ゴールデンイーグルス」「パスラボ山形ワイヴァンズ」の3つとなっています。山形県初のプロバスケットボールチーム、パスラボ山形ワイヴァンズについては、来シーズンより本市にある山形県総合運動公園を本拠地として活動することが決まり、このたび新たにホームタウンTENDO推進協議会に加入していただきました。ホームタウンTENDO推進協議会は、本市を本拠地等とするプロスポーツチームとの地域連携を柱に、チーム選手やスタッフなどとの交流、観戦・応援を推進し、スポーツがより身近に、生活の一部としてとらえることができる機会と環境をつくることを目的としておりますので、今後とも様々な活動を通して、市民とプロチームとの交流を図りながら、「スポーツ・文化・健康づくり日本一」の実現に向けたまちづくりを行ってまいります。
 市民の皆さまもぜひ会場での温かい声援をお願い申し上げます。

この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部市長公室
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0704