ホーム > 市長の部屋 > 随想集 > 平成29年2月
市長の部屋
随想集
市長の部屋タイトル

随想集

平成29年2月


 先月中旬から下旬にかけて、度重なる大寒波により、日本列島が大雪に見舞われました。雪とは無縁の西日本でも積雪となり、鳥取県では高速道路で車が数時間も立ち往生するなど、各地で混乱が相次ぎました。雪国である本県においても、大蔵村で積雪200cm越えとなり、落雪による死亡事故が発生しました。幸い本市において大きな被害や事故はありませんでしたが、一時50cmの積雪になり、多くの市民が雪の後片付けに追われたほか、交通機能の低下など、市民生活に大きな影響を及ぼしました。
 今後ともまだまだ降雪が予想されます。皆さんにはくれぐれも油断せず、けがや事故には十分に気を付けてくださるようお願い申し上げます。

 男女共同参画社会の実現に向けた理解を深めるため、5日、天童市男女共同参画を進める「市民の集い」が市民プラザで開催されます。15回目の開催となる今回は、天童高校演劇部の皆さんによる創作劇と、舞台俳優、夢実子さんによる講演の二部構成になっています。
 天童高校演劇部の皆さんからは、高校生による若い感性で男女共同参画を描く素晴らしい演劇を御披露いただきます。
 夢実子さんは、本市出身の舞台俳優で、ひとり芝居をメインに、語り劇や講演活動のほか、テレビやラジオなどにも出演するなど、幅広く活躍していらっしゃいます。特に、網走市議会初の女性議員として7期28年の長きにわたり活躍された、本市出身の故中川イセさんの人生を題材にした舞台は、見る者に感動を与えてくれます。今回は、その中川イセさんの人生や夢実子さん自身の生き方から、「あきらめない精神」で強くたくましく希望を持って生きることの大切さを講演いただきます。ぜひ、大勢の皆さんの御来場をお待ちしております。

 19日には、東京都内で開催される第24回関東天童会の集いに出席してまいります。関東在住の本市出身者で組織されている関東天童会は、平成6年2月に発足し、会員数も年々増え、現在360人の大きな組織に発展しました。ふるさとの天童を思う会員の皆さん一人ひとりのあたたかい郷土愛と熱意に心から感謝申し上げます。
 今回、ふるさとのPRを務めていただくため、会員でありテレビでも御活躍の佐藤正宏さんには「天童観光大使」を、67人の皆さんには「天童市ふるさと大使」を委嘱させていただくことになっております。出身者だからこそ伝えられる天童の魅力を、一人でも多くの皆さんに伝えていただければありがたく思います。

 先月、3期目初となる新年度予算についての査定を行いました。来年度も市民の皆さんの信頼と期待に応えられるよう、健全な行財政運営に努め、「日本一の健康都市」に向けた重要施策を着実に推進してまいりたいと考えております。

この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部市長公室
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0704