ホーム > 市長の部屋 > 随想集 > 平成29年1月
市長の部屋
随想集
市長の部屋タイトル

随想集

平成29年1月


 新年明けましておめでとうございます。市民の皆様には、穏やかな初春をお過ごしのことと、お喜び申し上げます。
 旧年中は、市政運営に対し皆様から深い御理解と御協力を賜りましたことに、厚く御礼申し上げます。

 本市の子育て支援の拠点となっている、天童市子育て未来館「げんキッズ」は、昨年5月に開館1周年を迎え、来館者が30万人に達しました。また、昨年6月には、平成9年に開業した天童最上川温泉「ゆぴあ」の入浴者が1,000万人を突破しました。両施設が、連日多くの皆様に利用され、子どもたちやお年寄りの皆さんの憩いの場、そして交流の場として親しまれていることをとても嬉しく思っております。今後ともさらに愛される施設になるよう、一層サービス向上に努めていきたいと考えています。
 本市のふるさと納税につきましては、昨年も全国の皆様から大変な好評をいただきました。昨年、新たにふるさと納税特設サイトを開設したことに加え、参加事業者や返礼品を増やしたこと、将棋棋士の成長を描いた人気漫画「3月のライオン」とのコラボレーションなどが功を奏し、本年度の寄附申込金額も、昨年12月に20億円を超えました。御寄附いただいた皆様の支援に心から感謝しながら、今後とも天童ブランドを全国に発信してまいります。
 本市をホームタウンとするサッカーJ2リーグのモンテディオ山形は、昨年、苦戦続きの1年でしたが、終盤に底力を発揮し、リーグ14位でJ2残留を果たしました。モンテディオ山形が持つ本来の粘り強さ、チーム一丸の団結力を武器として、木山新監督の下、今年こそJ1に復帰できるよう、市民の皆様と一丸となって応援していきたいと考えております。
 来年度策定を予定している第七次天童市総合計画では、引き続き安全安心なまちづくりに努めるとともに、特に雇用と教育の面を重視してまいります。そして、子どもから高齢者までが心身ともに健康で、あらゆる産業が健全に発展し、暴力や犯罪・交通事故がなく、スポーツや芸術文化に親しみ、健全な行財政運営を行う「日本一の健康都市」を目指してまいりたいと考えております。

 この平成29年が皆様にとって、健やかで幸多き年になりますよう、心からお祈りしまして、年頭のあいさつとさせていただきます。

この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部市長公室
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0704