ホーム > 市長の部屋 > 随想集 > 平成27年1月
市長の部屋
随想集
市長の部屋タイトル

随想集

平成27年1月


 新年あけましておめでとうございます。市民の皆さまには、平成27年の初春を穏やかにお過ごしのことと、お喜び申し上げます。
 旧年中は、本市の重要施策を着実に進める事ができました。市政運営に対する皆様の御理解と御協力に厚くお礼申し上げます。
 昨年末には、モンテディオ山形の怒涛の快進撃がありました。J2リーグ戦、終盤からの追い上げでプレーオフ圏内の6位で終えると、プレーオフではジュビロ磐田、ジェフユナイテッド千葉の上位2チームを倒し、見事J1復帰を果たしました。また、それと並行して天皇杯でも勝ち上がり、モンテディオ山形史上初の準優勝という歴史的快挙を成し遂げてくれました。この快進撃には、多くの市民の皆さんが胸を熱くされたことと思います。この上ない元気と感動を地域に与えてくれたチームに感謝の意を表するとともに、これからも、市民の皆様と共にモンテディオ山形を応援してまいります。
 昨年4月から新たな仕組みを取り入れた「天童市ふるさと応援寄附」に大きな反響をいただいております。12月には寄附申込額が4億円を突破し、全国3万5千人を超える皆様方から御厚意を頂戴しました。特に、8月の降ひょうにより甚大な被害を受けた農家の皆さんへの支援の気持ちを込めて、多大なる応援寄附をいただいたことに、心から感謝申し上げます。引き続き、天童の魅力を広く発信しながら、この新しい形の交流人口の拡大に努めてまいります。
 また、天童高原では、キャンプ場周辺に多目的トイレを併設した「憩いのステージ」や、洗い物や煮炊きができる炊事場を新設し、新しいキャンプ場に生まれ変わりました。昨年末にはスキー場開きと合わせて、待望の「天童高原地域交流センター」がオープンし、たくさんの御家族連れで賑わっております。リニューアルした天童高原では、季節を問わず一年中楽しんでいただけるものと考えております。
 そして昨年は、1月に本市の女子中学生が亡くなるという、誠に心の痛む出来事があったことを、決して忘れることはありません。心から御冥福をお祈りするとともに、現在、会合を重ねている調査委員会の推移を見守りながら、今後このような悲しい事態が生じる事のないよう、しっかりと対応してまいりたいと考えております。
 さて、新年を迎え、この春には天童市子育て未来館「げんキッズ」がオープンします。屋内の大型複合遊具をはじめとした充実した子どもの遊び場として、加えて、子育て相談や親同士の交流の場としての機能を備えた、天童市における子育ての総合的な拠点施設となります。子育て世代の皆様が安心して子どもを産み育てることのできる環境を整え、子育て支援日本一を目指してまいります。
 また、JR奥羽本線「天童南駅」の開業も3月14日に決定しました。主要公共交通の要として、本市の市民生活の未来を支えながら、市外、県外の皆様とのさらなる交流拡大に大きな役割を果たすことを期待しています。
 今年も本市の将来都市像「笑顔 にぎわい しあわせ実感 健康都市」の実現に向け、全力で取り組んでまいります。
 平成27年が皆様にとりまして健やかで幸多き一年となりますよう心からお祈りいたします。

この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部市長公室
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0704