ホーム > 生活情報 > 施設・交通 > 交通安全
生活情報
施設・交通
生活情報タイトル

施設・交通

交通安全



交通安全「よく見て 確認 ゆとり行動」県民運動 実施中!
〜 ゆずり合い 笑顔とゆとりの 山形路 〜

運動の重点
1.運転者の基本ルール遵守徹底
2.高齢者と子どもの交通事故防止
3.飲酒運転の撲滅
4.自転車利用時の交通事故防止
期間を定めて実施する運動
運動名 期間
春の交通安全県民運動
4月6日〜4月15日
明るいやまがた夏の安全県民運動
7月20日〜8月19日
秋の交通安全県民運動
9月21日〜9月30日
高齢者の交通事故防止推進強化旬間
11月1日〜11月10日
飲酒運転撲滅・冬道の交通事故防止強化旬間
12月11日〜12月20日

交通事故多発地点マップ
 平成29年の交通事故多発地点マップを掲載します。
 マップには、平成29年中の人身交通事故多発地点と過去5年間の死亡事故発生地点を掲載しております。
 みなさん、交通安全を心掛け運転しましょう。

交通事故多発地点マップ PDFファイル (523KB)

近年、高齢運転者による交通事故が増加傾向にあります。一般的に、運転者は加齢とともに身体的能力が低下していき、時として運転操作を誤って重大事故を招くことが考えられます。交通事故の未然防止等のためにも、運転免許証の適切な時期の自主返納を考えてはみませんか?

◆対 象
 市内に住所がある65歳以上で、平成28年4月1日以降に運転免許証を自主返納した方

◆内 容
 1〜4の中から希望するもの2万円分を交付(1人1回限り)
  1 市内タクシー事業者のタクシー利用券
  2 市内予約制乗合タクシー利用券
  3 市内路線バス事業者の定期券購入券
  4 市内路線バス事業者の回数券購入券

◆持ち物
 県公安委員会発行の申請による運転免許の取消通知書、印鑑、本人確認できるもの(保険証など)
 ※代理申請の場合は、代理人を確認できるもの(運転免許証など)と代理人の印鑑もお持ちください。

◆平成29年度に交付した残余券の交換について
 平成29年度に交付した運転免許証自主返納支援事業の「タクシー利用券」及び「予約制乗合タクシー利用券」の使用期限は、平成30年3月31日までとなっております。
 使用期限まで使い切れずに残った券につきましては、平成30年度の券と交換しますので、申請をお願いいたします。なお、交換は1回限りであり、平成30年度の残余券は翌年度の券に交換できませんので、御留意ください。

・対象 免許返納タクシー利用券の認定番号が350番以降の方
    免許返納予約制乗合タクシー利用券の認定番号が11番以降の方

※免許返納タクシー利用券の認定番号が1〜349番の方、免許返納予約制乗合タクシー利用券の認定番号が1〜10番の方は交換できません。


・交換期間 平成30年4月2日から平成31年3月29日まで(平日)
・持ち物  残ったタクシー利用券または予約制乗合タクシー利用券、
      印鑑(※代理人が申請する場合は、代理人の印鑑が必要です。)

◆申請先
 市生活環境課
【運転免許証の自主返納窓口を拡大します】
平成28年3月1日より、最寄りの交番・駐在所でも運転免許証の返納手続きができるようになりました。
運転免許の自主返納手続きの詳細については、山形県ホームページをご覧ください。
この記事に関するお問い合わせ

担当課: 生活環境課 市民安全係
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0744