ホーム > 生活情報 > まちづくり・住まい > まちづくり
生活情報
まちづくり・住まい
生活情報タイトル

まちづくり・住まい

まちづくり


  • 天童市の社会資本総合整備計画、下水道ストックマネジメント計画を更新しました

 わたしたちの生活にとって大切な水道。その水道についてよく知り快適な生活をおくりましょう。


天童市新水道ビジョン〜 策定の背景と趣旨

 天童市の水道事業は大正12年の創設以来、給水区域の拡張と施設の整備に取組んできました。今後は、老朽化した施設や管路の更新など大規模な施設更新整備事業に膨大な費用が見込まれております。
 また、近年は水道水に対する利用者のニーズが高度化・多様化しており、安全性の向上や災害に影響されない安定性なども強く求められています。その一方で、社会問題ともなっている人口減少社会の到来や、社会的な節水傾向の影響などにより、水需要は減少傾向になっています。このことが水道事業における料金収入の低迷を招いており、今後も厳しい財政運営となる見通しです。
 厚生労働省では、平成16年6月に「水道ビジョン」を発表し、さらに平成25年3月には人口減少時代の到来や東日本大震災で直面した新たな危機など社会情勢の大きな変化を踏まえた「新水道ビジョン」を発表しています。このなかで、将来を見据えた水道の理想像を明示するとともに、それを具現化するための方策などを提示しています。また、水道の理想像を共有し、役割分担に応じた取り組みに連携して挑戦することを水道関係者に求めています。
 こうした社会的な状況変化に対応していくため、国の「水道ビジョン」で示された新たな水道の理想像を踏まえた『天童市新水道ビジョン』を策定することにより、天童市水道事業が目指す将来像の明確化と、これを具現化するための実現方策に取り組みます。

天童市新水道ビジョン(全文)は、こちらをご覧ください PDFファイル (3,499KB)
 天童市の下水道事業(汚水)は昭和45年度に事業を開始し、現在では市内の98.3%(人口比)の方が下水道を利用することができるようになりました。
 また、市街地の浸水対策事業(雨水)も実施しており、整備率は77.0%(面積比)となっております。
 現在の下水道事業計画を掲載します。
 平成27年度から5か年計画である下水道事業にかかる社会資本総合整備計画を策定しました。計画名称は「天童市における良好な下水道環境整備の推進」です。
 
 また、平成26年度までの社会資本総合整備計画について、事業完了に伴う事業実施状況についての評価結果を公表します。
下水道施設全体の点検・調査から修繕・改築を効率的に実施していくため、下水道ストックマネジメント計画を策定しました。計画名称は「天童市下水道ストックマネジメント計画」です。
この記事に関するお問い合わせ

担当課: 上下水道課
tel: 023-654-1111
fax: 023-654-1460