ホーム > 生活情報 > まちづくり・住まい > 山形広域都市圏パーソントリップ調査
生活情報
まちづくり・住まい
生活情報タイトル

まちづくり・住まい

山形広域都市圏パーソントリップ調査


  • 山形広域都市圏パーソントリップ調査を実施します

山形広域都市圏パーソントリップ調査を実施します

天童市、山形市、上山市、山辺町、中山町では、平成29年10月から11月にかけて、
山形広域都市圏パーソントリップ調査を行います。

<お知らせ>
10月3日(火)に第一回目の調査票の発送を行いました。
調査票がお手元に届いた調査対象者の方は、将来のまちづくりのため、ぜひ調査にご協力をお願いいたします。




パーソントリップ調査について
  • パーソントリップって一体何だろう?

パーソントリップ調査は、将来のまちづくりにつながる大切な基礎データになる調査です。

「どのような人が」「いつ」「どこからどこへ」「なんの目的で」「どのような交通手段で」
移動しているかを調べるアンケート調査です。
調査結果は、交通計画・都市計画・防災・福祉などの具体的な政策の立案に役立てます。

山形県を除く46都道府県64都市圏では既に行われておりますが、
山形県内では今回が初の実施になります。
県内では、これまでに車だけや歩行者だけなどの交通量調査等は行われていましたが、
今回都市圏内の住民の移動を総合的にとらえることのできるこの調査を行うことで、
様々な分野で調査結果を分析して使用することができるようになります。

一人一人の移動を教えていただき、それを集めて分析することで、
将来の住みよいまちづくりにつながっていきます。

パーソントリップ調査では、生活やまちづくりに密接にかかわる分野で
多方面にわたる分析が可能になります。

「みんなどこからどこへ、何を使って移動しているんだろう。」
「移動に便利な場所は、どこなんだろう。」
「山形はクルマ社会だといわれているけど、
 実際にはどれくらいの割合で車が使われているんだろう。」
「人が集まる場所は、一体どこなのかな。」
「私の住んでいるこの地域は、お昼と夜でどれくらい人口に差があるのかな。」
「高齢者の方は、どうやって外出しているのかな。」
「防災施設や福祉施設は、どこにあれば一番いいのかな。」
「例えば、山形駅で一人新型インフルエンザの患者が出た場合、
 どんな速さで感染が広がっていくのかな。」

今まで山形では誰もやったことのないこの調査。
あなたの移動を教えていただくことによって、
現在のこのまちの姿が浮き彫りになり、そして将来のまちが変わっていく。

わくわくしてきませんか?

さあ、「あなたの1日の動きをお聞かせください。」



  • 誰が調査の対象になるの?

住民基本台帳から無作為に選ばれた約3万4千世帯の方が対象になります。
5市町に住民登録がある約14万3千世帯のうち、おおよそ4世帯に1世帯が調査対象者に選ばれます。
無作為抽出は、平成29年7月1日現在の住民基本台帳から行っております。
なお、同じ家にお住まいで住民票上の別世帯になっている方についても、
この調査の対象になります。



  • 調査対象に選ばれたら何をすればいいの?

調査対象となった世帯には、郵送で調査票が送られます。
調査日は、10月から11月にかけての平日と日曜日の2日間が指定されます。
同じ家にお住まいの5歳以上の方全員の調査日における移動について、
ご回答をお願いします。
インターネットの回答サイトで回答していただくか、紙の調査票に記入して
回答していただくか、どちらかを選択できます。



もっと知りたい!パーソントリップ調査
調査内容や回答手続を詳しい知りたいときは、下記のリンクから山形市のHPにアクセスしてください。

調査に関して多く寄せられたご質問に対する回答は、下記のリンクから山形市のHPにアクセスしてご覧ください。




パーソントリップ調査のポスターは、5市町に2,500枚配布されています





お問い合わせ
この記事に関するお問い合わせ

担当課: 建設部都市計画課
tel: 023-654-1111(内線423)
fax: 023-653-0714