ホーム > 生活情報 > まちづくり・住まい > 下水道
生活情報
まちづくり・住まい
生活情報タイトル

まちづくり・住まい

下水道


平成28年度公共下水道事業の決算に関する記事はこちらから。
マンホールカードの情報を更新しました。
わたしたちは、快適な生活をおくるために、たくさんの水を使います。しかし、この使って汚れた水をそのまま捨ててしまうと、悪臭やハエやカなどの発生源となり、生活環境を悪くしてしまいます。すると、おいしい水や楽しいレジャーの場を提供してくれる川や海を汚してしまうことになるのです。このような汚れた水をきれいにするために下水道を使っていただくことが必要になるのです。
公共下水道が利用できる区域では、台所、浴室などの雑排水やし尿浄化槽の処理水は、処理開始の日から1年以内に、汲み取り便所は処理開始から3年以内に公共下水道へ接続するように義務づけられています。
家庭からの排水を下水道に流すためには、排水設備の工事が必要です。この工事は、市の指定を受けている「排水設備指定工事店」でないと工事ができません。

 工事の期間は、汲み取りか浄化槽かなどの工事の条件によって違いますが、通常一週間から10日くらいです。また工事中に便所の使えない日が3〜5日ありますが、指定工事店が仮設便所を準備しますので心配はありません。

 雨水については、従来どおり地下浸透等で排水します。

工事の流れ
1.申し込み (施行主 → 指定工事店)
2.見積書作成 (指定工事店 → 施行主)
3.契約 (施行主 ←→ 指定工事店)
4.書類提出 (指定工事店 → 上下水道課)
5.工事承認 (上下水道課 → 指定工事店)
6.工事完了届 (指定工事店 → 上下水道課)
7.工事完了検査 (上下水道課 → 施行主)

「排水設備指定工事店」については天童市排水設備(下水道)指定工事店一覧をご覧下さい。

天童市では、下水道の普及促進を図るため、早期に利用していただけるよう、下水道接続工事に要する資金について、金融機関からの融資を希望される方に対し、融資額に対する利子の全額を市が負担する制度を設けています(履行遅延による延滞利子は除きます)。

(1)融資の対象者
 建築物の所有者又はその同意を得た方で、融資資金の償還能力を有している方が対象になります(住宅などの改造を行う個人のほか、事業所などの法人も対象になります)。
 ただし、市税や下水道受益者負担金などを滞納している方は、対象になりません。
(2)融資の限度額
 排水設備工事1件につき150万円以内です。また、共同住宅および貸家などの場合も150万円以内です。ただし、工事費が限度額に満たない場合は、工事費の精算額(1万円単位)となります。
(3)貸付金の償還方法
 借りた月の翌月から貸付金額に応じて84ヶ月以内の元金均等分割(毎月の償還額に100円未満の端数があるときは、その端数金額を最初の月の償還額に合算)による償還となります。
(4)取扱金融機関
 天童市内に店舗を有する金融機関のうち、天童市内にある本支店等で取り扱います(ただし、事業所などの法人の場合は、一部店舗に限られます)。
(5)ご利用の手続き
 排水設備工事を依頼するときは、市の指定を受けている排水設備指定工事店に申し出てください。
 金融機関への手続きは、融資を希望される方に行っていただくことになります。
 なお、年齢要件や連帯保証人、保証協会からの保証などの融資の条件は、取扱金融機関により異なりますので、事前に十分説明を受けてください。


融資の手続き上必要な書類
 市役所への提出
  融資あっせん申請書(指定工事店に申請書があります。)
  納税証明書(写)
取扱金融機関への提出
  融資あっせん決定通知書
  実印と印鑑証明書
  所得証明書および納税証明書
  預金通帳とその印鑑
  ※(金融機関で異なりますので、直接お問い合わせください。)
○ 雨水は下水道に流さないでください

 天童市の下水道は、汚水と雨水を分けて処理する「分流式」となっています。(下図参照)

 雨水や地下水が下水道へ入ると、下水管の流下能力をオーバーして汚水がマンホールからあふれ出る心配があり、皆さんに大変な迷惑がかかります。また、処理費用が増加し結果的に市民皆様の負担が増すことになります。
 雨水等を下水へ流さないよう市民の皆様のご協力をお願いします。(雨水処理は、基本的に地下浸透方式で排水してください。)

                   (各家庭で管理します)    (市が管理します。)

公共ますや道路の下水道管(天童市が管理) 天童市上下水道事業所
水洗トイレや排水設備(各家庭での管理) 宅内の排水設備は、皆様の責任で管理していただきます。臭い上がり、管づまり、水漏れ、器具の破損、紛失、その他使用できなくなった場合は、天童市排水設備指定工事店または、お近くの清掃会社へ、修理・清掃等を依頼してください(有料となります)。排水設備工事完了時には、依頼した工事店名、連絡先、担当者を記録しておいてください。

雨水浸入状況  
ご家庭の排水設備(宅内マス、配管等の、汚水を下水道に流す屋外の施設)が破損していないか、また、雨どいの水が流入していないかなどの点検をお願いします。

 排水設備の点検、修理を依頼する場合(有料)は、天童市指定の排水設備指定工事店にご相談ください。


 天童市排水設備指定工事店一覧へ
○住宅用のグリストラップマスの設置は選択制になりました
グリストラップ桝  排水設備にはグリストラップマス(右図)を設置していただいておりましたが、住宅用で油分の排水が少ない場合は、設置するか・設置しないかを選択できるようになりました。
 (業務用など、油の使用量が多い場合は、グリストラップマスの設置が必要です。)  
 グリストラップマスを設置しない場合でも、油は下水道へ流さないようご注意ください。
○既に設置してあるグリストラップマスについて
 既に設置してあるグリストラップマスについては、そのままお使いいただけますが、住宅用で油分の排水が少ない場合に限り撤去又は普通の汚水マスへ入れ替えることができます(下図参照)ので、計画及び工事については、排水設備指定工事店にご相談ください。

入れ替えイメージ図

○グリストラップマスをそのままお使いいただく場合  

 台所の流しから流れた水に含まれた、油やゴミなどがたまるようになっています。一般家庭の場合3ヶ月に一回程度、網じゃくしなどで取り除いてください。長い間そのままにしておくと、管の中まで油がたまり、流れなくなる恐れがありますのでご注意ください。


清掃前

清掃後

清掃用具です(参考)
清掃状況です。
マスに溜まった油などを網じゃくしなどで取り除いてください。
取り除いた油は新聞紙などに包み、もやせるごみと一緒に捨てることができます。

○下水道は正しく使いましょう  
 下水道は快適な生活をおくるための大切な財産です。野菜くずや油等を流すと排水器具や下水道管内に堆積して詰まりの原因となります。
 皆様ひとりひとりが注意して大切に下水道を使いましょう。

(1)管づまり防止のために
 トイレで使用する紙は「水洗用」と表示されたもの以外は使用しないでください。

生理用品、紙オムツ、布等は流さないで!
(2)食用油はキッチンペーパー等にしみこませて、ゴミ収集時に出してください。
食用油等は流さないで!
(3)定期的に点検と清掃をしてください
汚水マスのふたを開けて点検しましょう。中に堆積物等があれば取り除き、排水がスムーズに流れてくるか確かめてください。
いつでも開閉できるように、汚水マスはコンクリートをかぶせたり、盛土などで埋めたりしないでください。
(4)公共下水道の機能保護のために
  ・雨水や池の水を入れないでください。
  ・廃油、鉱油、その他有害なものは、絶対流さないでください。

灯油やガソリン等を流すと非常に危険です。
絶対に流さないで!
(5)におい上がり防止のために
・大、小便器を使用した後は、必ず一定の水を流してください。
・浴槽やトイレなどの床に取り付けてある床排水器具(ワントラップ)には、つねに水を満たしておいてください。

(6)冬期間の使用のために
 トイレの凍結防止法については次のような方法があります。
・大便器タンクの流動栓や小便器の蛇口を開き、少量の水を流す。
・トイレ内にスチーム、ストーブなどの暖房をとる。
・長期間留守などで使用しない場合は、不凍栓で水道の水を抜いてから、タンク内の水を抜き、便器には不凍液をいれておく。

(7)工事についての注意点
排水設備の修理工事は、排水設備指定工事店が行います。それ以外の事業者は行えませんのでご注意願います。 また、工事の契約はお客様自身と排水設備指定工事店との間で行っていただくものですので、工事後のトラブルを避けるため次のことに十分ご留意ください。

・できるだけ複数の排水設備指定工事店から見積書を取り、内容を検討してください。(見積書が有料になる場合もありますので、事前にご確認ください。)

・工事が始まる前に「工事内容・費用・アフターサービス」などについて、十分な説明を受けてください。



■点検商法にご注意ください
 現在、市内各地の皆様から点検商法と思われる下水道に関する多くの苦情等をいただいております。その代表的な内容及びその対策をまとめましたので、ご覧ください。

 突然若い男性の二人連れが訪問し、下水道の排水の点検にきたのでみせて欲しい(かなり強引に) → 「清掃」が必要だ。このままでは大変なことになる。
 
 そのうち勝手に床下まで点検をはじめる。 → 「床下換気扇」が必要だ。このままでは大変なことになる。「シロアリ」駆除も必要だ。このままでは大変なことになる。
 
 と、かなり強引に、だんだんエスカレートしていき、「サービスで通常価格より安い価格で清掃等をしてあげる」と営業を持ちかけるようです。

●屈強な若い男性達が、お年寄りやご婦人しかいない日中に突然押しかけ、強引に語気荒く営業をはじめるため、「怖い」、必要もないのにうっかり頼んでしまったらと「心配する」方が多く、連日多くの電話をいただいております。

《対策は》
1.絶対に“家に入れない”。固く断る。
2.“しつこい場合”は、警察に連絡すると伝える。
3.帰り際に“捨てゼリフ”を言って立ち去るが動じないようにする。
4.帰ったあとで、不審なシールや目印がないか点検し、あれば撤去する(※様々な問題商法の“目印”になっている場合があります)。
※ 自宅内に設置された、個人の所有物である排水桝の管理は所有者の責任となりますので、国県市町村が点検を実施することは、ありません。
※ 排水桝は、一般家庭の場合3ヵ月に一回程度、桝内の沈殿物(主に油かすや生ゴミ等)を取り除けば(燃えるゴミとして処分)支障なく使用できるようになっております。
下水道法(以下「法」という。)では、水質汚濁防止法及びダイオキシン類対策特別措置法に定められた「特定施設」(別表1) PDFファイル (246KB)を設置している工場又は事業場を「特定事業場」といい、特定事業場が公共下水道を使用する場合は法令により届出等が必要です。また、水質検査等の施設管理が義務づけられています。
2.届出の種類 (様式は下水道法施行規則による)

(1)継続して下水を排除して公共下水道を使用しようとするとき(これから下水道を使用する場合)
届出の種類 条項(様式) 届出を要する場合 期 限 備 考
公共下水道使用開始届 法第11条の2第1項(様式第四) 下水道へ排出する汚水が50㎥以上となる日がある場合 あらかじめ 特定事業場とは限らない
同上 同上 排除基準(別表2)に適合しない下水を排除しようとするとき 除外施設等の設置が必要
公共下水道使用開始届 法第11条の2第2項(様式第五) 特定施設のある事業場が、新たに下水道を使用する場合 あらかじめ 上記の届出をする場合を除く
特定施設使用届 法第12条の3第3項(様式第七) 特定事業場から継続して下水道を使用することとなったとき 使用開始日から30日以内 設置届出をした場合を除く
(2)継続して下水を排除して公共下水道を使用している場合(既に下水道を使用している場合)
届出の種類 様式・条項 届出を要する場合 期 限 備 考
特定施設設置届 法第12条の3第1項(様式第六) 特定施設を新しく設置しようとするとき 工事着手の60日前 ※注1参照
特定施設使用届 法第12条の3第2項(様式第七) 既に設置されている施設が新たに特定施設に指定されたとき 特定施設となった日から30日以内 設置工事中を含む
特定施設の構造等変更届 法第12条の4 (様式第八) 特定施設の届出の事項を変更しようとするとき 工事着手の60日前 ※注1参照
氏名変更等届 法第12条の7(様式第十) 特定事業場の名称等又は届出者に変更があったとき 変更した日から30日以内
特定施設使用  廃止届 法第12条の7(様式第十一) 特定施設の使用を廃止したとき 廃止した日から30日以内
承継届 法第12条の8(様式第十二) 特定施設を譲受、借受、相続等(承継)したとき 承継した日から30日以内
事故に関する届出 法第12条の9 特定事業場から規制されている物質が下水道へ流入したとき すみやかに 事故の状況及び講じた措置
※注1 届出が受理されてから60日を経過した後でないと工事に着手できません。ただし、理由があって工事を急がれる場合には、期間短縮の申請をしてください。
3.排除する汚水について
下水道へ排除する汚水は、下水排除基準(別表2) PDFファイル (178KB)に適合する必要があります。排除基準は特定事業場であるか否かに関係なく、公共下水道を使用する全ての工場や事業場等に適用されます。
排除予定の汚水については、水質を検査または推定のうえ排除基準に適合するよう必要な措置を講ずる必要があります。

4.油水分離槽、スクリーン及び泥だめの設置
排水管や下水管の詰まり等及び下水処理への障害を防ぐため、次のような簡易な施設を設置してください。ただし、簡易な施設のみで排水基準に適合しない場合には、除害施設等の設置が必要になります。

油脂類を含む汚水 野菜くずなどの固形物を含む汚水 土砂等を含む汚水
油 水 分 離 槽
かご型スクリーンなど
泥 だ め

5.除害施設等の設置
排除基準を超える下水を流すときは、基準以内にするために汚水を処理する施設をあらかじめ設置しなければなりません。
直罰基準を超えないように汚水を処理する施設を「汚水の処理施設」(法第12条の2)、除害施設設置基準に適合させるために設置する施設を「除害施設」(法第12条及び第12条の10)といいます。どちらも、一般に言われている汚水処理施設のことで、合わせて『除害施設等』といいます。

6.水質の測定義務について
下水道を使用している特定施設の設置者には、下水の水質を測定し、その記録を5年間保存しておくことが義務づけられています。(法第12条の12)(水質測定記録表:様式第十三) また、記録表を提出していただくことがあります。

7.立入検査、改善命令等
公共下水道の施設を適正に管理していくために、特定事業場を中心に「立入検査」を行うことがあります。排出汚水の水質検査をはじめ、特定施設や除害施設等の運転・管理及びその他の状況を調査するものです。
排除基準に違反している場合や違反する恐れがあると判断される場合には、除害施設等の改善命令や下水排除の停止命令などを行うことになります。(法第37条の3及び第38条第1項)

8.直罰制度について
特定事業場が排除基準に適合しない下水を排除した場合、改善命令等の行政処分を経ることなく違反者として直ちに処罰されることがあります。これを直罰制度といいます。(法第46条の2)
直罰制度は、(別表2) PDFファイル (178KB)の直罰基準を超える下水を排除した特定事業場に適用されます。



天童市マンホールカード

天童市マンホールカードを配布しています。
マンホールカードは日本全国のご当地マンホール蓋を紹介しているカードです。
今回第3弾で120種になるカードの中に、天童市のマンホール蓋も加わりました。

○配布について
配布場所:天童市上下水道事業所(北庁舎)
     〒994-0013 天童市老野森一丁目3番25号
     ※市役所本庁舎とは場所が異なりますのでご注意ください
配布時間:平日8時30分から17時15分まで(土、日、祝、年末年始を除く)
注意事項:カードはお一人様につき1枚のみ配布いたします。
     ご希望の方は窓口にてお声掛けください。
     事前予約や郵送は行っておりません。

※各自治体のマンホールカードの配布状況については、下水道広報プラットホーム(GKP)のホームページをご覧ください。
http://www.gk-p.jp/

○イベント等での配布について
毎年開催される天童市上下水道展でも配布予定です。
平成29年度の予定は下記をご覧ください。
 
・天童市上下水道展
 日時:平成29年10月14日(土) 午前10時〜午後3時
 会場:イオンモール天童

公共下水道事業経営戦略
平成28年度天童市公共下水道事業経営戦略を策定しました。

公共下水道事業は市民の皆様の快適な生活環境を守るために欠くことのできない重要なサービスです。今後到来する老朽管路の大規模更新期や、人口減少等に伴う料金収入の減少等に対応し、将来にわたってサービスの提供を安定的に継続するため、中長期的な経営の基本計画である経営戦略を策定しました。

 ※詳細については、下記をクリックしてご覧ください。↓

平成28年度策定公共下水道事業経営戦略 PDFファイル (3,910KB)
 平成28年度の天童市公共下水道事業決算を公表します。  

 平成28年度の公共下水道事業は、「緑ある住みよい環境のまちづくり」のもと、生活をささえる下水道事業として事業に取り組んでまいりました。
 水道事業との組織統合による窓口業務等の一本化から本年度で5年目となりますが、新たな業務委託を行うなど、一層効率的でサービスの向上した事業の運営を行っております。

 ※詳細については、下記をクリックしてご覧ください。↓
平成28年度天童市公共下水道事業会計決算概要 PDFファイル (259KB)


 平成27年度の経営比較分析表を公表します。  地方公営企業の経営環境は、施設等の老朽化に伴い見込まれる更新投資の増大、人口減少に伴う料金収入の減少等により、全国的に厳しさを増しております。
 経営指標を活用して経営の現状や課題等を的確に把握するとともに、皆様に対してわかりやすく説明するため、「経営比較分析表」の策定及び公表を行います。

 ※詳細については、下記をクリックしてご覧ください。↓

平成27年度天童市公共下水道事業会計経営比較分析表 エクセルファイル (69KB)

平成27年度天童市特定環境保全公共下水道事業会計経営比較分析表 エクセルファイル (69KB)


 過年度の経営比較分析表はこちら↓

平成26年度天童市公共下水道事業会計経営比較分析表 エクセルファイル (71KB)

平成26年度天童市特定環境保全公共下水道事業会計経営比較分析表 エクセルファイル (70KB)

この記事に関するお問い合わせ

担当課: 上下水道課
tel: 023-654-1111
fax: 023-654-1460