ホーム > 生活情報 > 医療・健康 > 熱中症対策について
生活情報
医療・健康
生活情報タイトル

医療・健康

熱中症対策について


 熱中症とは、気温や湿度が高いとき、強い日差しのなか、無風のときなどで、体の熱を上手に発散できないときや水分が補給できないときにおこる症状です。
 集中力の低下やめまい、立ちくらみなどの症状のほか、吐き気や頭痛などがみられます。



今年は特に、節電を意識するあまり熱中症予防を忘れてしまうことのないようご注意ください!!
【水分・塩分補給】
○ のどの渇きを感じなくとも、こまめに水分補給を行いましょう。
【熱中症になりにくい室内環境】
○ こまめな換気、遮光カーテン、すだれ、打ち水など室温が上がりにくい環境を確保することが大切です。
○ 普段いる部屋には温度計を設置し、部屋の温度・湿度をこまめにチェックしましょう。
○ 扇風機やエアコンを使って温度調整を行う際には、
  体調に合わせて風向きや設定温度を調整し、体への負担が少ないようにしましょう。
【外出の際は】
○ 日傘や帽子を着用し、日陰を利用するなどしてこまめに休憩しましょう。
【体調に合わせた対策】
○ こまめに体温測定を行いましょう。
  特に、幼児や高齢者、障がい者は体温調整が十分にできない場合があるため注意が必要です。
○ 通気性がよく、吸湿・速乾の衣服を選びましょう。
○ 保冷剤や氷、冷たいタオル、シャワーなども必要に応じて体の冷却に利用しましょう。


こちら PDFファイル (947KB)に詳しい予防法・対処法を載せています。



以下のアドレスで、熱中症対策に関する情報が詳しく紹介されています。


環境省  熱中症予防情報サイト
熱中症〜ご存知ですか? 予防法・対処法〜、熱中症予防カード等
http://www.env.go.jp/chemi/heat_stroke/index.html


厚生労働省  健康のために水を飲もう
水と健康の基本情報等
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/suido/nomou/index.html


厚生労働省  職場における労働衛生対策
職場における熱中症予防対策マニュアル等
http://www.mhlw.go.jp/roudoukijun/anzeneisei02.html


気象庁  熱中症に注意
高温が予想された場合に地域の気象情報に発表し、注意を呼びかけています。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/kurashi/netsu.html
この記事に関するお問い合わせ

名称: 健康センター内 健康課
住所: 天童市駅西五丁目2番2号
tel: 023-652-0884
fax: 023-651-5505