ホーム > 生活情報 > ごみ・環境 > 天童市の環境について
生活情報
ごみ・環境
生活情報タイトル

ごみ・環境

天童市の環境について


酸性雪とは=
化石燃料の燃焼から生じる大気中の硫黄酸化物や窒素酸化物などが取り込まれて、PH(水素イオン濃度)5.6以下となった酸性の強い雪をいう。一般的に日本海側は、大陸で排出される酸性物質の影響を受けやすく、山形県では降雪のほとんどが酸性雪となっている。

調査地点
天童市大字小関1230番地(天童市スポーツセンター内)

調査時期
各年1月〜2月
調査年度 18年度 19年度 20年度 21年度 22年度 23年度 24年度 25年度 26年度 27年度
PH 4.8 4.7 5.0 4.9 5.3 5.3 4.7 4.8 5.3 5.0
導電率(μs/cm) 67.53 49.90 44.25 38.70 29.00 30.00 41.75 41.00 50.50 28.00
BOD((生物化学的酸素要求量)=
河川の汚濁の度合いを示す指標。水中の有機物質等の汚濁源となる物質が、微生物により無機化されるときに消費される酸素量(mg/l)を表したもの。数値が大きいほど、汚濁が進んでいることを示す。

調査場所
  倉津川上流〜中流(5カ所)

調査時期
  各年6月〜9月
推移表
18年度 19年度 20年度 21年度 22年度 23年度 24年度 25年度 26年度 27年度
奈良沢不動尊 0.5 0.9 0.5 0.5 0.6 0.5 0.6 0.5 0.5 0.5
貫津橋付近 1.8 1.6 0.8 0.7 1.3 0.6 1.5 1.1 0.8 0.5
津山小付近 1.4 3.2 1.3 1.5 1.1 0.6 0.9 1.2 1.0 1.0
倉津橋付近 1.1 2.9 2.9 5.6 2.8 1.1 1.5 2.8 1.4 1.0
土地改良区 2.8 2.3 1.7 1.6 2.0 1.4 1.4 2.5 2.1 1.0

SS(浮遊物質量)=
河川の汚濁の度合いを示す指標。水中に浮遊している直径2mm以下の粒子状物質のことで、動植物プランクトンやその死骸、下水、工場排水などによる有機物や金属の沈殿物などが含まれる。数値が大きいほど、汚濁が進んでいることを示す。
推移表
単位SS(mg/l) 18年度 19年度 20年度 21年度 22年度 23年度 24年度 25年度 26年度 27年度
奈良沢不動尊 3.6 0.8 1.7 1.5 1.0 2.5 2.0 4.0 1.6 1.5
貫津橋付近 7.2 2.4 1.8 1.0 5.0 2.3 6.0 7.5 5.9 4.5
津山小付近 9.6 6.8 3.3 8.0 7.5 7.3 6.0 7.5 4.2 4.5
倉津橋付近 6.4 2.8 4.3 12.0 5.5 6.7 3.5 5.0 5.5 3.5
土地改良区 16.0 3.6 6.1 5.6 4.0 6.1 4.5 6.0 4.3 5.0
  • 住宅用太陽光発電システムの設置者に補助金を交付します

天童市では地球温暖化防止を図るため、住宅用太陽光発電システムの設置者に対して予算の範囲内において補助金を交付し、太陽光発電システムの導入を支援します。

補助金の額
1キロワットあたり30,000円に太陽電池の最大出力(4キロワットを上限として)を乗じて得た額以内の額で補助を実施します。詳細は下記概要をご覧ください。

平成28年度天童市住宅用太陽光発電システム設置支援事業概要

各種様式はこちらをご覧ください。
交付申請書
事業計画書(様式第1号)
収支予算(精算)書(様式第2号)
実績報告書
事業成績表(様式第5号) ワードファイル (78KB)
  • ペレットストーブ等の設置者に補助金を交付します

天童市では地球温暖化防止を図るため、ペレットストーブ等の設置者に対して予算の範囲内において補助金を交付し、ペレットストーブ等の設置を支援します。
補助金の額
設置費用の3分の1以内の額(上限10万円)を補助します。

※詳細はお問い合わせください。
山形県では、「家族団らん 心あったか 笑顔で省エネ」をスローガンに、暖房器具の使用等によりエネルギー消費が増加する冬期において、自主的な省エネと節電の取組みを呼びかける冬の省エネ県民運動を実施中です。
無理のない範囲で、平成27年12月から平成28年3月までの電気使用料3%の削減(平成22年度対比)を目安とした自主的な取組みに御協力をお願いします。

実施期間:平成27年12月1日(火)〜平成28年3月31日(木)

冬の省エネ県民運動のチラシはこちら (929KB)


この記事に関するお問い合わせ

担当課: 市民部生活環境課
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0744