ホーム > 生活情報 > 防災・防犯 > 山形盆地断層帯の地震による天童市の被害想定
生活情報
防災
生活情報タイトル

防災

山形盆地断層帯の地震による天童市の被害想定


 地震災害は、特に大地震の場合、地震動による一次的な災害に加えて、火災、水害、土砂災害の発生やライフラインの寸断等の二次的な災害が発生し、被害が拡大、長期化する点が特徴である。
 より実質的な地域防災計画の策定のためには、災害や応急対策活動がイメージできる具体的なデータが重要である。
 このようなことから、国の地震調査研究推進本部地震調査委員会が発表した「山形盆地断層帯の評価(平成14年5月8日)」をもとに、山形盆地断層帯を震源とするマグニチュード7.8の地震を想定する。災害の想定を液状化の予想、在宅の状況、積雪、下記の使用等から県が実施した地震対策基礎調査被害を想定する。
(1) 建物被害
建物棟数 被害棟数
冬期 夏期
全壊 半壊 全壊 半壊
25,432 2,637 3,388 2,137 3,093
(2) 道路被害  (長期被害:橋梁 短期被害:路面変状、落成崩壊)
  ア 国道13号 長期被害の可能性あり
  イ 国道48号 軽微な被害
(3) 出火件数・焼失棟数
冬期夕方 冬期早朝 夏期昼間
出火件数 焼失棟数 出火件数 焼失棟数 出火件数 焼失棟数
27 50 11 17 3 4
(4) 上水道
被害箇所数 断水世帯率 断水世帯数
送水管 配水管 冬期 夏期 冬期 夏期
170 2,986 93.40% 93.20% 16,222 16,184
(5) 下水道施設
管轄人口 機能支障
排水困難世帯率 排水困難世帯数
35,782 0.52% 53
(6) 電力供給障害
冬期 夏期
停電世帯率 停電世帯数 停電世帯率 停電世帯数
36.10% 6,248 33.90% 5,883
(7) 電話供給障害
冬期 夏期
被害加入者率 被害加入者数 被害加入者率 被害加入者数
25.40% 5,932 22.90% 5,356
(8) 死者数
冬期夕方 冬期早朝 夏期昼間
原因 死亡計 原因 死亡計 原因 死亡計
建物損壊 建物焼失 建物損壊 建物焼失 建物損壊 建物焼失
114 18 132 148 6 155 95 1 96
(9) 負傷者
冬期夕方 冬期早朝 夏期昼間
重症 軽症 合計 重症 軽症 合計 重症 軽症 合計
172 1,033 1,206 191 1,149 1,340 140 838 978
(10) 建物被害り災者及び避難所生活者数
冬期夕方 冬期早朝 夏期昼間
建物被害り災者 避難所生活者 建物被害り災者 避難所生活者 建物被害り災者 避難所生活者
14,204 6,761 14,126 6,709 12,236 5,689
この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部危機管理室
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0704