くらし

入学・教育

明治大学・天童市連携事業(生涯学習)

  • Facebookでシェア
令和3年度明治大学・天童市連携講座の情報を掲載しました

明治大学・天童市連携講座の申し込みフォームはこちら
このリンクは別ウィンドウで開きます


講座はオンラインでの受講になります。
詳しい受講方法については明治大学リバティアカデミーホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますをご確認ください。

1.弥生時代の遺跡を語る9

講座趣旨

弥生時代とは、稲作農耕を基盤とする社会が成立してから前方後円墳が出現するまでの時代です。しかし、一口に弥生時代といっても地域ごとにかなりその内容・特色が異なります。本講座では、そうした地域ごとの弥生時代の実像を、代表的な遺跡を取り上げながら解説します。

講座概要
日付 内容
5月12日(水曜日) 東北における弥生時代の始まり
5月26日(水曜日) 福島県域(1):再葬墓の時代
6月9日(水曜日) 福島県域(2):中期中頃の変革
6月23日(水曜日) 福島県域(3):後期の地域間関係の組み替
7月7日(水曜日) 宮城県域:灌漑稲作社会を証明する遺跡群

受講時間は5回とも「17:30~19:00」になります

受講方法
  • ウェブ会議ツール「Zoom」を利用しオンラインで受講
申込締切

4月23日(金)

2.「文化」からみる中国史4

講座趣旨

中国は現在、歴史上かつてないレベルで急激に膨張、肥大化を続けています。この国はいったいどう変わっていくか。この現実を見極めるために、改めて中国史に立ち返り、本質を理解することが求められています。そうした問題意識のもと、本講座では従来とはちがう、「文化」という視座から中国史に踏みこみます。本講座でいう「文化」とは文学や芸術などに限定されない、人類が歴史上にのこした「営為や足跡」すべてを「文化的所産」とみなす立場です。ここから縦横に広がる中国史に筋道をつけ、その本質に迫ります。

講座概要
日付 内容
5月13日(木曜日) 秦の始皇帝の統一から楚漢の戦いの文化史的考察
5月27日(木曜日) 漢の儒教一尊政策と董仲舒(とうちゅうじょ)
6月10日(木曜日) 司馬遷『史記』の世界:「天道は是か非か」
6月24日(木曜日) 中国目録学の成立と劉向父子の役割
7月8日(木曜日) 漢字の歴史と構造および文房四宝

受講時間は5回とも「13:00~14:30」になります

受講方法
  • ウェブ会議ツール「Zoom」を利用しオンラインで受講
  • 市立山口公民館で受講
申込締切

4月23日(金)

3.「万葉集」の世界

講座趣旨

『万葉集』巻四は、三大部立のうちの「相聞」からなる巻です。巻三とともに、巻一・二の拾遺歌巻と称され、その構成は、古い時代の歌三七首に奈良朝今歌群を増補した、古今構造となっています。収録されているのは、万葉第一期から第四期の歌ですが、中心となるのは神亀・天平期の歌で、大伴家持と家持をめぐる女性たちとの贈答歌が多くなっています。この講座では冒頭歌から一首ずつ丁寧に解説し、古代人の恋に思いを馳せたいと思います。

講座概要
日付 内容
5月6日(木曜日) 四八四~五〇〇番歌
(額田王や鏡王女の歌などを取り上げます。)
5月13日(木曜日) 五〇一~五二一番歌
(柿本人麻呂の歌などを取り上げます。)
5月27日(木曜日) 五二二~五四二番歌
(藤原麻呂と大伴郎女の贈答歌などを取り上げます。)
6月10日(木曜日) 五四三~五六七番歌
(笠金村や大宰府官人たちの歌などを取り上げます。)
6月24日(木曜日) 五六八~五八六番歌
(大宰府官人たちや大伴坂上大嬢の歌など取り上げます。)
7月8日(木曜日) 五八七~六一八番歌
(笠女郎が大伴家持に贈った二十四首などを取り上げます。)

受講時間は6回とも「15:00~16:30」になります

受講方法
  • ウェブ会議ツール「Zoom」を利用しオンラインで受講

  • 市立山口公民館で受講

申込締切

4月23日(金曜日)

4.旅する世界遺産

講座趣旨

世界遺産をカテゴリーで分けてみると「大航海時代」に関係する世界遺産が数多く登録されていることに気づきます。さらにその登録場所は、世界各国に及んでいます。「大航海時代」の到来は世界史の中で、大きな転換期です。転換内容を世界遺産で見ると、イスラム教中心の中世からキリスト教中心の近世への転換、になります。また、大西洋を越えたキリスト教徒たちは、マヤ、インカといった見知らぬ文明とも出会いました。
2021年の「旅する世界遺産」は、中世から近世、そして近代への流れを世界遺産で旅します。春期は中世におけるイスラムの繁栄を表す世界遺産を旅したうえで、コロンブスの船出、そしてヨーロッパのキリスト教徒たちが出会ったアメリカ大陸独自文化に関する世界遺産も旅していきます。

講座概要
5月14日(金曜日) 中世イスラム世界の繁栄と世界遺産の基礎知識
5月21日(金曜日) 近世の幕開けを旅する
5月28日(金曜日) ヨーロッパにとっての“新大陸”を旅する
6月4日(金曜日) Dialogue(対話)からDeal(取引)へ
6月11日(金曜日) イベリア半島の世界遺産を旅する

受講時間は5回とも「10:30~12:00」になります

受講方法

ウェブ会議ツール「Zoom」を利用しオンラインで受講

申込締切

4月23日(金曜日)

5.融合(相乗効果発揮・高付加価値創造)による成長・発展の取組み

講座趣旨

「働きかた改革」以来のIT・ICT・IoT・AI等の進行に加え、コロナ禍は「ニューノーマルスタンダード」即ち再び元に戻らない「不可逆的」な革新に拍車をかけています。これらの諸活動は全企業の「大幅なコストダウン」に通じ、少子高齢化と共に殆どの中小企業の「収入の減少+支出の増加」による市場規模縮小・供給過多、グローバル化による業種衰退を急速に進めています。
一刻でも早く手を打たなければならない事態に直面しているのです。
約5~10年前から市場規模縮小・業種衰退時の成長・発展戦略に際し、様々な業界でその成功のアシスト・コンサルティングを務めてきた講師が、成功に共通する要素・セオリー・実践の秘訣を皆様にお伝えし、お役立ちするのがこの講座の目的です。

講座概要
7月8日(木曜日) 市場規模縮小・業種衰退の実態と企業に及ぼす更なる影響とその対応
7月15日(木曜日) 高度情報・高度技術開発時代の特性・方向性と企業課題・乗り越え策
7月28日(水曜日) 相乗効果・高付加価値創造の『融合戦略』

受講時間は3回とも「19:00~21:00」になります

受講方法

ウェブ会議ツール「Zoom」を利用しオンラインで受講

申込締切

6月25日(金曜日)

※詳細はこちらからもご確認いただけます(明治大学リバティアカデミーのホームページ)
この記事に関するお問い合わせ

担当課: 教育委員会生涯学習課
tel: 023-654-1111
fax: 023-654-3355