ホーム > くらしの出来事 > 手続き・証明 > 印鑑登録・戸籍届出等のご案内
くらしの出来事
手続き・証明
くらしの出来事タイトル

手続き・証明

印鑑登録・戸籍届出等のご案内


  • 婚姻届・出生届などを提出される方へ 〜記念写真にウェディングボード・お祝いボードをご利用ください〜

印鑑証明は不動産の登記や保証、自動車の登録など日常生活に広く利用されています。

* 印鑑登録できる人
o 天童市に住民登録している方で、15歳以上の方。
 (本人に印鑑登録をする意志があること)
o 成年被後見人は登録できません。

* 登録できない印鑑
▲ 直径8mm未満または25mmを超えるもの
▲ ゴム印などの変形しやすいもの
▲ 縁が欠けたもの、または縁がないもの
▲ 屋号や職業など、氏名(外国人住民の方については、通称の記載、またはカタカナ表
  記されている場合は、それも含む)以外を刻んだ印鑑は登録できませんので、ご注意
  ください。

(本人が申請する場合必要なもの)

1. 登録する印鑑
2. 本人確認ができる写真付の証明書(運転免許証・旅券(パスポート)・個人番号カード(マイナンバーカード)・住基カード等)

(代理人が申請する場合必要なもの)

1. 登録する印鑑と代理人の印鑑及び代理人の本人確認できる写真付の証明書
2. 本人自ら書いた委任状か代理人選任届(本人の意志を確認するため、本人あてに文書を郵送して照会します。その場での登録はできませんのでご注意ください。)

「代理人による印鑑登録について」
印鑑登録に関する代理人選任届(様式) PDFファイル (384KB)
申請要件
【共通要件】
1.個人が、ご自身で住むための家屋であること。
2.登記簿上の床面積が50平方メートル以上であること。
3.登記簿上「居宅」となっているもの。
(店舗等の併用住宅の場合、床面積の9割以上が専用住宅であること)
4.区分所有される建築物は、建築基準法上の耐火建築物又は準耐火建築物であること。

【新築した家屋(注文住宅等)の場合】
家屋の新築後1年以内の登記であること。

【建築後未使用の家屋(建売住宅等)の場合】
1.売買又は競落にて取得したもの。
2.家屋の取得後1年以内の登記であること。

【建築後使用されたことがある家屋の場合】
1.家屋が耐火建築物(鉄筋コンクリート、鉄骨造等)では建築後25年以内、それ以外の家屋は20年以内のもの。ただし、耐震基準適合証明書、住宅性能評価書の写し、既存住宅売買瑕疵担保責任保険契約に係る保険付保証明書があるものは、建築年数を超えても対象となる。
2.売買又は競落にて取得したもの。
3.家屋の取得後1年以内の登記であること。

*特定の増改築等がされた家屋については、市民課までお問い合わせください。
手続き時の必要なもの
【共通の書類】
1.住宅用家屋証明書申請書
2.申請家屋に未入居の場合
 ア 自己の居住用の家屋として入居する旨の申立書(申請人本人署名と捺印)
 イ 申立書添付書類
  ・売却の場合は、売買契約書の写し
  ・賃貸の場合は、賃貸契約書の写し
  ・社宅等の場合は、社宅に入居していることを証明する書類
  ・親族等と同居している場合は、同居されている方の申立書(現在住んでいる家屋か   ら引っ越すことを証する内容)
 ウ 天童市民以外の方は「住民票の写し」

【新築した家屋(注文住宅等)の場合】
1.次のアからウのいずれか(コピーでも可)
 ア 登記完了証(電子申請)
 イ 登記申請書(表題登記)と登記完了証(書面申請)
 ウ 登記事項証明書(全部)
2.特定認定長期優良住宅、認定低炭素住宅の場合は「認定通知書の写し」

【建築後未使用の家屋の場合】
1.次のアからウのいずれか(コピーでも可)
 ア 登記完了証(電子申請)
 イ 登記申請書(表題登記)と登記完了証(書面申請)
 ウ 登記事項証明書(全部)
2.次のアからウのいずれか(コピーでも可)
 ア 売買契約書(領収書を含む)
 イ 売渡証書(競落の場合は代金納付期限通知書)
 ウ 登記原因証明情報
3.家屋未使用証明書(原本)
4.特定認定長期優良住宅、認定低炭素住宅の場合は「認定通知書の写し」

【建築後使用されたことのある家屋の場合】
1.登記事項証明書(全部)(コピーでも可)
2.次のアからウのいずれか(コピーでも可)
 ア 売買契約書(領収書を含む)
 イ 売渡証書(競落の場合は代金納付期限通知書)
 ウ 登記原因証明情報
3.家屋が耐火建築物(鉄筋コンクリート、鉄骨造等)で建築後25年以上、それ以外の家屋で建築後20年以上を超えた場合は、次のアからウのいずれか(コピーでも可)
 ア 耐震基準適合証明書
 イ 住宅性能評価書の写し
 ウ 既存住宅売買瑕疵担保責任保険契約に係る保険付保証明書 
手数料と様式
【証明手数料】
1件 1,300円

【様式】
住宅用家屋証明書申請書(PDF形式) PDFファイル (121KB)
*両面印刷でご利用ください。
1 転籍届
本籍を移すとき
* 本籍地、住所地の市区町村に届け出てください。
* 届出人は戸籍の筆頭者とその配偶者になります。

必要なもの
ア  届出人(戸籍の筆頭者とその配偶者)の印鑑
イ  戸籍謄本(本籍が市外の場合)
ウ  本人確認ができる写真付の証明書(運転免許証・旅券(パスポート)・個人番号カード(マイナンバーカード)・住基カード等)
2 転入届
市外から転入してきたとき
* 転入した日から14日以内に届けてください。

必要なもの
ア  印鑑
イ  前住所地の市区町村長が発行した転出証明書
ウ  本人確認ができる写真付の証明書(運転免許証・旅券(パスポート)・個人番号カード(マイナンバーカード)・住基カード等)
エ  個人番号カード又は個人番号通知カード

《外国人住民の方は下記のものも必要です》
オ  在留カード、または特別永住者証明書(みなし在留カード、みなし特別永住者証明書を含む)
カ  世帯主との続柄を証する文書及び翻訳者を明らかにした訳文
   (世帯主でない外国人の方で、その世帯主が外国人であるとき)
3 転出届
市外に転出する時
* 転出予定日の14日前から届け出ることができます。
* 転出届は郵便でも届け出ることができます。
便箋などに氏名・生年月日・天童市での住所・転出先の住所・電話番号・転出した日を記入して、返信用の封筒に切手を貼って同封してください。郵便が届き次第、転出証明書をお送りいたします。
※ 国民健康保険に加入している方は、国民健康保険証を同封してください。
※ 本人を確認できるもの(運転免許証等)の写しを同封してください。

郵便用様式はこちら:転出証明書郵送依頼書 PDFファイル (93KB)

必要なもの
ア  印鑑
イ  本人確認ができる写真付の証明書(運転免許証・旅券(パスポート)・個人番号カード(マイナンバーカード)・住基カード等)
ウ  市民カード(印鑑登録証)・住基カード
エ  国民健康保険証(加入者のみ)・後期高齢者医療被保険者証・乳児医療証・介護保険証等の各種医療証
※ ウ・エは該当者のみ
4 転居届
市内での転居
* 引っ越ししてから14日以内に届けてください。

必要なもの
ア  印鑑
イ  本人確認ができる写真付の証明書(運転免許証・旅券(パスポート)・個人番号カード(マイナンバーカード)・住基カード等)
ウ  個人番号カード又は個人番号通知カード
エ  国民健康保険証(加入者のみ)・後期高齢者医療被保険者証・乳児医療証・介護保険証等の各種医療証・住基カード

《外国人住民の方は下記のものも必要です》
オ  在留カード、または特別永住者証明書(みなし在留カード、みなし特別永住者証明書を含む)
カ  世帯主との続柄を証する文書及び翻訳者を明らかにした訳文
   (世帯主でない外国人の方で、その世帯主が外国人であるとき)
※ エは該当者のみ
5 上陸後の届出(外国人の方)
日本に入国し、天童市に住所を置く外国人の方

必要なもの
 ア  旅券(パスポート)
 イ  在留カード、または特別永住者証明書
 ウ  世帯主との続柄を証する文書及び翻訳者を明らかにした訳文
    (世帯主でない外国人の方で、その世帯主が外国人であるとき)
6 在留資格変更に伴う届出(外国人の方)
天童市にお住まいで、中長期在留者等の在留資格取得により、新たに住民登録される外国人の方

必要なもの
 ア  旅券(パスポート)
 イ  在留カード(みなし在留カードを含む)
 ウ  世帯主との続柄を証する文書及び翻訳者を明らかにした訳文
    (世帯主でない外国人の方で、その世帯主が外国人であるとき)

《特別永住者の方》

1 住居地の届出
住居地を変更したとき
* 変更の日から14日以内に市区町村に届け出てください。
 ただし、特別永住者証明書を提示して住民基本台帳法の届出を行った場合には、住居地の届出を行ったものとみなされます。(みなし住居地の届出)

必要なもの
 ア  特別永住者証明書(みなし特別永住者証明書を含む)
 イ  個人番号カード又は個人番号通知カード
2 特別永住者証明書交付関連届出・申請
(1)住居地以外(氏名、生年月日、国籍・地域、性別)を変更したとき
 結婚して姓や国籍・地域が変わった場合など、氏名・生年月日・性別・国籍・地域を変更したときは、住居地の市区町村に届け出てください。

* 変更の日から14日以内に届け出てください。

必要なもの
 ア  旅券(パスポート)*所持する場合
 イ  写真1枚(16歳未満は不要)
 ウ  特別永住者証明書(みなし特別永住者証明書を含む)
 エ  変更した事実が分かる資料
 オ  個人番号カード又は個人番号通知カード

(2)特別永住者証明書の有効期間が満了するとき
 有効期間が経過する前に、住居地の市区町村に有効期間の更新申請をしてください。
* 有効期限の2カ月前から申請することができます。有効期間の満了日が16歳の誕生日となっている方は、16歳の誕生日の6カ月前から申請することができます。

必要なもの
 ア  旅券(所持する場合)
 イ  写真1枚(16歳未満は不要)
 ウ  特別永住者証明書(みなし特別永住者証明書を含む)

(3)特別永住者証明書を紛失したとき
 住居地の市区町村に再交付を申請してください。
* 紛失の事実を知った日から14日以内、または、出国中に紛失の事実を知った場合は、再入国後14日以内に届け出てください。

必要なもの
 ア  旅券(パスポート)*所持する場合
 イ  写真1枚(16歳未満は不要)
 ウ  特別永住者証明書を紛失したことを証明する公的資料

(4)特別永住者証明書を著しく汚したとき
 住居地の市区町村に再交付を申請してください。

必要なもの
 ア  旅券(パスポート)*所持する場合
 イ  特別永住者証明書(みなし特別永住者証明書を含む)
 ウ  写真1枚(16歳未満は不要)

(5)特別永住者証明書の再交付を希望するとき
 住居地の市区町村に再交付を申請してください。

必要なもの
 ア  旅券(所持する場合)
 イ  特別永住者証明書(みなし特別永住者証明書を含む)
 ウ  写真1枚(16歳未満は不要)
 ※  再交付に手数料が掛かる場合があります。
3 特別永住許可申請
(1)国内で生まれたとき
 平和条約国籍離脱者の子孫で、出生により特別永住者の資格を申請するときは、住居地の市区町村に申請してください。
* 出生から60日以内

必要なもの
 ア  日本で生まれたことを証明する書類(出生届記載事項証明書または出生届受理証明書)
 イ  平和条約国籍離脱者の子孫を証明する書類
 ウ  住民票の写し

(2)出生以外のとき
 平和条約国籍離脱者の子孫で、出生以外の事由で特別永住者の資格を申請するときは、住居地の市区町村に申請してください。
* 事由が生じた日から60日以内

必要なもの
 ア  出生以外の事由により日本に在留することとなったことを証明する書類
 イ  平和条約国籍離脱者の子孫を証明する書類
 ウ  住民票の写し
 エ  写真1枚(16歳未満は不要)
 オ  旅券(所持する場合)

《中長期在住者の方》

1 住居地の届出
住居地を変更したとき
* 変更の日から14日以内に市区町村に届け出てください。
 ただし、在留カードを提示して住民基本台帳法の届出を行った場合には、住居地の届出を行ったものとみなされます。(みなし住居地の届出)

必要なもの
 ア  在留カード(みなし在留カードを含む)
 イ  個人番号カード又は個人番号通知カード
2 在留カード交付関連届出・申請
地方入国管理官署が届出・申請の窓口になる届出・申請は下記のとおりです。
*住居地以外(氏名・国籍・地域等)を変更したとき
*在留カードの有効期間の更新など在留カードの交付を受けるとき
詳しくは、最寄の地方入国管理官署までお問い合わせください。

* 氏名等を変更した場合は、変更の日から14日以内に市区町村に届け出てください。
 

 必要なもの
 ア  個人番号カード又は個人番号通知カード

<最寄の地方入国管理官署>

最寄りの地方入国管理官署

子どもが生まれたとき
* 住所地、本籍地、出生地のいずれかの市区町村へ生まれた日から14日以内に届け出てください。
* 届出人は、生まれた子どもの父または母となります。

必要なもの
ア  出生証明書
イ  届出人の印鑑
ウ  母子健康手帳
エ  国民健康保険証
※エ は該当者のみ

結婚したとき
* 両者の本籍地か住所地へ届け出てください。
* 証人2人の署名押印が必要です。
* 未成年の方は父母の同意が必要です。

必要なもの
ア  夫と妻の印鑑
イ  戸籍謄本(本籍が市外の場合)
ウ  本人確認ができる写真付の証明書(運転免許証・旅券(パスポート)・個人番号カード(マイナンバーカード)・住基カード等)
エ  個人番号カード又は個人番号通知カード
オ  国民健康保険証と国民年金手帳(加入者のみ)
※オ は該当者のみ
天童市では婚姻届・出生届などの届け出の際、記念撮影にご利用いただけるよう、新たに『ウェディングボード』『お祝いボード』を設置しました。
お二人の、そしてご家族の大切な日の思い出に、ぜひご利用ください。

【設置場所】
天童市役所1階市民課窓口

【利用可能時間】
平日:午前8時30分〜午後5時15分(土曜・祝日、年末年始を除く)
※上記の時間以外は、届書の受付を守衛室で行っているため、ウェディングボード・お祝いボードはご利用できません。

【利用方法】
婚姻届・出生届などの提出時に、ウェディングボード又はお祝いボード利用の旨を窓口職員までお伝えください。
(注意:届書は、職員による記載内容の確認が行われます。確認後は届書の撮影ができない場合がありますので、記念撮影を先にしていただきますようお願いいたします。)
なお、カメラの貸し出しはしておりませんので、デジタルカメラ等ご持参ください。


   〜 お祝いボード 〜
婚姻届以外にもご利用いただけます。
出生届や新築家屋などへの転入・転居届出時など、様々なシーンにご活用ください!      

祝・記念写真用ボードご利用1組目!
末永くお幸せに

2組目のお二人!
幸せいっぱいの笑顔

亡くなったとき
* 本籍地、死亡地、届出人の住所地のいずれかの市区町村へ死亡した日から7日以内に届け出てください。
* 届出人は親族の方になります。
* 斎場や霊柩車の使用許可申請も同時に受け付けます。

必要なもの
ア  死亡診断書
イ  届出人の印鑑
ウ  個人番号カード又は個人番号通知カード
エ  国民健康保険証・国民年金証書(手帳)(加入者のみ)・後期高齢者医療被保険者証・介護保険証等の各種医療証・市民カード(印鑑登録証)・住基カード
※エ は該当者のみ


この記事に関するお問い合わせ

担当課: 市民部市民課
tel: 023-654-1111
fax: 023-658-8547