ホーム > くらしの出来事 > 就職・成人 > 職員採用試験
くらしの出来事
就職・成人
くらしの出来事タイトル

就職・成人

職員採用試験


先輩職員からのメッセージ

職員紹介 【上級行政・平成15年度採用】
総務部ふるさと納税推進室 主査 沼澤 賢次

〇天童市職員を志した理由は?
 私は、仙台で大学生活4年間を過ごしましたが、生まれて初めて地元を離れて暮らしてみた結果、やはり生まれ育った土地が一番いいと思うに至り、天童市に戻ることを決めました。また、そんな天童市に対し、自分なりに何か1つでも貢献できることはないかと思い、天童市を志願しました。

【写真】「ふるさと納税」のインタビューを受けている様子

〇現在の担当業務は?
 私の所属するふるさと納税推進室では、お礼の品としてお返しする特産品の選定から、ホームページの構築、寄附の受付、特産品の発注、税制の対応等を行っています。また、天童市のふるさと納税が非常に好評であることから、マスコミや取材対応、講演等も行っています。

〇仕事のやりがいや魅力は?
 ふるさと納税は、私がこれまで経験した住民税(寄附税制)、財政(予算や寄附の使途)、企画(特産品の選定やコラボ等)の知識が1つに凝縮した仕事であると思っています。これまでの自分の経験を活かし、考え抜いた結果、多くの方に賛同いただける仕組を構築し、それが結果となって表れることが一番の魅力です。

〇未来の後輩職員へメッセージ
 私が担当する職場は、様々な意味で公務員的ではない業務ですが、みなさんのように、公務員としてのルールは持ちながらも、前例踏襲に捉われない柔軟な考えが重要な業務です。ともに全国有数の天童市の魅力を発信し、市政発展のため頑張りましょう。




職員紹介 【上級行政・平成28年度採用】
健康福祉部保険給付課 主事 庄司 愛理

〇天童市職員を志した理由は?
 あるイベントで天童市職員の方々と関わった際に、笑顔で丁寧に接していただいたことが印象的で、私もそんな職員の方々と一緒に大好きな地元天童市で働きたいと強く思ったのが大きな理由です。
 また、観光やスポーツ、新しいまちづくりなどで年々活気づいている天童市のために、自分も貢献したいと思ったからです。
〇現在の担当業務は?
 私の所属する健康福祉部保険給付課介護給付係では、市民の方から介護保険の申請の受付、介護認定審査会を開催して要介護度を決定し、結果を申請者に通知しています。

〇仕事のやりがいや魅力は?
 介護保険は、高齢者が地域で安心して暮らしていくために欠かせない重要な制度です。要介護度の認定は大変な事ですが、それを必要としている人がいると思うと、日々頑張らなければいけないという責任感とやりがいを感じています。

〇未来の後輩職員へメッセージ
 市役所は行政の最前線として、市民の皆さんの「顔」が直接見える職場です。
 そのため、市民の方から相談や要望を受けた際には、迅速に対応することが求められます。市民目線を心掛け、物事を考え実行していく必要があります。
 最初は、わからないことが多く不安な気持ちもありますが、先輩方が優しくご指導くださるので安心です。
 みなさんと一緒に楽しく仕事ができる日を楽しみにしています。




職員紹介 【初級行政・平成26年度採用】
総務部納税課 主事 網干紗耶

〇天童市職員を志した理由は?
 私が高校生の時に、部活動の一環として天童市について調べる機会がありました。
 そこで、天童市内で生活しながらも気づくことができなかった歴史や文化、美味しい食べ物などの様々な魅力に触れることができました。
 この経験から、天童市のことをたくさんの人に発信していきたいと思うようになり、同時に多くの魅力にあふれる天童市のために働きたい、貢献したいと強く感じ、志願しました。
職員紹介 〇現在の担当業務は?
 私が所属する納税課収納管理係は、市民の方々に納付していただいた税金の管理を担当しています。税金を誤って多く納めてしまった方へ通知を発送したり、納税者が安心・便利に納付できるように口座振替の推進や案内も行っています。

〇仕事のやりがいや魅力は?
 税金は天童市のまちづくりや市民の安全や健康、生活の様々なところで役立てられます。その大切な税金を納税者の方に正確に納付してもらい、管理するということは大きな責任が伴います。ですが、同時にやりがいもとても大きなものです。また自分の頑張りが数字として結果に残ることも、この仕事の魅力だと思っています。

〇未来の後輩職員へメッセージ
 市の職員として働くと多くの市民の方と関わることになります。そして抱えているものは人それぞれです。市民の方が求めることをよく聞き、よく考え、迅速且つ正確な対応が求められます。また職場の雰囲気はとても明るく、分からないことがあれば優しく指導してくれる先輩方もいるので、自分の力を思う存分発揮することができます。
 皆さんと一緒に仕事ができる日を心から楽しみにしています。




職員紹介 【消防士・平成24年度採用】
消防署 消防副士長 森田 淳

〇天童市職員を志した理由は?
 私を育ててくれたこの天童市に何かしらの貢献、恩返しをしたいと考えた時、全体の奉仕者として働ける天童市職員が思い浮かびました。
 また、幼い頃にロープブリッジ渡過を実際に見たり、災害現場で働く姿を、メディアを通して見たりして人命救助に憧れを抱き、市民の生命、身体及び財産を守ることができる消防士を志望しました。

職員紹介 〇現在の担当業務は?
 現在は24時間勤務をしている中で、消火隊、救急隊、救助隊を兼務しています。隊員はもちろん、最近では機関員としても出動することがあり、たくさんのことを学んでいます。
 また、「予防」の仕事にも携わっており、主に消防設備を担当しています。

〇仕事のやりがいや魅力は?
 何と言っても「市民のために」働くことができるということです。我々は市民の皆様、あるいは市が一大事の時に出動し、災害や救急現場で生命、身体及び財産を守ります。憧れであった人命救助に携わり、市民の安心、安全のために働けることはが大きなやりがいです。

〇未来の後輩職員へメッセージ
 数ある職種、地域がある中で、この天童市職員を目指そうと考えている方がいることを大変嬉しく思います。消防は日勤と隔日勤務があり、隔日勤務では24時間365日いつ出動要請があるかわかりません。そのため、健康な体と「市民のために」という熱意を持った方を心待ちにしています。
 ぜひ、我々と共に市民の生命、身体及び財産を守っていきましょう


この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部総務課
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0704