ホーム > くらしの出来事 > 引越し > そうだ、天童に住もう!(移住)
くらしの出来事
住まい・引越し
くらしの出来事タイトル

住まい・引越し

そうだ、天童に住もう!(移住)


あたたかくて、ホッとするみんなと会いたい。
豊かな自然・恵みを感じたい。
気持ちがいい、ピッタリはまる暮らしを探しているあなたに、
いいやんばいの天童の情報をお届します。
  • 結婚新生活支援事業 〜住宅賃借、引越し費用を補助します〜

 平成29年度天童市結婚新生活支援事業 ←先着順で予算の範囲内
 結婚を機に、天童市で新生活を始める新婚世帯に、18万円を限度に住宅賃借、引越しのために支払った費用を補助します。補助対象世帯は以下のとおりとなりますが、詳しくはお問い合わせください。

■ 対象となる世帯
対象となる世帯は、次の条件をすべて満たす世帯です。
1 平成29年1月31日から平成30年3月31日までに婚姻届を提出し、本市に住民票がある世帯
2 婚姻時の夫婦の年齢が共に40歳以下
3 夫婦の平成28年分の所得の合計額が300万円未満の世帯
  ※夫婦の双方又は一方が離職し、申請時において無職の場合は、離職した者については、所得なしとして、夫婦の所得を算出します。
  ※貸与型奨学金を返済している場合は、平成28年中の返済額を所得から控除できます。
4 本市又は転入前の市区町村における市税等の滞納がないこと
5 他の公的制度による住宅補助を受けていないこと
6 過去にこの制度に基づく補助を受けたことがないこと
■ 対象となる経費
平成29年1月1日から平成30年3月31日までの間に支払った、結婚に伴う転入(転居)にかかる
1 新規の住宅賃借費用(敷金、礼金、仲介手数料)
2 引越費用(引越業者や運送業者へ支払った費用で夫、妻それぞれの引越しに要した費用の合計額。)
■ 補助額
1世帯あたり上限18万円
■ 申請期間
平成29年6月1日から平成30年3月31日まで
■ 申請に必要な書類
○交付申請書 
○事業計画(実績)書 
○戸籍謄本 
○夫婦2人分の平成28年分所得証明書 
○市税等を滞納していないことを証明する書類
○貸与型奨学金の返済額がわかる書類
○離職証明書
○住宅の賃貸借契約書
○住宅手当支給証明書
○住宅の敷金、礼金及び仲介手数料の領収書
○引越費用の領収書

この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部市長公室
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0714


☆☆充実の子育て支援☆☆
 「子育てするなら天童市」と言われるよう子育て支援日本一を目指し、子育て世代の負担軽減や環境整備等を全力でバックアップします!!
 天童市の子育て支援に関する主な施策は、以下のとおりです。
医療給付事業 ◇0歳児〜中学3年生までの医療費が完全無料
 天童市では、0歳〜中学3年生までの医療費について、入院・外来を問わず完全無料化を実施し、子育て世代の負担軽減に取り組んでいます!!
(所得制限はありません)
保育料助成 ◇第3子以降の保育料を無料化!!
 第3子以降の保育園、認可外保育施設、幼稚園など、全ての乳幼児施設の保育料の無料化を実施しています。
◇認可外保育施設の保育料を助成
 認可外保育施設に通う児童の家庭について、第1子6千円、第2子1万2千円、第3子2万4千円の助成を行っています。
放課後児童クラブ ◇市内全小学校区に放課後児童クラブ(学童保育所)を設置
 県内他市に先駆けて市内全小学校区への放課後児童クラブの設置が完了しています。
 また、児童の生活の場と居住環境の充実を図るため、クラブの専用施設の建設を進めています。
子育て未来館げんキッズ ◇子育て未来館げんキッズがオープンしました!!
平成27年5月に子育て未来館げんキッズがオープンしました。天候に左右されない屋内交流施設です。連日多くの家族連れでにぎわっています。
保育施設 ◇市内の保育施設 (平成28年度の施設数)
 認可保育施設:7施設
 児童館:3施設
 認定こども園:3施設
 私立幼稚園:5施設
 認証保育所:12施設
 届出保育施設等:5施設

△ページ先頭へ戻る△


☆☆快適な教育環境☆☆
 子育て支援日本一を目指す天童市は、教育環境の充実を推進し、児童・生徒の学習をサポートします!!
 天童市の教育環境の整備に関する主な施策は、以下のとおりです。
天童南部小学校 ◇市内の小中学校は、全て耐震改修が完了
 市内の小中学校は、全て耐震改修が完了し、児童・生徒の安全が確保されています。
◇全中学校全教室にエアコンが整備済、小学校も順次導入
 市内の全中学校全教室にパッケージエアコンが設置され、快適な学習環境が整備されています。また、小学校にも順次設置を進めます。
ALT ◇全中学校区にALTを配置
 市内の全中学校区にALT(外国語指導員)が配置されるなど、外国語教育の環境が整備されています。
◇各学校にすこやかスクール支援員を配置
 各学校に、市独自ですこやかスクール支援員を配置し児童生徒の学習をサポートしています。
学校給食センター ◇清潔なセンターから美味しい給食を提供
 学校給食は、平成19年度に完成した給食センターから、最新の設備を活用した、安全で美味しい給食を提供しています。
学校 ◇市内の教育機関 (平成28年度の施設数)
 小学校:12校
 中学校:4校
 高等学校:2校(県立、私立)
 短期大学:1校(私立)
 放課後児童クラブ:21クラブ

△ページ先頭へ戻る△


☆☆進む雇用環境の整備☆☆
 「観光・ものづくり日本一」へ挑戦する天童市。本市では、新たな工業団地を整備し、ものづくり日本一を目指すとともに、雇用環境の整備を進めています!!
 天童市の雇用に関する主な施策は、以下のとおりです。
荒谷西工業団地 ◇分譲が進む荒谷西工業団地
 平成23年に完成した荒谷西工業団地では、新たな企業の進出が進んでいます。団地内には、多様な業種の企業が立地しています。
天童IC周辺工業団地 ◇天童IC付近に新たな工業団地を整備
 天童インターチェンジ周辺に、交通の利点を生かした新たな工業団地を整備中です。
 平成26年度から分譲を開始しています。
日新製薬 ◇天童市の工業関連指標 (平成26年山形県の工業)
 製造品出荷額:1,812億円
 製造業の事業所数:143事業所
 製造業の従業者数:7,181人

△ページ先頭へ戻る△


☆☆にぎわう商業☆☆
 市内では、平成26年3月に県内最大級の大型商業施設のオープンがしたほか、中心市街地でも新たなイベントが開催されるなど、今、天童市の商業がにぎわっています!!
商業施設 ◇県内最大級の大型商業施設が平成26年にオープン
 新市街地である芳賀地区に、県内最大級の商業施設が平成26年3月にオープンしたほか、商店街が立ち並びました。
 多くの買い物客や観光客でにぎわっています。
軽トラ市 ◇県内初の軽トラ市が平成25年度に開催
 平成25年度に北本町商店街で県内初めての本格的な軽トラ市「軽トラ市in天童」が開催されました。
 軽トラ市は、年2回(春・秋)に開催され大勢の買い物客でにぎわっています。
楽市楽座 ◇織ら田(おらだ)の天童楽市楽座が開催
 平成25年度に「織ら田の天童 楽市楽座」がニューてんどう商店街で開催されました。
 織田信長にゆかりのある天童市で、信長が始めた楽市楽座をイメージしたもので、多くの客が訪れます。例年秋に開催しています。
商業施設 ◇天童市の商業関連指標 (平成26年商業統計)
 商業販売額:1,650億円
 商店数:810店
 商業の従事者数:6,370人

△ページ先頭へ戻る△


☆☆各種イベント・観光施設も見どころが満載☆☆
 将棋駒生産量日本一に由来した本市最大のイベントである「天童桜まつり人間将棋」をはじめ、市内では様々なイベントが開催されています。
 また、温泉施設や文化施設などの観光施設も見どころが満載で、四季折々の豊かな魅力を満喫できます!!
人間将棋 ◇壮大な人間将棋
 4月の天童桜まつり期間中に、本市最大のイベントである人間将棋が開催されます。
 当日はプロ棋士による、人間が扮した駒を使用した対局が行われるなど、多くの市民や観光客でにぎわいます。
しだれ桜のライトアップ ◇幻想的なしだれ桜のライトアップ
 天童桜まつりの期間中、市の中心部を流れる倉津川では、しだれ桜がライトアップされ、幻想的な雰囲気が作り出されます。本市の名スポットとなっています。
鍋合戦 ◇毎年大盛況の平成鍋合戦
 毎年12月に開催される平成鍋合戦では、全国各地から自慢のご当地鍋が出店され、多くの来客でにぎわいます。平成8年から実施している、全国に先駆けたB級グルメの祭典です。
天童温泉 ◇温泉施設も満載!!湯のまち天童を満喫
 市中心部には、11の温泉旅館が立地し、毎年多くの観光客が訪れます。
 また、このほか、2つの市営の公衆浴場があり、一年を通して、湯のまち天童を満喫することが可能です。
足湯 ◇市内の観光施設 (平成28年度の施設数)
 温泉旅館:12施設
 公衆浴場:2施設
 足湯:3か所
 道の駅:1か所

△ページ先頭へ戻る△


☆☆盛んなスポーツ☆☆
 天童市は、サッカーJ2モンテディオ山形、プロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスの2軍が本拠地等を構える全国的にもスポーツに恵まれた地域です。(平成28年4月)
 これらのチームとの交流を通して、スポーツの持つ魅力を存分に体験することができます!!
モンテディオ山形 ◇市民・企業・行政が一丸となった応援
 天童市では、この恵まれた特性を生かし、市民・企業・行政が一丸となって、ホームタウンTENDOを推進しています。プロ・実業団の迫力のある試合を生で観戦する機会に恵まれています。
モンテ交流 ◇スポーツ選手との交流も充実
 天童市では、幼児や児童生徒とスポーツ選手との交流の機会が充実し、見るスポーツに加え、スポーツの持つ魅力を存分に体験することができます。スポーツ少年団との交流も行われています。
ラ・フランスマラソン大会 ◇天童ラ・フランスマラソン大会
 平成24年度から日本一の生産量を誇るラ・フランスを銘打った天童ラ・フランスマラソン大会を開催しています。例年11月に開催しており、県内外からの3000〜5000人のランナーが集まる一大イベントです。
県総合運動公園 ◇市内の主な体育施設 (平成27年度の施設)
 ・山形県総合運動公園
 ・天童市総合スポーツセンター(陸上競技場、野球場、体育館等)

△ページ先頭へ戻る△


☆☆もしもの時の備えも万全☆☆
 市内は医療機関が充実し、もしもの時に必要な施設も整っています。
 また、市の天童市民病院は、平成20年度に新病院としてオープンし、新しい設備と環境で、医療が行われています。
天童市民病院 ◇天童市民病院が新病院を平成20年にオープン
 地域の中核病院として、天童市民病院が平成20年に新病院を開院しました。新病院にはMRIや電子カルテが導入され、最新の医療が提供されています。
診療科:内科、外科、脳神経外科、
    産婦人科、小児科、皮膚科外来、整形外科
医療機関 ◇市内の医療機関・歯科医院数 (平成28年度の施設数)
 医療機関数:48医院
 歯科医院数:27医院

△ページ先頭へ戻る△


☆☆住宅地・住まいの支援制度のご案内☆☆
 市西南部において、大規模な土地区画整理を実施中で、良質な住宅地が提供されています。
 また、住まいに関する補助メニューも多数ご用意しております!!
芳賀土地区画整理事業地内 ◇整備が進む芳賀地区
 市西南部において、大規模な区画整理が実施されており、整備が進んでいます。
 区域内には、多数の商業施設がオープンしたり、JRの新駅(天童南駅)設置されています。

△ページ先頭へ戻る△



位置図 ☆☆便利な交通アクセス☆☆
 天童市は山形県のほぼ中央部に位置し、南は県都山形市、東は東北最大の都市である仙台市に隣接しています。
 公共交通機関については、新幹線の停車駅が設置されているほか、山形空港まで車で約10分と近く、県内の交通の要衝となっています。また、芳賀地区には、県内ではJRが民間経営となってからは初めての新駅が、平成27年3月に設置されました。
 天童市の位置は、右のとおりです。
JR天童駅 ◇市内の公共交通機関 (平成28年度のアクセス状況)
 JR停車駅:4駅(うち1駅は新幹線停車駅)
 高速道路インターチェンジ:1か所
 高速バス:2方面へ運行(東京・仙台)


△ページ先頭へ戻る△


☆☆健全な財政状況☆☆
 天童市は行政区域が県内13市で最も狭く、効率的な行財政運営が可能で、健全な財政状況が堅持されています。
 市では、この利点とこれまでの財政力を有効に活用し、市民の福祉向上に努めていきます。
市庁舎 ◇天童市の主な財政指標 (平成25年度の指標)
 財政力指数:0.62(県内13市中2位)
 経常収支比率:87.3%(県内13市中2位)
 実質公債費比率:6.1%(県内13市中1位)
 将来負担比率:38.7%(県内13市中1位)
 市民1人当たりの地方債残高:33万6千円
              (県内13市中1位)

△ページ先頭へ戻る△


この記事に関するお問い合わせ

担当課: 総務部市長公室
tel: 023-654-1111
fax: 023-653-0704