ホーム > くらしの出来事 > 入学・教育 > 通学路における安全点検について
くらしの出来事
入園・入学
くらしの出来事タイトル

子育て

通学路における安全点検について


 平成24年4月以降、京都府をはじめ、全国各地で登下校中の児童が交通事故に巻き込まれる痛ましい事故が相次ぎました。
 このような事故を未然に防止するため、教育委員会、各小学校、道路管理者、警察署、交通安全協会各支部及び地元町内会等、関係機関が合同で市内通学路における安全点検を実施しています。
 点検の結果、何らかの対策が必要と認められた箇所については、減速を促すドットラインや横断指導線の表示、歩行空間確保のためのグリーンベルトの設置等の対策を施し、登下校中の児童の安全確保に努めています。
 なお、平成26年12月、関係機関による連携体制を明確化するため「天童市通学路安全推進会議」を設置するとともに、継続して通学路における安全性の向上を図るため「天童市通学路交通安全プログラム」を策定しました。

   天童市通学路交通安全プログラム

   【参考】H29社会資本整備総合交付金 通学路対策 県事業箇所一覧表

年度ごとの実施状況につきましては、PDFファイルをご覧ください。

   平成28年度 安全点検及び対策の実施状況
   平成27年度 安全点検及び対策の実施状況
   平成26年度 安全点検及び対策の実施状況
   平成25年度 安全点検及び対策の実施状況
   平成24年度 安全点検及び対策の実施状況

(本文)
この記事に関するお問い合わせ

担当課: 教育委員会教育総務課
tel: 023-654-1111
fax: 023-654-3355