ホーム > くらしの出来事 > 入学・教育 > 就学援助・奨学金
くらしの出来事
入学・教育
くらしの出来事タイトル

子育て

就学援助・奨学金


経済的理由で児童・生徒を学校に通わせることが大変な保護者に対し、学用品費や給食費などの費用の一部を援助します。申請される方は、学校または教育総務課にご相談ください。
援助されるもの
学用品費、給食費、新入学学用品費(新一年生)、体育実技用具費、校外活動費、修学旅行費、医療費等
対象要件
生活保護を受給中の方及び生活保護に準ずる程度に困窮(月額収入が生活保護基準の1.4倍以下)しており、さらに次の1〜6のいずれかに該当している世帯
1.児童扶養手当を受給、2.市県民税の非課税、3.税金の減免、4.国民年金の掛金の減免または猶予、5.国民健康保険税の減免または猶予、6.生活福祉資金の貸付を受けている
小学校入学準備金支給事業
市では、平成29年度から、経済的理由で、お子さんを小学校に通わせることが大変な保護者に対し、学用品及び通学用品の購入に要する経費の一部を小学校入学前に支給します。教育委員会への申請が必要です。
なお、小学校入学準備金の支給を受けた場合、上記の「児童・生徒就学援助費支給事業」の援助費目のうち、新入学学用品費(新一年生)の支給を受けることができません。
対象要件
生活保護に準ずる程度に困窮(月額収入が生活保護基準の1.4倍以下)しており、さらに、次の1〜6のいずれかに該当している世帯
1.児童扶養手当を受給、2.市県民税の非課税、3.税金の減免、4.国民年金の掛金の減免または猶予、5.国民健康保険税の減免または猶予、6.生活福祉資金の貸付を受けている
※加えて、天童市内に住所があり、天童市の小学校に入学予定であることも要件です。
支給金額
40,660円(平成29年度の場合)
※支給金額は、年度ごとに見直されるため、来年度も同額になるとは限りません。
申請の手続き
認定申請調査書を教育委員会教育総務課まで提出してください。(収入に関する添付書類要)
申請期間:平成29年10月2日(月)〜平成29年12月22日(金)
認定申請調査書は、平成29年10月2日(月)から市教育委員会にて交付するほか、下記からもダウンロードできます。
認定申請調査書はこちらから エクセルファイル (71KB)
 県内の高等学校に入学を希望する生徒で、経済的な理由により高等学校の就業が困難な保護者に対し、学資金を貸付します。
奨学金の額
奨学生 1人につき1ヶ月1万円
貸付要件
県内の高等学校に入学を許可された方又は在学中の方
学業成績優秀で心身共に健全な方
 私立高等学校に在学している生徒の就学(授業料)に係る保護者等の実費負担軽減を図るため、補助金を交付します。
交付金額
生徒1人につき年額3万円を上限
交付要件
生活保護法の規定による被保護世帯
当該年度の市民税が非課税の世帯
当該年度の市民税のうち均等割額だけを課税される世帯
当該年度に、不慮の災害等により遭われた世帯で上記項目世帯と同等と認められるに至った世帯
申請期間
毎年度 6月15日〜6月30日
提出書類
・ 私立高等学校生徒学費補助申請書・・・※1
・ 私立高等学校生徒学費補助に関する調書(審査票)・・・※2
・ 授業料が明示されている書類や国、県からの助成に関する学校からの通知等
 ※1、※2の書類はホームページのトップ画面右側の
  「申請書ダウンロード」から取得できます。
 市では、若者の県内回帰・定着を図るため、一定の要件を満たす方に対して、県と連携して奨学金の返還を支援します。
対象者
大学等に在学中で、日本学生支援機構の第一種奨学金(無利子)の貸与を受け、卒業後に市内に居住および県内に就業見込みなどのすべての要件を満たす方
(詳細は下記から事業要項をご確認ください。)
助成金額
奨学金の貸与を受けた月数に2万6千円を乗じた額、または、奨学金の返還残高のいずれか低い額を上限に支援します
募集人数
若干名(応募者多数の場合は、書類選考となります)
募集期間
平成29年7月21日(金)〜平成29年8月21日(月)午後5時まで
(必要書類(下記事業要項を参照)を添えて、市教育委員会教育総務課に提出)
事業内容や必要書類等の詳細は下記から要項を確認ください
   支援事業の要項(詳細)はこちらから PDFファイル (379KB)
申請書(Word)様式は下記からダウンロードできます
   申請書等様式はこちらから ワードファイル (36KB)
この記事に関するお問い合わせ

担当課: 教育委員会教育総務課
tel: 023-654-1111
fax: 023-654-3355