ホーム > くらしの出来事 > 妊娠・出産 > 妊娠
くらしの出来事
妊娠・出産
くらしの出来事タイトル

妊娠・出産

妊娠


  • 母子保健コーディネーター「ママ&チャイルドコンシェルジュ」を配置

 平成28年度より健康センターに、母子保健コーディネーター「ママ&チャイルドコンシェルジュ」を配置します。天童市では「天童版ネウボラ」として、婚姻届時から育児期まで切れ目のない支援を行うことで、安心して子育てができる優しいまちを目指します。妊娠・出産・育児等に関して、保健師等が相談に応じます。どうぞお気軽にご相談ください。
 ◇ネウボラとは…フィンランド語で「アドバイスの場」を意味する支援制度のことです。
健康課に妊娠届出書を提出すると母子健康手帳が交付されます。
妊婦さんの健康相談も同時に行いますので、妊婦さんご自身がお越しください。
平成28年4月1日より、妊娠届出の際に、本人確認と妊娠届出書への個人番号の記載が必要になります。個人番号通知カードまたは個人番号カードと妊婦さんの本人確認ができるもの(免許証、保険証等)をご持参ください。

★交付時間
  午前8時30分〜午後5時15分(土・日曜日、祝日を除く)

★交付場所
  健康センター 健康課

※外国語版母子健康手帳を希望されるかたへ
  英語・中国語・ポルトガル語・タガログ語・ハングル語版の母子健康手帳があります。
  妊娠届の際にお問い合わせください。


 
 母子健康手帳交付の際に、妊婦健康診査受診票(14回分)、子宮頸がん検診、性器クラミジア検査、HTLV-1の抗体検査の受診票を交付します。
 平成28年4月1日以降に母子健康手帳の交付を受けた方には、早産予防を目的とした超音波検査特定受診票(4回分)を交付します。
 
 
 ※妊婦健康診査受診票の1回目から14回目は、下表の検査実施時期に行う健診項目についての助成となります。

 ( 別 表 )
実施時期 実施項目 金額
毎回実施(超音波は必要に応じて) 各区分の時期において選択実施 (委託料の上限額)
第1回目 健康状態の把握
定期検査(超音波)
保健指導
・血液検査:血液型(ABO血液型・Rh血液型・不規則抗体)
・血算・血糖・B型肝炎抗原検査
・C型肝炎抗体検査
・HIV抗体検査
・梅毒血清反応検査
・風疹ウイルス抗体検査
10,000円
第2回目から第4回目 妊娠初期〜妊娠23週まで 健康状態の把握
定期検査(超音波)
保健指導
各回 5,000円
第5回目から第10回目 妊娠24週から妊娠35週まで 健康状態の把握
定期検査(超音波)
保健指導
血液検査(血算・血糖)

B型溶血性レンサ球菌(GBS)
各回 5,000円
第11回目から第14回目 妊娠36週から出産まで 健康状態の把握
定期検査(超音波)
保健指導
血液検査(血算)                              B群溶血性レンサ球菌(GBS)(※妊娠33週から37週までに1回実施) 各回 5,000円
《注意事項》
1. 各受診票に、氏名・生年月日・住所など、太枠内をあらかじめ記入してください。(医療機関窓口での混雑を避けるためです)
2. 妊婦健康診査の実施時期や健診項目を定めておりません。受診票表紙裏の「受診間隔のめやす」を参考にして、別表のような必要項目を医療機関の意思の指示従って受診してください。
3. この受診票は全額無料になる無料券ではありません。妊婦健康診査費用(保険適用外分)について、各受診票に表記した金額を上限に、公費負担するものであり、別表の上限金額を超えた金額については自己負担になります。また、上限額に満たない場合には、かかった費用のみ公費負担になります。
4. この受診票は、天童市民の方のみ有効です。天童市外に住所異動した場合には使用できません。
5.この受診票は、県外の医療機関では使用できません。

 里帰りに伴い、山形県外の医療機関で受診した妊婦健康診査について、費用の助成を行います。助成方法は償還払いとなりますので、申請時に医療機関で支払った時の領収書が必要となります。県外医療機関で受診する予定の方は、領収書を大切に保管してください。

★対象者
  里帰り等妊婦健康診査時に天童市に住所を有している方で、里帰り出産等のため山形県外の医療機関で妊婦健康診査を受診された方。

★助成方法
  山形県外で受診された妊婦健康診査について、健診終了後に本人の申請により、県内医療機関で受診した場合と同様に、未使用分の受診票に記載された金額を上限として助成します。
  助成対象となる妊婦健康診査は、市発行の「天童市妊婦健康診査受診票」を使用した健診を含めて14回までと超音波検査を4回まで、子宮頸がん検診、性器クラミジア検査、HTLV-1の抗体検査です。
  助成対象となる妊婦健康診査をすべて受診したあとに申請することができます。申請書は、ファイルをダウンロードするか、市健康課窓口に設置してあるものをご利用ください。



★申請書に必要な書類
1. 里帰り等妊婦健康診査費用助成申請書 ワードファイル (61KB)
2. 母子手帳
3. 領収書(診療明細書)
4. 朱肉用印鑑(シャチハタ以外)

★申請・問い合わせ  健康課



特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)に要した費用が山形県の助成限度額を超えたご夫婦に、1回の治療につき20万円を限度に助成します。

★助成対象者 次のいずれにも該当する方
  1.法律上の婚姻関係にある夫婦で、特定不妊治療以外の治療法によっては、妊娠の
    見込みがないか又は極めて少ないと医師に診断された方
  2.夫婦ともに又は夫婦のいずれか一方が、市内に住所を有する夫婦
  3.山形県特定不妊治療費助成事業実施要綱の規定に基づく事業の助成を受けた方
  4.他の市区町村から特定不妊治療に係る助成を受けていない方

★申請方法  
 山形県特定不妊治療費助成事業の給付決定後、翌月末まで、健康課に申請してください。

★助成額
  特定不妊治療に要した費用のうち、山形県特定不妊治療費助成事業により受けた金額を控除した額に対して20万円を限度に助成します。

★申請に必要な書類
  1.天童市特定不妊治療費助成事業申請書
    ※天童市特定不妊治療費助成事業申請書(様式第1号) ワードファイル (45KB)
  2.山形県特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し
  3.山形県特定不妊治療費助成金給付決定通知書の写し
  4.特定不妊治療費に係る医療機関発行の領収書
  5.朱肉用印鑑 (シャチハタ以外)


★申請・問い合わせ  健康課



この記事に関するお問い合わせ

名称: 健康センター内 健康課
住所: 天童市駅西五丁目2番2号
tel: 023-652-0884
fax: 023-651-5505