ホーム > くらしの出来事 > 妊娠・出産 > 子どもが生まれたら
くらしの出来事
妊娠・出産
くらしの出来事タイトル

妊娠・出産

子どもが生まれたら


 住所地、本籍地、出生地のいずれかの市区町村へ生まれた日から14日以内に届け出てください。届出人は、生まれた子どもの父または母となります。

必要なもの
1.出生証明書
2.届出人の印鑑
3.母子健康手帳
4.国民健康保険証(該当する方)
この記事に関するお問い合わせ

担当課: 市民部市民課
tel: 023-654-1111
fax: 023-654-7372


 赤ちゃんが誕生した全家庭を、保健師等が訪問します。
 子育てや発育状況の確認、予防接種のすすめ方、お母さんの健康管理等の相談をおこないます。
 出産後に健康課から、電話等で訪問日程の連絡をいたします。

 なお、「新生児出生連絡票」(妊婦健康診査受診票綴にあります)を市民課に出していない方は、お早めに提出してください。


 厚生労働省では、赤ちゃんの泣き方の特徴と、泣きやまないときの対処法を理解してもらうために、DVD『赤ちゃんが泣きやまない』を制作しました。特に、泣きやませるために激しく揺さぶったり口をふさいだりしてはいけないこと、どうしたら泣きやみやすいかを分かりやすく解説しています。
赤ちゃんのいる保護者はもちろん、赤ちゃんの面倒をみるすべての方に、ぜひご覧いただきたいと思います。
 赤ちゃんが泣きやまなくてイライラすることは誰でもあり得ることです。
育児で不安なことや気になることがあったら、1人で悩まず、ご相談ください。


DVDは厚生労働省のホームページから見ることができます。下記をクリックして下さい。
         (厚生労働省のホームページへリンク(外部ページへリンク))
この記事に関するお問い合わせ

名称: 健康センター内 健康課
住所: 天童市駅西五丁目2番2号
tel: 023-652-0884
fax: 023-651-5505


 被保険者が出産したときは、申請により出産育児一時金として世帯主に42万円が支給されます。ただし、「産科医療補償制度」未加入の医療機関等での出産については、40.4万円の支給となります。

産科医療補償制度とは・・通常の分娩に関連して、赤ちゃんが脳性まひとなった場合に補償等を行うものです。

※出産育児一時金の医療機関等への直接支払制度があります。(出産する医療機関等と契約することにより出産育児一時金(42万円)の範囲内で、まとまった出産費用を事前に用意しなくてもよくなります。)詳しくは、出産する医療機関又は保険給付課へお問い合わせください。
※妊娠4か月以上の死産等も含まれます。(詳しくはお問い合わせください。)
この記事に関するお問い合わせ

担当課: 健康福祉部保険給付課
tel: 023-654-1111
fax: 023-658-8547