ホーム > くらしの出来事 > 子育て・入園 > 幼稚園・保育施設の制度について
くらしの出来事
子育て
くらしの出来事タイトル

子育て

幼稚園・保育施設の制度について


  • 市外の届出保育施設等に入所している児童の保育料も助成対象となりました

 幼児期の学校教育や保育、地域の子育て支援の量の拡充や質の向上を進めていく「子ども・子育て支援新制度」(以下「新制度」といいます)が、平成27年4月にスタートしました。
 新制度概要については、以下をご覧ください。

 子ども・子育て支援新制度について PDFファイル (335KB)
 認定こども園及び認可保育所の利用者負担額表 PDFファイル (54KB)
※平成27年度から天童市では、婚姻歴のない未婚のひとり親に対し「みなし寡婦控除」を適用させることとなりました。該当する方は、市子育て支援課への届出が必要となります。

 私立幼稚園に児童が入園している場合、その児童の保育料等の一部を市が補助する制度です。
 平成27年4月から新制度に参加する私立幼稚園又は認定こども園に児童が入園している場合の保育料等は、本補助制度は適用せずに、保護者の市民税の額により、階層別の保育料となります。
補助を受けることができる要件
 天童市内に住所を有し、満3歳から5歳児を私立幼稚園(市外の幼稚園も含む)に通園していることが要件となります。
補助金額
 補助金額は、19歳未満の扶養人数に応じた世帯の所得状況及び在園児数、小学校1年生〜3年生の兄姉の有無に応じて決定します。
 補助対象の判定及び金額の算定は天童市で行い、各幼稚園に通知します。
手続きの方法
 通園している幼稚園に申請書類を提出します。
 補助金は、幼稚園を通じて交付します。補助金の受け渡し方法及び時期は、各幼稚園によって異なりますので、通園している幼稚園にご確認ください。
その他
 市民税が未申告の方は、補助対象外となる場合があります。至急申告をしてください。
 年度途中に幼稚園を退園、または天童市外へ転居する場合は、すみやかに幼稚園に連絡してください。
 平成27年度から、市外の届出保育施設等に入所している場合についても、補助対象になるよう制度を拡充しました。
 届出保育施設等(認可外保育施設)に児童が入所している場合、その児童の保育料の一部を市が補助する制度です。
補助を受けることができる要件
 保護者及び児童が天童市内に住所を有しおり、届出保育施設等に入所していること。
補助金額
 同一世帯内で届出保育施設等、特定教育・保育施設、幼稚園及び児童館(以下「保育施設等」という。)に入所している児童(兄弟姉妹)の人数によって補助金額は異なります。
児童の要件 補助金の額
第1子の児童(同一世帯内で保育施設等に入所している兄又は姉がいない児童) 保育料(月額)の4分の1の額(100円未満の端数は、切り捨てる。)と6,000円のいずれか少ない額
第2子の児童(同一世帯内で保育施設等に入所している兄又は姉が1人いる児童) 保育料(月額)の2分の1の額(100円未満の端数は、切り捨てる。)と12,000円のいずれか少ない額
第3子以降の児童(同一世帯内で保育施設等に入所している兄又は姉が2人以上いる児童) 保育料(月額)と24,000円のいずれか少ない額
手続きの方法
 下記のとおり入所している届出保育施設等が、市内か市外かによって補助を受けるための申請方法等が異なります。
1 市内の届出保育施設等に入所している場合
 入所している届出保育施設等が、上記の補助金額を毎月の保育料から減額します。その減額した分を各施設が市に一括して申請し、市が各施設へ補助金として交付します。詳しい内容などは、現在入所している施設にお問い合わせください。
2 市外の届出保育施設等に入所している場合
 保護者が、半期ごとの保育料について下記の申請書等に必要な事項を記入し、市に提出してください。(一部、届出保育施設等の記入、証明が必要です。)
  前期:4月〜9月分保育料(提出期間10月15日まで)
     提出期間後の申請については、随時交付となります。
  後期:10月〜3月分保育料(提出期間4月15日まで)
 その後、市で申請書等を確認し、保護者(登録した口座)に補助金を交付します。詳しくは、パンフレットをご覧ください。 → 保護者用パンフレット PDFファイル (70KB)
申請様式
(1) 交付申請書 ※保護者が記入します。
  【様式】交付申請書 ワードファイル (33KB)  【書き方】 PDFファイル (48KB)
(2) 入所に関する調書 ※保護者が記入します。
  【様式第4号】入所に関する調書 ワードファイル (36KB)  【書き方】 PDFファイル (76KB)
(3) 在園証明書兼保育料証明書 ※施設が記入します。
  【様式第5号】在園証明書兼保育料証明書 ワードファイル (33KB)  【書き方】 PDFファイル (86KB)
(4) 補助金請求書 ※保護者が記入します。
  【様式】補助金請求書 ワードファイル (34KB)  【書き方】 PDFファイル (67KB)
 満18歳未満の児童が3人以上いる世帯の第3子以降の児童が、市内の認可保育園、児童館、認定こども園、私立幼稚園、認証保育所、届出保育施設等、事業所内保育施設に入所している場合、保育料などを無料化します。
補助を受けることができる要件
1 保護者の住所が天童市にあること。
2 4月1日(年度途中で入園した場合はその月の初日)現在において、満18歳未満の児童を3人以上養育していること。
3 保護者の前年度分までの市民税の滞納がないこと。
4 市内の保育施設に入園していること。(一時的な保育や預かりは対象となりません。)
補助対象経費
 無料化の対象となる経費は、毎月の基本保育料及び給食費、おやつ代、冷暖房費です。
 延長保育に係る経費及び教材費等は、対象となりません。
実施方法
 認可保育所または児童館に入園している場合は、保育料を免除します。
 認定こども園、私立幼稚園、認証保育所、届出保育施設等、事業所内保育施設に入園している場合は、保育料を免除又は、施設から還付を受けられます。
手続きの方法
 入所している施設をとおして、以下の書類を提出してください。
1 認可保育所及び児童館に入園されている方は、「第3子以降の保育料に係る届出書」を提出してください。
2 私立幼稚園、認定こども園、認証保育所、届出保育施設等、事業所内保育施設に入園されている方は、「保育料等の補助に関する調書」を提出してください。
その他
 入所している認証保育所、届出保育施設等、事業所内保育施設が国で定める「認可外保育施設指導監督基準」を満たしていない場合は、この補助金の対象施設とはなりませんので、ご注意ください。
この記事に関するお問い合わせ

名称: 健康福祉部子育て支援課
住所: 天童市老野森一丁目1番1号
tel: 023-654-1111
fax: 023-654-2482